【坂上忍】意見が食い違うサンドウィッチマン伊達みきおさんに対する“高圧的な態度”に視聴者「またか!」

お笑い芸人の伊達みきおさんが10月31日に放送されたフジテレビ系「バイキング」で、
さいたま市議会での「ブルジョア障害者」発言をめぐって、
「バイキング」で司会を務めている坂上忍さんと意見が食い違うシーンがありました。

スポンサーリンク

問題になった発言というのは、
19日のさいたま市議会で吉田一郎さんが
“年収1300万円以上”と言われている伝田ひろみさんに向かって言い放った言葉です。

伝田ひろみさんは車椅子を利用しておられます。

最終的に吉田一郎さんは
伝田ひろみさんに謝罪しました。

市議会議長からも厳重注意を受けるほどの騒動になってしまったのです。

「バイキング」ではこの件を特集していました。

司会の坂上忍さんが
“ブルジョア障害者”発言の是非を熱く語っていました。

伊達みきおさんの見解を訪ねたのですが、
伊達みきおさんは
「ブルジョアっていう言葉自体は要するに『裕福な』ということなんですね」と語って、
続けざま
「だれがこれを聞いて怒ってんのかな?ぜんぜん差別的な言葉ではないような気がするんですけどね」
と主張しました。

坂上忍さんにとって伊達みきおさんのこの発言は
全くの予想外だったようで
少々ビックリしてしまったようです。

「ん??」と首を捻り、
若干表情が厳しくなってしまいました。

「ブルジョアと障害者っていう言葉をくっ付けて、
ブルジョアをも揶揄したようなニュアンスでとても不適切なワードだと僕は思いますけれども」
と伊達みきおさんに向かって反論しました。

決して差別的な言葉じゃないと主張する伊達みきおさんと、
極めて不適切な言葉だと主張する坂上忍さんとのあいだで
意見が完璧なまでに食い違ってしまいました。

スタジオも一瞬ではありますが、
気まずい空気が漂ってしまったのです。

さいごに坂上忍さんは
『えーっと、
収録じゃないので編集のしようがないのでアレですけど…』
と発言しました。

“編集のしようがない”という発言には
伊達みきおさんも怖気付いてしまったようでした。

伊達みきおさんの発言を無いもののように丸め込んでしまったのです。

もし収録なら確実にカットされる発言だと言いたかったのかもしれません。

このような事態にインターネット上では
『この件だけでなく、
随分前に坂上忍がスタジオ全体を自分の意見へ誘導する光景を目にした』

『坂上忍が自分の考え方にそぐわない意見にイラつくのはいつもの事』

『相も変わらずエラそうですね』

という書き込みが目につきます。

ビックリするというよりも寧ろ、
“またかよ”といった反応が多いですね。

そもそも番組司会とか進行という立場なら様々な意見を上手にまとめなくてはなりません。

そのような立場にいる坂上忍さんが、
高圧的な態度で自分自身の考え方を押し付けるのは間違っているとしか言いようがありません。

それが彼の芸風とは言え、
行き過ぎていると言っていいでしょう。

今現在のイケイケの坂上忍さんに何を言ったところで聞く耳を持っているとは到底思えません。

スポンサーリンク

おすすめの記事