プラスネジとマイナスネジがある理由

 

皆さん、プラスネジとマイナスネジが存在する事を不思議に思った事はありませんか?

色々な物に使われるネジはご承知のように頭部に「プラス」「マイナス」、その他にも「六角」「星型」とバラエティーに富んだ種類の溝があるのです。

スポンサーリンク

ですが、どうしてこれほどまでに幾つもの種類のネジが存在するのだと思いますか。

本日はプラスネジとマイナスネジがある理由についてお話させて頂きます。

 

ネジのヒストリー

 

ネジの歴史を調査したところ一番初めに生み出されたのはマイナスネジのようです。

ですが、使用する範囲が広まるにしたがって、マイナスドライバーでネジ頭を回す際にドライバーの先端部が横に滑って溝から外れるような事が多くて、何とかならないものかと考えるようになっていったのです。

そんな訳で新しく作り出されたのがプラスネジだったのです。

プラスドライバーはどれだけ力をいれても横滑りしないので、作業中も安心です。

余談ですが1935年にアメリカのフィリップス社がプラスネジを開発し、特許を申請しました。

 

プラスネジの長所と短所

現段階で、90%のネジはプラスネジです。

プラスネジはネジ頭部の溝とドライバーの先端部を合わせた時、無理なくネジに真っ直ぐ力を入れる事が出来るので、作業しやすいのです。

それと、プラスネジの溝とドライバーはフィットしやすいのでほとんど滑ることがありません。

高速回転するネジ締め機でも使用できるのです。

こんな感じでプラスネジは利点が多い事もあって、今現在流通している家具や器材には、ほとんどのケースでプラスネジが使われているのです。

プラスネジは強く締るという点で言えば理想形です。

ですが、プラスネジは溝に水が溜まってネジが錆びてしまう事がありますし、ゴミが詰まったりするとドライバーの先端部が入りづらくなります。

このようにデメリットもあるんです。

それと、大きさの合っていないドライバーでネジを強引に回してしまうとネジの溝がつぶれてしまって、俗にいうネジをなめた状態になってしまうのです。

なおプラスネジを日本で最初に採用したのはホンダの創業者、本田宗一郎さんらしいです。

 

マイナスネジの長所と短所

プラスネジのほうが扱いやすいのであれば、マイナスネジがなくなっても良い気もします。

ですが、依然としてマイナスネジが無くなる事はありません。

それにはきちんとした理由があるんです。

マイナスネジは水とかゴミが詰まったりはしません。

マイナスネジですと、水がかかった時も溝にそって外へ流れてくれます。

ゴミが詰まった時もつまようじを使って簡単に取り出せます。

そのため、日常生活で人の手が届きにくい場所とか汚れやすい場所に使われるケースが目立ちます。

水回りでもマイナスネジが使われているケースが目立ちます。

ネジ山をなめにくいこともマイナスネジのメリットです。

ですが、マイナスネジは溝とドライバーの先端がずれやすいので効率よく作業したければプラスネジのほうが確実に優れています。

マイナスネジを利用する機会は年々減ってしまってマイナスネジを扱うお店も減少して来ているようです。

お互いのデメリットをフォローする形で今でも両方のタイプのネジが存在し続けるのです。

このような理由があってネジを統一する事はしていないのです。

スポンサーリンク

おすすめの記事