那須川天心VS
フロイド・メイウェザー・ジュニア

この試合見ましたが、マッチメイクに問題があったのではないでしょうか?

まずもって、5キロ近い体格差があって、ボクシングの試合をやるのは無理があるでしょう。

随分前に、K1でチャンプアとアーネスト・ホーストが戦った事がありますが、
明らかに体重差があり過ぎました。

顔面パンチありの打撃系格闘技での5キロ差というのは相当なものです。

スポンサーリンク

こんなマッチメイクは選手を潰してしまいかねません。

ひょっとしたら、興行側は儲かって成功したと思っているのかもしれませんが、
ちょっと疑問が残ってしまいますね。

今後、那須川天心はどうするんでしょうね。

個人的にはキックに専念して
かつての藤原敏男さんを超えるようなキックボクサーになってもらいたいと思っています。

恐らく那須川選手はフロイド・メイウェザー・ジュニアと互角に戦えると思っていたのではないでしょうか?

ここまで負け知らずで
自分の力量を過信していたのかもしれません。

今後の那須川選手に注目して行きたいと思います。

スポンサーリンク

おすすめの記事