写真は「ウェザーニュース」から引用

6月18日(火)22時22分、新潟が最大震度6強の地震に見舞われました。

震源地は山形県沖です。

地震の大きさはマグニチュード6.7と推定されています。

この一帯は北アメリカプレートとユーラシアプレートが衝突しています。

そのために歪みが集中しています。

これまでに何回もマグニチュード7級の地震が発生しました。

又、ここ数日の間に大型地震の発生が危惧される事態が 複数 同時進行していた事は間違いありません。

気象庁は「この先1週間くらいは、最大震度6前後の余震が発生する可能性がある」として引き続いて警戒するように訴えかけています。

地震から一夜明けて、ネット上ではどうも喜ばしくない噂が飛び交っているみたいです。

今回の新潟地震が、2018年6月18日に発生した大阪地震(M6.1、最大震度6弱)から丁度1年というタイミングで発生した事や、18という数が“悪魔の数字”「6の三並び」を追想させる事、更に22時22分というゾロ目の発生時刻が、カバラ数秘術における「マジックナンバー」11の倍数にあたる事など、様々な陰謀論的根拠をもとにツイッター等で「人工地震だったのではないか」といった声が相次いでいます。

ジャーナリストのリチャァド コシミズさんもブログで人工地震の可能性に言及しています。

これまでには無かったような動きが巻き起こっています。

人工地震なんて在り得ないと思いこんでしまっている人もいるかもしれません。

ですが、その考えが間違いだという事だけは指摘しておいたほうが良さそうです。

人工地震はただのオカルトや陰謀論ではありません。

科学的事実として発生している事が世界中の研究や政府文書から判明しています。

又、元総理大臣の鳩山由紀夫さんが、人為的に誘発される地震について言及した事は記憶に新しいです。

とは言っても、人工地震か自然地震かをジャッジする事は至難の業です。

本当は今回の新潟地震がどちらなのか明言する事はできません。

「安倍晋三首相が人工地震を起こした」というような根も葉もないデマを拡散するのは許しがたい行為です。

我々はありとあらゆる“想定外”を排除して、相次いで襲いかかってくる災害に備えざるをえない状況です。

スポンサーリンク

人工的に自然災害を発生させているのは常識

気象改変装置や人工地震などに関心をお持ちの方もいらっしゃるようです。

それらは全て国際政治や国際金融という大きな構造の中で捉えなくてはなりません。

例を挙げると、ケムトレイルのために体調を崩す人が増加すれば、そういう人を治療するニーズも生まれるので、軍需産業だけに限らず製薬業界にもダイレクトに関わる相当奥深いテーマです。

因みにケムトレイルというのは政府系の組織が飛行機などを利用して何かしらの害のある人工物質を散布する事です。

日本国内では、そういった話になったらすぐさま陰謀論的な受け止め方をされてしまいます。

しかし、柔軟に視野を広げていかなければならないでしょう。

理解している範囲で、皆さんと情報を共有したいと考えています。

自然現象を戦略的に作り変えて行こうという計画が存在する事は、東西冷戦時代からアメリカ、ソビエト、中国のような大国では公になっているんです。

極秘裏に地震を起こしたり、火山を噴火させたり、天候をコントロールして、狙いを定めた国を壊滅寸前まで攻撃したり、脅したりしています。

そして、表面上は自然の猛威に見せかけます。

最近の話題でいえば、アメリカはイランとの核合意を破棄すると言い始めました。

その流れの中で、アメリカは突如イラン上空の雨雲を消し去ったのです。

イランは砂漠の乾燥地帯ですので、こんな事をされたら干ばつになります。

経済的にも極めてシビアな状況に陥ってしまいます。

イラン政府は、この点を声を大にしてアメリカを非難しています。

アメリカは同盟国である日本に対して、人工地震を仕掛けて来ていると言われています。

何故そういった事を実行するのでしょうか?

歴史的ないきさつが影響しています。

実際のところ、アメリカは第二次世界大戦が始まる何年も前から日本人の精神構造を文化人類学的に分析していたんです。

そのうえで第二次世界大戦後、アメリカにどうやっても逆らえないようにマインドコントロールするために、日本人の心の奥底に刻み込まれている地震や火山噴火に対する恐怖心を上手く活用したのです。

