【修羅場】不倫夫に制裁して慰謝料1億もらった話

当時の私のスペック

32歳

ちょいぽちゃ

会社社長

当時の元夫のスペック

33歳

中肉中背

サラリーマン

スポンサーリンク

私と元夫が出会ったのは 私が27歳のときで、 3年付き合った末に 結婚しました。

離婚の原因は性格の不一致が原因なんですが、 離婚協議中の元夫の態度がよそよそしいのが気にかかって、 興信所で探偵を雇ったら あれやこれやと出るわ出るわって感じでした。

私は28のときに会社を設立して、会社の経営をしていた事もあってそれなりに法律には詳しかったので弁護士を付けずに離婚協議をしていました。

ですので元夫は二人だけでの協議ということでナメていたんだと思います。

性格の不一致と言うよりは金銭感覚の不一致が全てだった気がします。

私は会社を興す前に苦労したほうだと思います。

ブラック起業で毎日働き詰めで月に休みが3日程度しかなかったのに給料は15万止まりでした。

自炊する時間がなくて食費がかさんでしまい、家賃すら払えず大家に追い出されそうになりました。

普通の人だったら、転職するでしょうが、私はバカだったので退職するという考え方が出来ずに、なんとかお金を捻出しようと必死だったのです。

お金を捻出する際、大多数の人は節約しようとするんでしょうが、私は「なんとかもっと稼ぐ」という考え方しか出来なかったのです。

いろいろと訳があって、朝7時から夜10時まで仕事して、その後近所のコンビニで4時間ほどアルバイトしました。

それでなんとか生きていけるって感じでした。

でも仕事後のバイトはやっぱりしんどくて、自分なりに考えて副業を始めたのです。

その副業が成功して会社を起こすところまで行きました。

こんな感じで、私は「節約」するくらいならなんとかもっと「稼ぐ」という思考回路なんです。

そこが元夫と合わなかったんだと思います。

離婚当時住んでいた家は私の両親が 元夫と結婚するために建ててくれた戸建てです。

特に大きいわけでもありませんし、小さいわけでもなく普通の家です。

共働きだったので、洗濯や掃除などは元夫にもお願いしていました。

新婚当初は割りと普通で特に何もありませんでした。

ですが、新婚1年目の頃に、元夫は将来子供が生まれた時のために貯金しようと言い出しました。

女の私よりお金には細かったですね。

私の会社は年商数十億円で、私自身の年収も1000万でしたので正直お金には困ってなかったのです。

でも、元夫も元夫なりに考えているんだなと思ったので、特に口出しはしませんでした。

むしろ、なんてできた夫なんだろうと思っていました。

私は幸せ者だと思ったものです。

ですが、貯金をすると言い出した日から食事がものすごく質素なものになりました。

今までは三菜一汁だったんですが、一菜になりました。

時にはおかずしかないときもありました。

朝はバナナ一本、昼は会社で、夜はごはんと冷奴だけという感じでした。

日によってはご飯とふりかけだけなんていうのもざらだったんです。

しかもおかわりは厳禁です。

お酒なんてもっての他という感じでした。

夏でもエアコンはNG。

扇風機すらだめなんです。

洗濯ももったいないから3日以上着てから。

お手洗いはオシッコなら流さない。

トイレットペーパーも3切れ以上使うのはNG。

テレビもPCも電気代の無駄使いになると言ってコンセントをを抜かれてしまい、さらに電源コードもハサミで切られました。

ちなみに家の電気代は会社の経費から落としていました。

私が自分のお金で何かを購入すると、もったいないから返品してこいと言われるんです。

そのくせに自分は高そうな服を買ってるんですよ。

さすがに不満を感じたので、何度も元夫と話し合いをしたんですが聞く耳持たずで無駄に終わりました。

それなりに稼ぎがあったわけですし、貯金するといっても、ここまで削る必要はないと思いますよ。

もうほとんど病気ですよね。

私が何を言ったところで全く聞く耳を持とうとしてくれませんでした。

こんな生活が半年も続いて、さすがに我慢の限界がきてしまいました。

貯金額を見せてもらったら通帳には30万しか入ってないんです。

会社の1時間の収益以下の金額を貯めるために、こんな感じの生活を6か月も強いられるのが我慢なりませんでした。

節約しなくても半年あれば60万は溜まってるはずなのに、これほどの節約をして30万円しか溜まってないのは、さすがにおかしいですよね。

もしかしたら浮気しているんじゃないかと気にかかったのですが、もはやそんな事はどうでもよかったのです。

早く離婚してこんな生活から開放されたかったのです。

だから、2人での離婚協議中は性格の不一致ということにしました。

離婚協議の結果は、お互い1ヵ月このままの生活を続けて、それでもやっぱり無理なら離婚しようというものでした。

夫は毎日うきうきしていて私が出勤するよりも早くどこかに行ってしまうんです。

「どこ行くの」と聞いても、「もう離婚するんだから関係ないだろう」と言うだけです。

もう、元夫の事が憎くて憎くてたまらなくなりました。

元夫を地獄のどん底につき落としてやろうと決心しました。

探偵を雇ったのです。

2週間前払いでお願いしたんですが1日目に証拠が揃ってしまいました。

女とホテルに入って行くところがしっかり撮れていて、しかもホテルの窓の前で行為していたので、アレが入っている瞬間もバッチリ撮れていました。

もうこの写真を見た時は最高の気分でした。

でもお金がもったいないしそのまま2週間後を付けてもらいました。

2人での買い物、ドライブデート、高級レストランでのディナー、そしてホテル。

いろんなシーンを証拠として残せました。

そして、案の定全部元夫が支払っていました。

私が稼いできたお金を浮気に使われて激怒しました。

私には質素な食事を強要しておきながら浮気相手にお金を使う夫を断じて許すことなど出来ません。

なにより自分より5歳も年とっている女のために、私が無理難題な生活を強いられているのが腹立だしかったのです。

それからは会社の顧問弁護士にお願いして離婚協議を進めました。

両家+浮気女一家の大乱闘になりました。

結論を言うと、元夫へ5000万の慰謝料+切った家電の弁償代100万。

浮気女へは元夫が貢いだ150万の返還+5000万の慰謝料。

こんな法外な額は無理だろうと思ってたんですが弁護士さんがうまいこと丸めてくれました。

当初浮気女は払えないと言っていたんですが、最後はおとなしくなりました。

実を言うと、浮気女は年収1500万もあったので、ちょっとびっくりしました。

元夫の両親は慰謝料のために家や車を売って2000万を一括で支払ってくれました。

浮気女のほうも両親が家や車を売って2200万を一括で支払ってくれました。

二人とも残りは分割という事で話は収まりました。

4200万円の臨時収入を得て、といっても私にとっては1週間の売上にも満たない額ですが、晴れて夫と別れました。

家電を買い換えて弁護士さんに報酬を払って残りは募金しました。

離婚までの経緯は以上です。

ちなみに、その後浮気女は病院勤務以外に、夜はスナックでバイトしているそうです。

スポンサーリンク

おすすめの記事