結婚祝いを貰ったら
内祝いをお返しするのが常識!
お返しの選択方法&マナー!

ケッコンの報告をした相手から、お祝いとして品物などを貰って、
そのお礼としてオカエシする事を「内いわい」と言います。

オカエシをいつ準備すれば良いのか、
どのような物にすれば良いのか決める事が出来ずに
困っている方が大勢いらっしゃいます。

スポンサーリンク

ですので、
この記事では、
内いわいとしてオススメできる品物や
渡す際のマナーに関して詳細にお話させて頂きます。

今回の記事に最後まで目を通せば、
社会人として恥ずかしくない内いわいの贈り方が身に付くはずです。

 

「内祝い=お返し」ではない!

ケッコン祝いを貰ったオカエシの事を、
内いわいと言うのだと思っている方が結構大勢いらっしゃいます。

現在では大抵の場合、内いわいはオカエシという意味で使われています。

ですが、実を言うと「内いわい=お返し」じゃないんです。

元々の内いわいの意味や、オカエシという言葉との相違について、お話させて頂きます。

 

内祝い&お返しの本来の意味

内いわいは本来、オイワイを貰った事に対しての「お返し」とは違います。

お祝い事の記念として、喜びをわかちあうためのプレゼントという意味でした。

ケッコンした記念に、ご近所さんや親戚、普段お世話になっている人達に喜びをおすそ分けするために、贈るのが本来の内いわいです。

結婚祝いは、
どのようなタイミングで貰う物なのか?

ケッコン祝いというのは、様々なタイミングで貰います。

✔ 婚約を知らせて直ぐ
✔ ケッコン式でご祝儀として
✔ ケッコン式に列席しない方から、結婚前やケッコン後に
✔ ケッコン式はしないが、ケッコン前や結婚後に

このようのタイミングが多いですね。

ですが、
貰ったお祝い全てに、内いわいを贈らなければならないのでしょうか?

その事につきましては次章でお話させて頂きます。

 

内祝いを贈らなくても良い三つのケース

ケッコン祝いを貰ったからといって、
「オカエシ」の意味での内いわいを贈る必要がないケースもあります。

具体例を三つ紹介させて頂きます。

一・ケッコン式で引出物を渡した場合

内祝いを贈らなくても良いケースの一つめは、
ケッコン式で引出物(ひきでもの)を渡すケースです。

何故なら、結婚式に招待したのであれば、
引出物を渡したり料理を出しておもてなしする事が
ケッコン祝いへのオカエシになるからです。

暮らしている地域や付き合いの程度によっては、
ケッコン式で親戚等から貰ったご祝儀が予想外に多い事もじゅうぶんにあり得ます。

そういう場合は、内いわいを別途贈ったり、新婚旅行のお土産を奮発したりしてくださいね。

両親或いは、義理の両親に相談して見るのも良いです。

亀の甲より年の功と言いますから、良い知恵を授けてもらえるかもしれません。

 

二・貰った品物が少額の物だった場合

次は、貰った物が少額だったケースです。

普通は、内いわいは貰った品物の半額前後です。

少額の物だった場合、更にその半分の金額となると
選ぼうにも品物が限られてしまいます。

内いわいとして盛大に準備するんじゃなくて、
どこかに行った際にお土産にお菓子をプレゼントしてあげたり、
ホームパーティーやランチの席を設けてあげるというのもアリです。

 

三・会社の制度として贈りものを貰った場合

近頃は会社の福利厚生の一環として、
ケッコン祝いを貰うケースもあるみたいです。

このケースではあくまでも会社の制度として貰うわけですから、
お返しをする相手を特定する事が不可能です。

ですので、内祝いは不要です。

次は内いわいを贈る際のマナーに関してお話させて頂きます。

 

遅くても一ヶ月以内!

