【ニビル】太陽の影に隠れる
ミステリアスな惑星が激撮される!
やはりニビル(プラネットX)は
地球に接近しているのか?
地震&噴火連発で世界が終了?

太陽の左下にニビル(プラネットX)が接近?

何千年に1回の割合で太陽系に到来すると言われているニビル(プラネットX)は、
実際に存在するのでしょうか?

ニビル(プラネットX)が存在するとしたら、地球に接近した際にはどのような影響があるのでしょうか?

先日アメリカミシガン州で撮影された太陽の写真をよく見てみると、
太陽光線に紛れこむように天体が寄り添っているのがわかります。

コレは太陽系に接近しているニビル(プラネットX)なのでしょうか?


写真は「MrMBB333」から

2018年12月7日にユーチューブで、このミステリアスな天体が紹介されました。

再生回数は早くも20万回を突破しそうな勢いです。

言うまでもなく様々な臆測を呼んでいます。

スポンサーリンク

太陽の左側下方に存在している天体は、
パッと見ではレンズフレアのようにも見えますが、
同じ程度の大きさの黄色の丸いレンズフレアが
カメラが動くたびに揺れ動いているのに対し、
この天体はずっーと1カ所に留まったままです。

どうやら単純なレンズフレアではないみたいです。

やはり天体の可能性があるようです。


写真は「MrMBB333」から

普通に考えればレンズフレアの反射と関係がありそうな気がしますが、コレは動いてません。

動画の解説によると、撮影者は場所を変えながら3カ所で撮影したそうですが、
どの場所からもこの天体を確認する事が出来たようです。

動画は「MrMBB333」から

思わず上空を確認したくなりますが、
東京上野の空を見上げたところで太陽の近くにこうした天体を確認する事は出来ません。

地球から見て太陽の裏側にいる何らかの存在が、何らかの事情があってほんのちょっとだけ姿を現したのでしょうか?

それともニビル(プラネットX)がもうすぐそこまで来ているという事なのでしょうか?

第9惑星=ニビル(プラネットX)?

コメント欄にも様々な事が書きこまれています。

「現実問題そこに存在して地球に近づいています。

近づけば近づくほど、もたらされる被害がより大きくなってしまいます」

「私も同様の写真を3か月以上に亘って撮影しました。

どの写真を見ても同じ場所にその存在を確認する事が出来ました。

レンズフレアでないことは確かです。

間違いなく何かがそこにいます」

一部の人達からコレはニビル(プラネットX)に違いないとの声が上がっていますが、
彼等の話ではニビル(プラネットX)の大きさは地球の10倍で、
三千六百年の周期で太陽の周辺を楕円軌道を描きながら公転しているといいます。

そして今、ニビル(プラネットX)は太陽に接近しているといいます。

ニビル(プラネットX)が太陽系内に突入してしまえば、
地球もその重力の影響を受けて
大地震や大噴火、或いはポールシフトが起こって
地球の環境が激変してしまって
人類を含む生物が死滅してしまう可能性さえあるようです。

言うまでもなく最悪のケースでは
ニビル(プラネットX)が地球と衝突する可能性もあるようです。

NASAをはじめ科学界では
太陽系にそのような惑星は存在しないという見解が大半を占めています。

ですが、一部の科学者は太陽系に未知の惑星が存在する可能性を訴えています。

2018年10月にアメリカカーネギー研究所のチームが、
すばる望遠鏡で、太陽系の彼方の天体「2015 TG387」を発見しました。

「ゴブリン」と名づけられた氷の準惑星は
太陽の周りを1回公転するのに3万年以上かかるそうです。

このような準惑星の発見がこの先も続くようなら、
近い将来、第9惑星を発見出来るかもしれません。

はたして第9惑星=ニビル(プラネットX)なのでしょうか?

そしてニビル(プラネットX)は地球に接近してきているのでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめの記事