【ピラミッド】
ギザのピラミッドとスフィンクスは
「文明以前」から存在していた?!
80万~1万2千年前に
宇宙人が作ったのか?!

 

ギザのピラミッド(pyramid)は「世界七不思議」の中の一つです。

エジプト第四王朝のファラオ、クフ王の墳墓として紀元前2560年ころに建築されたと言われています。

ですが、異論を唱える人が多いのも事実です。

実は、建造年代が定説から大きくズレる可能性があります。

ピラミッド(pyramid)

ニュースサイト「AncientCode」によると、
何と、ギザのピラミッド(pyramid)は
1万2千年前に建造された可能性があるといいます!

その大きな理由はピラミッド(pyramid)の周囲に高く積み重なっているシルト(沈泥)と古代の貝がらだといいます。

ピラミッド(pyramid)の周囲には約4.2メートルものシルトの堆積があります。

ピラミッド(pyramid)自体にも洪水の被害を受けた痕跡があるようです。

スポンサーリンク

しかしながら、紀元前5000年以降は大きな規模の降雨は記録に残っていません。

ピラミッド(pyramid)が建っているギザ台地もナイル川から約8kmも離れています。


写真は「gettyimages」から引用

また、ピラミッド(pyramid)の周囲から発見された古代の貝がらの年代を測定したら、
1万2千年前の物だと判明しました。

ピラミッド(pyramid)はその時、洪水を受けているはずだといいます。

スフィンクス

古代エジプト文明のもう一つの大きな謎はスフィンクスです。

一般的には「ギザのスフィンクス」は、第四王朝カフラー王の命令で紀元前2500年ころ、「カフラー王のピラミッド(pyramid)」と一緒に作られたと言われています。

「波による侵食」を確認する事ができます。

その事から、何万年も前に建築されたはずだと主張する専門家も結構いるのです。

ウクライナのある専門家は、鮮新世(520万年~160万年前)ころ、
ナイル川に流入した海水が徐々に同地を浸水していって、
約80万年前の更新性カラブリアン期には、
スフィンクスの一番高い侵食付近まで海面が上昇していたと主張しています。

要するに、80万年前からスフィンクスは存在していたのだといいます。

ただし、ボストン大学のロバート ショック先生は、
スフィンクス本体や周囲の囲いに雨による侵食が確認できる事から、
長期間にわたって大量の雨が降り注いだ紀元前7000年前ころに建築されたのではないかと考えているようです。

また、学者のジョン アンソニー ウェストさんも1万年ほど前ではないかと主張しています。


写真は「gettyimages」から引用

1万年前なら、1万2千年前というピラミッド(pyramid)が建築された年代とも一致します。

いずれにしても、
エジプトに人間が定住し始めたのは紀元前5000年ごろですので、
古代エジプト文明以前から存在していた何者かが作ったという事になります。

一説によると、ギザのピラミッド(pyramid)は
「1万2千500年前に宇宙人が建造した」と言われています。

ひょっとしたら、真実なのかもしれません……

これから先の更なる研究に期待したいところです。

スポンサーリンク

おすすめの記事