【UFO事件史】空飛ぶ円盤を有名にしたケネスアーノルド事件

 

時速2400キロ超で飛行する9機の円盤型飛行物体

UFOは以前は、空飛ぶ円盤と言われていたものです。

この言葉を世界中に広めたのは、アメリカのケネスアーノルドです。

スポンサーリンク

ケネスアーノルドは1947年、6月24日にワシントンの上空を自家用機で飛んでいました。

その日は、晴天に恵まれ、視界も大変に良かったそうです。

午後3時位に、カスケード山脈上空を飛んでいたケネスアーノルドがプロペラ機のA-2を旋回させた時に、視界前方に9機の円盤状の飛行物体を目にしました。

円盤状の飛行物体は明るく輝いていたそうです。

それらの円盤状の飛行物体は一直線に編隊飛行しているかと思えば、たまにジグザグに動いたり、急上昇したり、急降下する事もあったようです。

後ほど、スピードを計算してみると、時速2400キロを超える事もあったようです。

この事件はロサンゼルスタイム紙でも大体的に取り扱われました。

この事件を契機として「空飛ぶ円盤」が世間の人に注目されるようになっていったのです。

いってみれば、UFO事件の元祖とも言えるわけです。

ケネスアーノルド事件は軍部にも大きなショックを与えたようです。

その当時、時速2400キロどころか、音速を超える航空機は地球上にはなかったのです。

それと、急旋回や急上昇、急降下出来る機体は現在でも存在しないのです。

ケネスアーノルドもさすがに、地球外由来の航空機とは思わなかったようですね。

ソ連軍の新型航空機だと考えていたようです。

この事件をきっかけとして、全米は言うまでもなく、世界中でUFOの目撃情報が相次ぐようになったのです。

そして翌月、UFO事件史上最大の謎とされるロズウェル事件が起きるのです。

スポンサーリンク

おすすめの記事