【衝撃】宇宙で命を落としてしまったらどうなるのか?NASAが隠す驚愕の事実 !

 

NASAは2030年代に人類を火星に送り込もうとしています。

火星まで行こうとすると、片道だけでも半年はかかってしまいます。

そして、莫大な費用がかかってしまいます。

スポンサーリンク

火星移住を計画しているマーズ・ワンは2度と地球に戻れないという条件で、火星移住希望者を募りました。

そうすると20万人もの希望者がいたのです。

もう宇宙は身近なものになってきているのでしょうね。

SFの夢物語ではない時代に我々は生きているのでしょう。

そうなると、必然的に「宇宙での死」という問題にぶち当たってしまいます。

今のところ、公式には宇宙空間で死者は出ていません。

ですが、そう遠くない未来には宇宙で死を迎える人達は増えるかもしれないのです。

未来の終活を考えてみたいと思います。

 

どのような死に方をするの?

例をあげると、宇宙空間に生身で出てしまったらどうなるのでしょうか?

映画などで目にするように

「人体が破裂する」

「血液が沸騰する」

「すぐに凍結する」

というような事は実際には起きないそうです。

まず、体内には眼球や身体を破裂させるだけの圧力がないのです。

地球上で私達が生きている気圧は約1気圧です。

これが、0気圧になったとしてもその差はわずか1気圧です。

海へ潜るダイバーは10気圧くらいの気圧差はものともしません。

それと、宇宙空間はとてつもなく寒いのですが、体温が一気に奪われたりはしません。

宇宙空間は高い断熱性を持っています。

体温を下げるのは水分が気化する時に起こる気化熱だけです。

そして、血液は血管に覆われていて心臓が止まったとしても一定の圧力が存在するために沸騰したりする事はないのです。

それでは、どのように死ぬというのでしょうか?

一言で言えば窒息という事になります。

血液中に溶け込んでいる気体が泡になって血管にダメージを与えて、減圧症になって筋肉などに深刻な障害を及ぼすのです。

真空は空気がないので、息を吐くことしかできません。

そうすると脳が酸素不足になって意識が無くなってしまい、窒息死すると思われています。

正確な時間はわからないみたいですが、恐らく1~2分で死ぬだろうとのことです。

よくよく考えると破裂したり沸騰して死ぬよりも窒息のほうが苦しいのではないでしょうか。

どのくらいの時間で死に至るのかがわからないというのも、ちょっと恐怖感を覚えますよね。

そうならないためにも宇宙空間では色々な機能を持っている宇宙服を着用するのです。

宇宙服というのは服というより、鎧、あるいは小さな宇宙船とでも言ったほうが、正しいかもしれないですね。

余談ですが、宇宙服は胴体、四肢、頭部を包み込む人間の形をした宇宙服アセンブリが100万ドルです。

日本円で約1億円です。

生命維持装置が900万ドル、日本円で約9億5千万円です。

合計すると1000万ドル、日本円で約10億5千万円です。

 

死後は?

 

事故であろうがなかろうが、いつかは死ななければなりません。

宇宙空間だった場合にはどのような処置がなされるのでしょうか?

映画のように遺体を「宇宙葬」として宇宙空間に放てばいいという意見もあるようです。

ですが、それは国連決議によって禁じられているのです。

もしも遺体を宇宙空間に投棄したりすれば、他の宇宙船とぶつかってしまう危険性があるからです。

それでは、どのようにするのでしょうか。

実を言うと、NASAは宇宙飛行士が「死亡した場合の対処」よりも「死亡そのものを防ぐ」ほうに重点を置いています。

ですので、NASAはマニュアル化していないようなのです。

宇宙飛行士は死のような最悪の事態に対処するための訓練は受けていると思われます。

ですが、遺体をどのように処置するかに関してはベストな方法は見出されていないらしいのです。

今後、さらに議論を重ねていって確立していかなければならない課題といえるでしょう。

現状提示されている案があります。

それは、葬儀会社のプロメッサとNASAが共同で考案した「遺体袋」案です。

寝袋に遺体を入れて、ロープを付けて、船外に放つのだそうです。

そうすると、船外でカチンカチンに凍った遺体はロープに引っ張られて激しく揺さぶられて粉々になってしまうだろうと考えているようです。

人道的にどんなものかって思ってもしまいますよね。

とは言え、遺体を放ったらかしにしておくわけにもいかないでしょう。

やはり、地球上であれ、宇宙空間であれ遺体を何らかの方法で処理しなくてはならないのです。

葬儀も宇宙規模で考えなくてはならない時代がもうすぐやって来ることでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事