第二次世界大戦末期、日本は敗戦が確実になっても、本土決戦さえ厭わない覚悟を持っていました。

「一億玉砕」の覚悟で竹槍を手にしてでも戦い抜こうという気構えを持っていたのです。

そうなってしまうと、いずれにせよ日本に勝利するのは間違いない事とはいえアメリカサイドにしても不必要な被害が広がってしまうリスクがあります。

そんな事態を防ぐためにはなにが効果が期待できるか、という事で最終的に原爆を投下しました。

実は、原爆を投下する前段階では「すでに天が日本を見放した」といった形で日本人の戦意を喪失させるために、人工的に自然災害を起こそうという計画も持っていました。

現実に、第二次世界大戦末期のアメリカは、大地震や津波を人工的に発生させる実験をオーストラリアやニュージィランドで何回も実践しています。

この事は10年くらい前にオーストラリアの情報公開法によって公になっています。

そして、天皇陛下に対する国民の信仰心もアメリカにとっては非常に厄介でした。

これをどうにかしようとしてアメリカが注目したのが、火山です。

終戦間際の日本は、30近い休火山・活火山で小さな規模ですが噴火する予兆がありました。

ある程度のキッカケを与えれば大噴火する可能性があるので、要所要所に次々に爆弾を投下するという計画も進んでいました。

準備まで行われていた事が、アメリカの情報公開法によって明らかになっています。

アメリカは原爆投下とともに人工地震も引き起こした

終戦前後、南海トラフ地震が2回発生しています。

1回目は、1944年12月7日に起きた昭和東南海地震です。

終戦翌年の1946年12月21日に2回目の昭和南海地震が発生しました。

これら2回の地震も人工地震の可能性があると主張する人がいます。

恐らく事実でしょう。

つい先ほどお話させて頂いた通り、戦意を完璧に喪失させるために地震とか津波等、日本人に根付いた自然信仰を上手に利用しようとしたのでしょう。

実験は成功したんですが、アメリカ国内の政策議論で、そういったまどろっこしい事よりさっさと原爆を投下した方が、ソビエトや中国に対するメッセージになると考えたわけです。

その当時は、ソ連は核開発に成功していなかったので、戦後の国際政治をダントツの力で牛耳るためにも原爆を投下すると判断したのでしょう。

そうだとすれば、戦後に発生した「昭和南海地震」は不要だったような気がします。

他国に対する“見せしめ”の意図があったのかもしれません。

僅か1回~2回、人工的に地震やつなみを引き起こすだけではたいして効果は期待できません。

実績を積み重ねていく事が大切です。

何回も人工地震を起こすと、不思議に思う人がいなくなります。

アメリカが人工的に気象を改変していても、元来日本列島は「リング・オブ・ファイア」上にあるので、どうしても地震に対して感覚が麻痺してしまいます。

アメリカは日本を恐れている

アメリカの企ては今なお続いています。

要するに、同盟国になった現在でも日本の事を100パーセント信頼してはいないという事です。

あくまでも表面上は「日本は大事な同盟国」。

同時に、科学技術・経済・文化等の様々な面で、アメリカに牙を向ける可能性を秘めているという意識を潜在的にアメリカは持っています。

かつて原爆を2発も投下した日本がいつまでも黙っているはずはないと考えているのでしょう。

近々、間違いなく力を溜めておいて復讐してくる、日本人はほっておくと何をするかわからないと常に警戒しています。

実際のところ、日本がバブルの時代は、東京23区の土地の値段だけでアメリカ全土を買収できるくらいの経済力を保持していました。

ハリウッド版『ゴジラ』は、日本人を揶揄している映画です。

いつの日か日本人はアメリカを破壊する、その恐怖をゴジラに投影しています。

そうしたいきさつを踏まえて3.11について考えてみると、日本がアメリカにとって脅威にならないように、定期的に痛めつけておかなければならないという意識が働いた可能性があります。

元来 福島の原発は、アメリカのGE社が40年~50年以上前に作り上げた原子炉を当時のまま使用しています。

言うまでもなく耐用年数もオーバーしています。

GE社の幹部達は、「遅かれ早かれ原子炉を解体する必要があって、放ったらかしにしておくとどういった事態になるか保障できませんよ」と、かなり前から警告していたはずです。

もしも日本が廃炉・解体の決断をしてくれたら、アメリカにとって再びビッグビジネスになります。

ここまで話してきた全ての事を立証するのはかなり難しいでしょう。

あの巨大地震が発生する前後に確認された電磁波の動きは、自然界のものとかなりかけ離れているというのは大勢の研究者も指摘しています。

アメリカにとって日本は信頼できる国ではない

写真は「Wikipedia」から引用

目下のところ、自然現象を人工的に改変するといえばHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)が注目を集めています。

HAARPは1980年代にアメリカアラスカ州に設置されました。

気象を自在に操作したり人工地震を引き起こすことが出来ると言われています。

HAARPは、人工的に高周波の電磁波を起こして様々な通信を麻痺させる事が可能です。

アメリカはかなり早い段階で研究に着手していたようです。

HAARPの関連サイトをチェックすると、成果が色々とでています。

とりわけアメリカの空軍は、相当力を入れてHAARPの実践的応用に取り組んでいます。

アメリカが同盟国日本をターゲットにして攻撃を仕掛けてくるなど“あるはずがない”と考えている人もいらっしゃるみたいです。

しかし、アメリカからしたら同盟国と言ったところで、英国、カナダ、ニュージーランドなどの英語圏の国とは違います。

かつて日本を打ち負かすために共闘した国々とは、やはり違うのです。

同盟国とはいえ警戒する必要があると考えています。

日本の動向を常時キャッチするために、情報の盗聴・傍受は当たり前です。

必要とあれば通信網を破壊することなど何とも思っていません。

スポンサーリンク


おすすめの記事