内いわいは結婚祝いを貰ったら出来るだけ早く贈って
感謝の思いを伝えるべきです。

オイワイをいただいてから一ヶ月以内に、
どんなに遅くなってもケッコン式、或いは入籍から一ヶ月以内に、
直接持参するか宅配便で送りましょう。

何だかんだと忙しいかもしれませんが、
先方がケッコン祝いを贈った事を忘れた頃に届くような事は避けましょう。

それですと先方に対して失礼になります。

十分に注意してください。

ケッコンの準備等で忙しい時期と重なってしまうかもしれませんが、
予め余裕を持って行動してください。

 

内祝いの金額の目安

内いわいは「半額返し」が基本です。

これはあくまでも基本であって、
金額によってはそれ以下になる事もあります。

基本は貰った物の半分の金額ですが、
三分の一でもマナー違反にはなりません。

仮に、結婚祝いとして現金で一万円を貰ったのであれば
三千円~五千円の範囲で内いわいを選べば問題ありません。

 

高額な商品の場合、半額返しだとかえって失礼

貰ったケッコン祝いが高額だった場合は、
半分の金額ですとかえって失礼に値するケースもあります。

内いわいの基本は半分の金額~三分の一だとお伝えしました。

ですが、5万円とか10万円のオイワイですと、
オカエシの金額も高額になってしまいます。

そこで1つの目安として頭に入れて頂きたいのが、
目上の方へのオカエシに高額な商品を贈るのは失礼にあたるという事です。

無理してオカエシをすると「アナタからのお祝いは必要ないです」という意味に取られかねません。

貰ったオイワイにお返しをする時は「目上には少なく、目下には多く」が基本です。

とは言っても、少ない金額のオカエシだと申し訳なく感じるようなら、品物じゃなくて手紙とか写真を添えたりして、
感謝の気持ちを伝えるのもアリです。

 

半額だと適当な品物が見つからない場合

半額だと適当な品物が見つからない場合は、臨機応変に対応してください。

大人数のグループからお祝いを貰った場合とか、
品物の金額が少額だった場合は、
一人あたりの金額を半分~三分の一で計算すると数百円位になってしまう事があります。

その予算ですと、適当な品物が見つかりにくいのは確かです。

だからと言って、内いわいを半額以上の品物にしてしまうと、
先方が負担に感じてしまうかもしれません。

何度もお話していますが、
少額だった場合は先方に感謝の気持ちを伝えると良いです。

内祝い人気ランキング

内いわいに何を贈れば良いのか迷ってしまう人が多いようです。

そのような方は是非ともここで紹介させて頂くランキングを参考にしてくださいね。

 

第一位「カタログギフト」

最も人気があるのは、カタログギフトです。

カタログギフトは内祝いの定番と言っても過言ではありません。

しかしながら、「カタログギフト」は贈る側と貰う側でそれぞれ長所と短所があります。

「カタログギフト」は人気がありますし、喜んでもらえる可能性が高いですが、
長所と短所をしっかりと頭に入れておいてください。

 

贈る側の長所

✔ 持参する際に、軽いのでかさばらない。

贈る側の短所

✔ 少額の場合、選ぶ事の出来るカタログギフトがない(約二千円台~)

 

貰う側の長所

✔ 自分の好きな品物を選ぶ事が出来る

✔ 賞味期限とか保存方法を気にする必要がない

 

貰う側の短所

✔ たくさんの品物を期日までにチェックする必要がある

✔ 申し込むのが面倒臭い

 

