うつ病を疑うべき症状とは… この症状は危険なサイン?

 

近年うつ病に悩む方が増加し続けています。

にもかかわらずうつ病は意外にも見逃されることが多い病気なんです。

その理由のひとつは、うつ病になりやすい性格の人というのは自分自身の苦しさを他人に言う事を遠慮したり、支援をお願いする事をやめておこうとしてしまうことが多いせいです。

生まれて初めてうつ病を体験するときというのは自分自身がうつ病である事に気づかないのが普通です。

スポンサーリンク

「よもや自分自身が鬱(うつ)になってしまうなんてありえない」 と考えています。

初期の症状を放っておいたためにうつ病が更に悪くなってしまう事はよく見られます。

1日でも早くうつ病のサインを感じ取って、対策を施すことが必要不可欠です。

精神面と肉体と行動の異変はうつ病の合図に他なりません。

うつ病の合図になり得る初期症状に関してお話させて頂きます。

 

メンタル的な不調

 

第一段階はしょっちゅう気分が落ち込むようになってしまいます。

ひとしきり落ち込んでから、どうにかやる気が出ても再び落ち込んでしまうという状態を繰り返してしまいます。

鬱(うつ)を発症しやすいまじめな方は、落ち込んでしまったままでいることに罪の意識を持ってしまいます。

その事が悪循環を生み出してしまいます。

特に理由もないのに憂うつになったり、不安に感じる事が多くなって行くのです。

仕事とか人間関係のトラブルのせいで不安になっているのでしたら理由ははっきりしているわけですが、鬱(うつ)の初期症状はそうではないのです。

それと、集中力が低下してしまい、つまらない事にイラッとする事が多くなっていくのです。

うつ病を発症すると自己嫌悪してしまったり自意識過剰になる事を避けて通れないので1つの事に集中することが難しくなります。

以前はどうでもよかった他人の評価とか噂話なんかが異常なくらい気にかかってしまいます。

この状態が酷くなると仕事とか人間関係にも悪影響があると言えます。

そして、物事をより深く考える事が難しくなってしまいます。

以前は慎重になって計画を立てて行動していた人が思考能力が低下してしまったせいで、じょうずに自分の考えをまとめる事が出来なくなってしまいます。

対応が行き当たりばったりになってしまいがちです。

 

身体の異変

 

常に複雑な感情を持っているために寝つきが悪くなってしまいます。

それだけならまだいいですが「翌日の仕事がうまくいかないかも?」 といった感じのネガティブなイメージを持ってしまいやすいです。

睡眠も浅くなっていくというわけです。

夜、なかなか寝付けないせいもあって、朝、なかなか起きれなくなってしまいます。

朝は誰でも、目を覚ますのはキツイものでしょうが、うつ病を発症すると、とりわけ朝、布団から出るのがきつくなるんです。

睡眠時間とうつ病は密接な関係があるので意識して対策する事が必要不可欠です。

それと、睡眠の質を高めて行く工夫も求められます。

その他では、食事もバラつきが出てきます。

食欲がなくて、茶碗1杯のご飯も食べる事が出来ないかと思えば、ある時は過食の状態になってしまったりします。

突如甘いモノが食べたくなって、チョコレートとかケーキをありえないほど食べたかと思えば、夕食は一切口にしない。

そのような状態はかなりやばいです。

強いストレスのために食欲がバラついてしまって、偏食になってしまうんです。

とても疲れやすくなって、なおかつ疲れが取れなくなったらご注意下さい。

食事と睡眠が十分とれていないわけですので疲れがとれないのも当たり前なんです。

不健全な生活を改めないとうつ病が悪化してしまうので定期的に生活習慣を見直していくことが大切です。

煙草(たばこ)、コーヒー、アルコール、チョコレート等に依存しがちであればメンタルバランスが崩れている可能性が高いです。

煙草(たばこ)にはニコチンが、コーヒーとチョコレートにはカフェインが含まれていて、いずれも意識を覚醒させる物質なんです。

無理やりに覚醒させないと元気になる事が出来ないために無意識にそれらの物を欲している可能性が高いです。

 

仕事とか行動の異変

 

うつ病を発症すると仕事中も集中力が落ちてしまって、仕事上のミスが増加してしまいます。

いままでであれば考えられないミスをしてしまったり、トラブルを招いたりするようになります。

それと、仕事上の人間関係でトラブルが目立つようになり、以前より口数が減って、全ての面で無気力になって、積極的に行動することがなくなります。

うつ病を発症すると生活リズムが夜型になるので、しばらくは体調不良を理由とした遅刻が目立つようになります。

やがて早退、更には欠勤を繰り返しがちです。

こうした症状が2週間以上続いて普段の生活に差しさわりがあるようならうつ病の可能性が高いです。

うつ病はまじめな人ほど見舞われやすいんです。

特に几帳面で仕事熱心、律儀で誠実、他人への配慮を欠かさず責任感が強い人がうつ病を発生しやすいとのことです。

うつ病の人は、うつ病である事を認めようとしなかったり、病院の受診を避けることがほとんどです。

そのため、家庭や職場などで周りの方がうつ病のサインを見逃さないことが大事です。

メンタルケアが進んでいるヨーロッパではうつ病などの精神疾患も正式な病気とみなされています。

普通に病院で診察して貰うことが当たり前となっているのです。

とりわけベルギーは受診率が50%と高い数値になっています。

残念ながら日本では今もって精神疾患に対する偏見もあることもあって、一向に早期の段階で病院に行くまでには至っていないのです。

ベルギーでは受診率が50%だというのに、日本では16%です。

うつ病はひどくなると自ら命を断ったりするハイリスクな病気なんです。

最悪の事態を招かないためにも早期治療をおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめの記事