結婚式に持参するバッグの選び方
&マナー(黒オススメ)

結婚式に招待された際に
衣装にピッタリくるバッグはどんな感じの物でしょうか?

クラッチバッグ(clutch bag)やハンドバッグ(handbag)は、
型の違いで雰囲気や使い勝手がそれぞれ違います。

それと、バッグの素材についても
最低限のマナーを知っておいたほうが良いですね。

スポンサーリンク

というわけで今回は、
結婚式に招待された際のバッグ(bag)の選択方法&マナーについてお話させて頂きます。

 

バッグを選択する際に抑えておきたいポイント

1・衣装やクツに合わせる

バッグを選択する際には、
実際に着用する衣装と合わせてみたほうが良いでしょう。

衣装を購入する際に
バッグも同時に購入してしまうのがお勧めです。

衣装をレンタルする場合でも、
その時にバッグを含めて、
小物も同時に決めてしまってください。

 

衣装にあわせやすいバッグの色は?

黒、シルバー、ゴールドがお勧めです。

シックな色なら、衣装がどんな色だとしても合わせる事が出来ます。

黒はどんな衣装でも合いますし、
シルバー、ゴールド系なら、華やかな雰囲気を演出できます。

 

バッグとクツの色を合わせるのがGOOD

クツや羽織物と同じような色、素材感のバッグを選んでおけばパーフェクトです。

 

衣装が黒ならカラーバッグで
コーデに差し色を

一着持っていれば着回しがきく衣装は、
今や定番と言っても過言ではありません。

いっぽうで、結婚式の披露宴会場の中が黒い衣装のお客様ばかりになってしまうと、少々華やかさが不足してしまいます。

ですので、積極的にバッグには華やかな差し色を使ってください。

2・キラキラした素材のバッグなら華やかに

衣装がどんな色だとしても、
スパンコールやラメが付いたバッグなら、
華やかさを演出できます。

3・バッグの中に財布と最低限の荷物を
入れる事が出来るかチェック

衣装や小物との相性だけではなくて、
最低限必要な物を入れる事が出来るバッグでなくてはなりません。

小さめの財布(さいふ)、感動のあまり目がうるんでしまった時のためのティッシュやハンカチ、
お化粧直し用品を入れることが出来る大きさのバッグにしてください。

更に言うと、
デジカメも中に入る方が望ましいです。

バッグを買ったり、レンタルする際には
実際にバッグの中に物を入れて確認したほうが良いでしょう。

4・ハンドバッグ(handbag)と
クラッチバッグ(clutch bag)どちらがお勧め?

パーティーには手に持つタイプのクラッチバッグ(clutch bag)がスマートです。

ハンドバッグ(handbag)は持ち手があるので、
手で持つ事が出来ますし、腕にかける事も出来ます。

 

5・バッグでバリエーションを

披露宴に招待される度に衣装を何着も購入していたのでは
金銭面での負担が大きくなってしまいます。

ですので、
小物で変化をつけるのがお勧めです。

とくにバッグは、
色、デザインによって驚くほど印象が変わります。

ものすごく便利な小物です。

それと、姉妹など身内間で衣装や小物を貸し借り出来ると、
お互いに助かりますよね。

 

6・冠婚葬祭で使い回せるものを選択する

冠婚葬祭は全てフォーマルです。

冠婚葬祭のどういった場面でも無難にあわせる事の出来るバッグを選択してみてはいかがでしょうか。

 

知っておくべきバッグのマナー

1・大きすぎるサイズはNOTフォーマル

フォーマルバッグは小さめな物にするのがお勧めです。

結婚式の披露宴とかパーティー会場の中では、
食事をするか、歓談して過ごすことになります。

ですので、そんなに必要な物はありません。

クラッチバッグ(clutch bag)なら、手で持つ事が出来る大きさの物を、
ハンドバッグ(handbag)なら、イスの背もたれに置いても邪魔にならない大きさの物にしましょう。

2・紙袋をサブバッグにしてはいけない

フォーマルな場にはシッカリした素材の小物が絶対に必要です。

サブバッグでも同じ事が言えます。

入らなかった荷物は紙袋に入れておけば問題ない!という考え方はダメです。

高級ブランドのロゴが記されている紙袋だとしても、
しょせんは紙です。

 

3・ファー(毛皮)、布、ビニール素材を
使用してはいけない

ビニールバッグや布バッグはオシャレでは定番ですが
「カジュアル」な物です。

フォーマル素材じゃないので気を付けてください。

又、ファー(毛皮)製品は殺生をイメージしてしまうので使用するべきではありません。

4・サブバッグはクロークへ

バッグ(bag)の大きさに迷った際には、
さしあたって結婚式の披露宴会場で絶対に必要な物は何かを考えてみる事です。

「あったら便利かもしれない」というふうに考えてしまうと、
ドンドン物が増えてしまうので、
最低限必要な物だけに絞り込んで、
バッグを小さくしてください。。

会場で着替える場合や、
その他の物がある場合はクロークに預けましょう。

会場の受付でクロークを案内される事が多いですが、
最低限必要な物以外は全てクロークに預けたほうが良いです。

 

5・バッグの置き場所は膝の上がベスト

バッグを何処に置けば良いのか 案外と迷ってしまうものです。

膝(ひざ)上に置いておくのが無難でしょう。

それとバッグハンガーがあると重宝します。

テーブルにフックをかけて、バッグをつるす事が出来るので場所をとりません。

フロアに置かなくても良いので本当に助かりますよ。

バッグは服装の一部です。

マナーをシッカリ守りましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事