【首都直下地震】被害が大き過ぎて日本政府が決して語ろうとしない「東京湾巨大津波」のタブー!!

首都直下地震(しゅとちょっかじしん)は「いつ発生してもおかしくない」といわれています。

「東京湾をツナミが襲うなんてあり得るの?」と感じている方が多いように思います。

ですが、実際問題、東日本大震災発生時には東京湾内に2メートルを超えてしまう高さのツナミが襲いかかった場所もあったのです。

そもそも、「東京湾にツナミが襲いかかる」という考え方自体がタブー視されて来ました。

スポンサーリンク

今回は、首都直下地震(しゅとちょっかじしん)だけではなく、大規模な地震が起きてツナミが東京湾に襲いかかった際、どの位の被害が出てしまうのかを真剣に検討してみたいと思います。

ツナミと言うのは、地震だけではなく火山の噴火・山体の崩壊・隕石の衝突等が原因で発生する波の伝搬現象の事です。

台風等が原因で発生する高波や高潮とは全く違う現象です。

例え20センチメートルの高さの津波でも、足を取られて転んでしまう危険性があります。

30センチメートルの津波で歩く事が難しくなって、50センチメートルの津波で死亡率が約5パーセント、70センチメートルの津波では死亡率が約70パーセントに跳ね上がってしまいます。

そして、津波が1メートルの高さになると、ほぼ全ての人間が津波に呑み込まれてしまうと共に、木造の家屋が粉々になってしまいます。

高さ2メートルの津波ともなれば、船舶でさえとてつもない被害が生じるといいます。

 

東日本大震災で東京湾はツナミに襲われていた!

平成25年12月、有識者会議が首都直下地震(しゅとちょっかじしん)が発生した際の被害想定を発表しました。

相模トラフで最大級(マグニチュード8.7)の地震が発生した際のツナミ高も一応検討されました。

ですが、地震発生の頻度が二千年~三千年と低いので、被害想定までは出しませんでした。

この事を真に受けて、「ツナミなんてやって来ない」と考えるのは大間違いです。

何故なら東京湾をツナミが襲いかかる可能性は、十分過ぎるくらいにあるからです。

実を言うと、東日本大震災発生時に、東京湾にもツナミが襲いかかったんです。

千葉県の調査によると、内房の木更津市で高さ2メートル強のツナミが20回以上(最高2.83メートル)観測されました。

船橋では最高2.40メートルを記録しました。

それと、荒川、隅田川、多摩川でもツナミが遡上していたんです。

このような事実は、不思議な事に大きく報道されませんでした。

そういう事もあって、東日本大震災発生時に東京湾にツナミが襲いかかったという事実を知らない方が、いまだに沢山いらっしゃるのです。

東日本大震災以前、東京湾のツナミ想定は、例え震源が首都圏だったとしても、せいぜい2メートル前後の高さだろうと考えられてきました。

ですが現実問題として、想定を大きくオーバーするツナミが襲いかかったために、東京都は防潮堤の高さを見直さざるを得なくなりました。

その結果、現段階の東京港の沿岸は高さ3.5メートル~7.9メートルの防潮堤で囲まれています。

ですが、東京港内の全ての埋立地をカバーしているわけではありません。

そもそも防潮堤というのは、「この位高ければ問題ない」という想定のもとで建設されます。

しかし、肝心の想定が適切とは言えない場合もあるのです。

東日本大震災が発生する前、岩手県宮古市田老地区には、高さ10メートル、総延長2.4キロメートルに及ぶ国内最大級の防潮堤があったのです。

過去のツナミ被害の教訓から建設されたもので「万里の長城」と言われていました。

しかし、東日本大震災が発生した際にツナミが襲いかかってきて呆気なく壊滅してしまいました。

防潮堤を過信してしまったために、かえって被害が大きくなってしまったという指摘もあります。

それと、人為的な要因が原因で防潮堤の存在意義がなくなってしまうケースもあります。

東日本大震災発生時に、千葉県が管理する水門29基のうち、8基の閉鎖作業がツナミの到達時間に間に合わなかったのです。

そのために千葉市中央区等で床下浸水等の被害が出てしまいました。

ツナミ警報が発令されているにも関わらず、閉門が間に合わなかったという、あってはならないケースです。

 