第二位「商品券&ギフトカード」

第二位はショウヒン券とギフトカードです。

内いわいで貰った物が、それほど必要な物じゃなかったという経験をした人は結構多いです。

商品券とかギフトカードなら、贈ってもらった人も本当に欲しい物を手にする事ができます。

とは言え、ショウヒン券やギフトカードを贈る際には気をつけるべき点もあります。

結婚祝いとして商品券を貰った場合は、
内祝いにショウヒン券を贈るのはNGです。

何故なら、同じ物でお返しをするのは、
先方に対して失礼にあたるからです。

第三位「スイーツ」

第三位はスイーツです。

食品は、形に残らないので「消え物」と言われたりもします。

貰った方も保管場所に困らないですし、気軽な気持ちで贈る事ができます。

高級ギフトや、見た目がオシャレな物など、スイーツは選択肢が多いです。

賞味期限が短すぎる物はNGです。

内いわいらしい華やかな物が良いでしょう。

夏ですとアイスクリームセット等が人気ですが、
アイスクリームセットを贈るのであれば、
冷凍庫の容量に余裕があるのかを、先方に事前に確認しておいてください。

その他にも「雑貨・小物・消耗品・日用品」なんかも人気があります。

タオル、毛布、ボディーソープ、ハンドクリーム等は、たくさん持っていても困る事はありません。

 

内祝いを贈る際の四つのマナー

意外にも知れ渡っていないのですが、
内いわいを贈る際にもマナーがあります。

せっかくの内祝いも、
先方に対して礼を失してしまっては、
感謝の気持ちを伝える事が出来ません。

 

一・ケッコン祝いを貰ったら、
直ぐに電話で感謝の気持ちを伝える

オイワイを郵送等で受け取ったら、
さしあたって直ぐに電話で感謝の気持ちを伝えてください。

何故なら、
到着の連絡がないと、
贈ったほうは「本当に届いたんだろうか?」
と不安になるからです。

電話が通じなかったり、
何らかの都合があって内いわいを贈る事が出来ないのであれば、
葉書きや手紙で感謝の気持ちを伝えるのも一つの手です。

 

二・基本は直接手渡し!

内祝いは出来る限り直接手渡しで贈ってください。

無理な場合は必ず手紙も送ってください。

もし結婚式に招待していなかった場合は、
当日の写真を見せてあげたり
エピソードを話してあげると感謝の気持ちが伝わります。

遠方等で手渡しするのが無理であれば、
品物だけじゃなくてお礼の手紙を別途送ってください。

この事は絶対に忘れないでくださいね。

正式なご挨拶状でもメッセージカードでも問題ありません。

内いわいには絶対に挨拶をつけてください。

 

三・縁起の悪い言葉・数字はNG

お祝い事の際やそのオカエシの際には、「縁起の悪い言葉・数字」等を使ってはいけません。

たとえば、夫婦仲が「割れる」とか「切れる」を連想させる物をケッコン祝いに贈ってはいけません。

この事は内祝いを贈る場合も同じ事が言えます。

それと「割り切れる」という意味があるので偶数を避けなければなりません。

ですので、贈りものの数には注意してください。

ついでながら、2は「1ペア」と解釈出来ますし、12個で1ダースとみなされる物は奇数と考えて良いという意見もあります。

その他にも「忌み数字」には気をつけてください。

国によって違いますが、日本では「4」は忌み数字です。

4は死を連想させるからです。

同様に苦を連想させる「9」も忌み数字です。

いっぽうで「8」は偶数ですが、漢数字の「八」が「末広がり」の意味を持つので、オイワイに使われる事が多い数字です。

 

四・のしを付ける場合は「内のし」にする

のし紙をつける場合は
「内のし」にしましょう。

包装する際に店員さんから
「のしは外のしにしますか?内のしにしますか?」
と聞かれた経験がある人も
いらっしゃるのではないでしょうか。

のしと言うのは、
お祝い事の贈りものに添える物の事です。

包装紙の内側にのしをつける事を「内のし」、
外側につける事を「外のし」と言います。

内のしのほうが控えめなイメージがあるみたいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は結婚祝いを貰った際に贈る「内祝い」に関してお話させて頂きました。

簡潔にまとめると・・・

  • ケッコン祝いを貰ったら出来るだけ早く内いわいを贈る
  • 内いわいとして人気が高いのはカタログギフトやスイーツ
  • 内祝いを贈らなくても良いケースもある

スポンサーリンク

おすすめの記事