【下町ロケット】TBSドラマチームの新作が早くも決定!?“予想外のテーマ”に不安の声が!阿部 寛、堺雅人も注目!

10月16日に発売された「フラッシュ」に、
堺雅人(さかいまさと)が主演する「半沢直樹」や阿部 寛(あべ ひろし )が主演する「下町ロケット」等を手がけているTBSドラマチームの、
次回作にかんする情報が掲載されました。

スポンサーリンク

TBSは来年度の七月から、
日曜劇場でスポーツをテーマにしてドラマを放送するそうです。

「フラッシュ」によると、
出演者はまだ正式に決定していないものの、
今回も原作は池井戸潤(いけいどじゅん)さんが執筆するようです。

ラグビーをテーマにしたドラマになるみたいですね。

これまでドラマの監督を務めてきた福澤 克雄(ふくざわ かつお )さんは学生時代、ラグビー部で活躍していたそうです。

なんでもU-23日本代表に選ばれるほどの選手だったそうですね。

そういう事もあって、ラグビードラマは福澤 克雄監督の悲願だったのです。

それと、来年の九月に、ラグビーのワールドカップが開催されるという事もあり、タイミング的にも丁度良かったのかもしれませんね。

ですが、過去に大ヒットした池井戸ドラマとは、毛色が違う事もあって、不安の声があるのも事実です。

日曜劇場は過去、
『半沢直樹』のような経済ドラマとか、
『下町ロケット』『陸王』等の製品開発に奮闘する企業を描いた作品でヒットを飛ばして来ました。

ですが、そんな池井戸作品の中で、唯一視聴率が低迷してしまったのが、
2014年に放送された『ルーズヴェルトゲーム』なんです。

『ルーズヴェルトゲーム』は企業パートはあったのですが、
ドラマの中心は野球だった事で、賛否の声があったのです。

そういう事もあって、
新作でラグビーを中心に描いた場合、
これまで同じ枠の番組を視聴してくれていたファンが離れてしまうのではないかと
関係者は危惧しているのです。

池井戸ドラマといえば
今やTBSドラマの顔です。

今度こそスポーツを題材に、
大ヒットを飛ばして頂きたいものです。

スポンサーリンク

おすすめの記事