タブー視されてきた東京湾の大ツナミ

結局、「東京湾にツナミが来るはずがない」というのは幻想にすぎなかったわけです。

不思議なことに、マスコミは報道しませんでした。

そのために事実を知らないままの方がたくさんいらっしゃるのです。

東日本大震災以降は、さすがに以前よりも大きな被害を前提とするようになりました。

そもそも、東京湾にツナミが襲いかかると考える事がタブー視されてしまって、真剣に議論されてこなかったのです。

それと、首都直下地震の他にも、房総沖地震等に関しても中央防災会議では真剣に議論されていないのです。

東京湾を大きなツナミが襲いかかったら、首都機能は壊滅的な状況になってしまう可能性が高いです。

被害予測があまりにも大きくなるので、想定する事がタブー視されてきました。

観光的見地から言ってもマイナスイメージが余りにも大きくなってしまうので、積極的に語る事が出来ないのでしょう。

東日本大震災が起きる以前、東京都は、東京湾は入口がせまいので大きなツナミが入りにくく、普通の高潮対策でも十分だと主張していました。

内閣府の中央防災会議でも、東京湾内のツナミの高さを最高で50センチメートルと見積もっていた位です。

このように日本人は、原発安全神話と同様に、「東京湾津波安全神話」に支配されてきたわけです。

 

過去の歴史を振り返れば… やば過ぎる東京湾の大ツナミ

将来、東京湾で発生するであろうツナミ被害を考える際は、過去の歴史を振り返る事が重要です。

記録に残っている東京湾のツナミ被害をみて行きましょう。

元禄地震(1703年12月31日、マグニチュード8.2)発生時には、ツナミが隅田川を遡上して、浦安では津波が2メートルにも達して、沢山の人畜が死亡しました。

両国では津波が1.5メートルになって船が転覆しました。

横浜野毛を襲った津波は高さ3メートル程で、住宅が数多く流出したといいます。

元禄地震の約150年後に安政東海地震(1854年12月23日、マグニチュード8.4)が発生しました。

この時は、房総半島(ぼうそうはんとう)から四国にかけてツナミが襲いかかりました。

江戸では隅田川河口の浜町河岸で水位が1メートル位上昇して路上が浸水してしまったようです。

江東区の深川でも水があふれた様ですが津波が住宅まで到達する事はなかったようです。

普通に考えれば、東京湾の最奥部に位置する東京都や千葉市等の沿岸よりも、より手前に位置する三浦半島東部や横浜市等のほうがツナミの被害が大きくなってしまう気がします。

例えば関東大震災発生時、東京ではツナミ被害がなかったのですが、横浜ではツナミが原因で200人~300人が亡くなっています。

鎌倉由比ガ浜の一部では9メートル、逗子、藤沢の沿岸では津波の高さが5メートル~7メートルにも達したといいます。

このように、過去の歴史を振り返ると「東京湾にツナミは来ない」などというのは幻想にすぎない事がご理解いただけるでしょう。

 

東京湾の最も新しいツナミ被害想定(南海トラフ地震の例)

最後に、南海トラフ地震が発生した際に、東京湾内を襲うツナミの高さと到達時間を示しておきます。

・ 神奈川県鎌倉市:最大高10メートル(到達時間34分)
・ 東京都(江東区・中央区等):最大高三メートル(到達時間三時間六分)
・ 千葉県千葉市:最大高三メートル(到達時間1時間49分)

繰り返しておきますが、これはあくまでも想定です。

更に大きなツナミに襲われる可能性さえ否定できないのです。

防潮堤を過信しすぎる事も被害を拡大させる一因になります。

東日本大震災で思い知らされたように、地震国日本で生活する私達は、常時“最悪の事態を想定”しておかなければなりません。

スポンサーリンク

おすすめの記事