NASA発表、
エイリアンは地球で
「発見されてないだけ」

NASA(アメリカ航空宇宙局)は12月3日に発表した論文の中で、エイリアン(eirian)について触れました。

エイリアンは今の私達では予想さえ出来ないような外見をしているので、
発見されないでいるだけかもしれないと主張しました。

「私達みたいに炭素でできている生物とはまるで違う可能性がある」との事です。

 

エイリアン(eirian)は既に地球に来ている?

カリフォルニア州にあるNASA(アメリカ航空宇宙局)エイムズ研究センターのシルブァノ コロンバアノさんは、
12月に発表した論文の中で、
生物は全て炭素ベースで出来ている、といった固定観念は捨ててしまい、
更に広く地球外生命体を探索しなくてはならないと訴えました。

スポンサーリンク

「私達が発見する可能性がある知的生命体、そして私達を発見しようとしている可能性のある知的生命体は、
私達みたいに炭素でできている生物とはまるで違う可能性がある」
とシルブァノ コロンバアノさんは主張しています。

深く根づいてしまった常識を疑ってみる必要があるのかもしれませんね。

シルブァノ コロンバアノさんの話では、
炭素以外でできている地球外生命体が存在したとしたら、
知的生命体に関して我々が持っている現在の考えは大幅に変更しなくてはならなくなるようです。

「エイリアン(eirian)は、我々のような尺度の寿命の制約がありません。

我々人間には不可能な星間旅行をしている可能性があります。

エイリアン(eirian)は、極小な超知能体かもしれません」
(シルブァノ コロンバアノ)

 

UFOにも本物があったかも

「私達が発見する可能性がある高度な知性やテクノロジーについて新しい仮説を採用すれば、
大半が作り話として片づけられてしまうUFOの目撃情報の中にも、
いずれかの仮説にピッタリ合うものがある可能性があります。

そうなったら、本格的な調査が始まるでしょう。

エイリアン(eirian)の文明が我々人間と比較すると発達し過ぎているために、
人類はエイリアン(eirian)のテクノロジーを認識する事さえ出来ない可能性もあるでしょう。

シルブァノ コロンバアノさんは、エイリアン(eirian)は「究極的にはロボット的に」なる可能性があると話しています。

『進化を遂げた』知的生命体は、究極的にはロボットのようになるという事なのでしょう。

そうなれば、
生物に関して私達が持っている常識的な思考は全て否定される可能性があります。

スポンサーリンク

おすすめの記事