7月は、いろんな国で皆既日食と部分月食を控えています。

実を言うと、私は地震の前兆を長年にわたって調査してきました。

その結果、スーパームーンや満月とか新月よりも、日食(にっしょく)・月食(げっしょく)の前後のほうが大型地震が発生する確率が高い事が明らかになってきました。

更に、国内トップレベルの有名な預言者達が「7月は関東などで大型地震が発生する」とほぼ全員注意勧告しています。

警告の意味も含めて、詳細に解説させて頂きます。

スポンサーリンク

日食(にっしょく)・月食(げっしょく)は
天変地異の前兆

現代のような科学的知識を持ち合わせていなかった古代の人達は、日食(にっしょく)や月食(げっしょく)という奇異な天文現象を目にして、「天変地異の前兆」と考えたようです。

ですが、それは迷信として切り捨てられない一面があります。

これまで私は、通常の満月・新月よりも、月が地球に最も接近する「スーパームーン」の前後に大型地震が発生しやすいと何度も注意を促してきました。

ですが、最新の研究の結果、地震が発生しやすい月の位相は以下のような順番になる事が明らかになってきました。

月食(げっしょく) → 日食(にっしょく) → エクストリームスーパームーン → スーパームーン → 満月・新月

要するに、大型地震が発生する確率が最も高いのは月食(げっしょく)前後という事です。

以下に、例を示します。

✔ 1923年8月26日 満月・部分月食

1923年9月1日 関東大震災(マグニチュード7.9、犠牲者&行方不明者 約10万人)

1933年2月24日 新月・金環日食

1933年3月3日 昭和三陸地震(マグニチュード8.1、犠牲者&行方不明者 約3千人)

1978年9月17日 月食(げっしょく)

1978年9月16日イラン(マグニチュード7.7、犠牲者1万7,000人)

1992年12月10日 月食(げっしょく)

1992年12月12日 インドネシア・フローレス島(マグニチュード7.8、犠牲者 約2,500人)

2005年10月17日 部分月食

2005年10月8日 パキスタン地震(マグニチュード7.6、犠牲者 約9万人)

2010年1月15日 金環日食(アフリカ中部、モルディブ、インド南部など)

2010年1月12日 ハイチ地震(マグニチュード7、犠牲者 31万人以上)

2013年4月26日 部分月食

2013年4月16日 イラン南東部(マグニチュード7.8、犠牲者 41人)

2013年4月20日 中国・四川地震(マグニチュード7、犠牲者 180人以上)

2018年1月31日 満月・皆既月食

2018年2月16日 部分日食

2018年1月31日 アフガニスタン(マグニチュード6.1)

2018年2月1日 南太平洋ウォリス・フツナ沖(マグニチュード6)

2018年2月6日 台湾・花蓮地震(マグニチュード6.4、犠牲者17人)

2018年7月28日 満月・皆既月食

2018年7月29日 インドネシア・ロンボク島(マグニチュード6.4)

2018年8月5日 インドネシア・ロンボク島地震(マグニチュード6.9、犠牲者381人)

この中で最も注目して頂きたいのは、部分月食と皆既日食の中間日あたりに関東大震災が発生した事です。

これこそが、歴史上でも極めて稀な大型地震に繋がった一つの要因かもしれません。

同様の例としては、2018年1月の皆既月食と2月の部分日食の間に発生した台湾・花蓮地震があります。

7月は月食(げっしょく)・日食(にっしょく)の
ダブルパンチ!

さて、そういった前提で今後起きる天文現象について考えてみると、7月は皆既日食(3日)と部分日食(17日)が続けざまに起きます。

本年度後半に観測される月食(げっしょく)・日食(にっしょく)・スーパームーンの一覧を以下に示します。

7月3日 皆既日食(南太平洋、南米など)

7月17日 部分月食(中四国地方西部より西)

8月1日 スーパームーン(新月)

8月30日 スーパームーン(新月)

9月29日 スーパームーン(新月)

12月26日 金環日食(インド、インド洋、インドネシアなど)

こうして見てみると、7月が最も危険なタイミングだという事がご理解頂けると思います。

しかも、こうした事実以外にも、7月はとりわけ関東で大型地震が発生しやすいと警告する預言者がたくさんいます。

預言者達の言葉を紹介させて頂きます。

7月に関東で大型地震?

さしあたって、岡山県のドリームセラピストのNさんです。

Nさんは、この国で稀有の夢預言者です。

Nさんの予知夢の特性は、キーポイントとなる固有名詞などのキーワードが登場する事です。

例をあげると、2015年1月27日のブログに、「2015年1月26日に見た夢は、『新岳』の『噴火』(?)の夢だった」と記しています。

そうしたところ、4ヶ月後の2015年5月29日に口永良部島の新岳が爆発的噴火を起こして、夢が現実になりました。

「新岳」という固有名詞がズバリ登場します。

ですので「どうとでも解釈出来る」というような批判は全く意味を成しません。

そんなNさんが5月17日、「関東」「白浜」「津波」というキーワードが出てくる夢を見たとブログに記しました。

「白浜」という地名は、関東では千葉県南房総市白浜町白浜に該当します。

しかも「白浜」は房総半島の先端に位置するので、津波に襲われる恐れもあるでしょう。

更にNさんは、4月11日のブログで「まもなく大型地震が起きます」と夢の中で言われた事を明かしたうえで、5月25日には「関東直下地震に警戒して下さい。その時の地震の規模は震度7になります」と記しています。

Nさんはその後も頻繁にブログで情報を更新しています。

これらの大型地震が起きそうな時期として「本年度7月前後」が危険だと指摘しています。

7月23日に南房総でマグニチュード7.2

次は、以前紹介した事があるRさんです。

Rさんは幼少時に韓国から移住してきた主婦です。

生まれつき霊感が備わっているみたいです。

これまでにいくつもの大型地震を予測して的中させてきました。

最近、私はRさんから「マグニチュード6.8の地震が関東で発生するかも!?」というメッセージを受け取りました。

更に後日、Rさんから電話で「7月23日前後に南房総でマグニチュード7.2の地震が起きる」と告げられました。

7月6日の前後2週間、7月18日前後

次は、私が昨年知り合いになった女性催眠療法士のMさんです。

今まで占い鑑定を10万人以上、催眠療法を5千人以上に施してきたというMさんは、霊感や体感によって地震を予知する事にも長けています。

3.11が発生する前に、宮城在住のクライアントさんに「松島が水であふれているのが見える」と語って、津波を警告したそうです。

そんなMさんですが、6月24日にブログで、「7月6日から前後2週間は気をつけて欲しいと思います。 7月18日はとりわけ気になるので前後ご注意くださいね。 当然ながら、関東も北海道も関西も気になりますが先に九州にくるかもしれません」と注意勧告しています。

ここで挙げられた2つの期間ですが、7月6日は7月3日の皆既日食の直後です。

7月18日は7月17日の部分月食の翌日です。

前述したように大型地震が発生する可能性は高いでしょう。

大型地震に関する情報が集約されてきた!

このように、国内トップレベルの預言者達の“要注意警報”が7月に集約されています。

とても偶然とは思えません。

しかも、キーワードは「東京湾」「房総半島」になるようです。

他にも、大分在住のMSさん、SZさんといった優秀な予言者も、千葉を含む東京湾付近で大型地震が発生する事を懸念しています。

以上の事は、全て十分な根拠に基づく話です。

人心を不安にさせる「デマ」ではありません。

特に関東で暮らしている人は防災意識を高めて下さい。

スポンサーリンク

おすすめの記事