【下町ロケット】阿部 寛も困惑!視聴者からのクレームが止まらない!視聴率もビミョー!

「下町ロケット」(TBS系)は
阿部 寛(あべ ひろし )さんが主演を務めているTVドラマです。

初回が10月14日に放送されました。

残念ながら
視聴率が、13.9%だったのです。

スポンサーリンク

当初予想していた数字を下回ってしまいました。

平成27年に放送された
『下町ロケット』第一作目は、
初回の視聴率が16.1%でした。

最終回では
22.3%まで数字をアップさせるほどの
人気ドラマでした。

続編は、
前作で初回に記録した
16%を最低ラインと
関係者は考えていました。

しかし、フタを開けたら
13%台という
期待はずれの結果が出てしまったのです。

この数字には
TBS関係者も落胆してしまったようですね。

続編の第一話では、
イモトアヤコさんが天才エンジニアとして出演して、
涙を流して
長いセリフを喋るシーンが注目を集めました。

前作に続いて、
今田耕司(いまだこうじ)さんや
恵 俊彰(めぐみ としあき )さん等の
芸人さんも出演しました。

ですが、このキャスティングに、
ドラマファンからはクレームが
噴出しているようです。

TBS系列の日曜劇場は、
芸人、或いは歌舞伎役者等を
俳優として使う傾向が強いです。

『下町ロケット』でもその流れは見られました。

SNSとかドラマファンが集うインターネットの掲示板では
『さすがに芸人が出演しすぎだろ。
バラエティーのイメージが強すぎて、
すんなりとドラマに入っていけない』

『“この芸人さんを起用するのは意外性があるでしょ?”
みたいな制作サイドのキャスティングが鼻に付いてムカつく。
しかも上手く行ってない』

『芸人の出演が多過ぎて気が散ってしまうんでチャンネル変えた。
お笑いでも本当に上手な芸人さんだけ起用してもらいたい』
と、ドラマに関する不満は
キャスティングに関する不満が
大半を占めてしまいました。

例を挙げると、
今期、高視聴率を叩き出している
「ドクターX」チームによる
「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」は、
主要キャストに小日向 文世(こひなた ふみよ )さん等
知名度だけじゃなくて実績を持っている役者さんを起用して、
視聴者から好評です。

今回、「下町ロケット」が
ビミョーな視聴率になってしまったのは、
キャスティングの影響が大きいかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめの記事