【南海トラフ地震】
2020年までに発生する?!
2019年1月21日も注意!
紀伊半島~四国の
「スロースリップ」は前兆!?

写真は「気象庁」から引用

先月から今月にかけて、
紀伊半島から四国で怪しげな地震が相次いで発生しています。

気象庁は10月7日、コレらの最大マグニチュード5クラスの地震に関して、
プレートの“滑り”がユックリと起きる「スロースリップ」が原因である可能性が高いと発表しました。

スポンサーリンク

ですが、コレが「南海トラフ地震の前兆じゃないのか」と心配している方も多いようです。

「南海トラフ地震は2020年までに発生する」と主張している専門家もいるわけですし、
この事態を決して甘く考えてはならないでしょう。

スロースリップって何?

スロースリップ現象は「ユックリ地震」「ユックリすべり」「スロー地震」と言われたりもします。

海洋プレートが大陸プレートの下に沈みこむ地域では、
プレート同士の圧力によって固定されています。

ですが、
それがあるタイミングでいっぺんにズレるのが通常の地震で、
ズレがユックリ発生するのがスロースリップ現象です。

先月から、紀伊水道から愛知県にかけて地震が目立っていて、
今月2日には紀伊水道でマグニチュード5.4、最大震度4の地震が発生しました。

気象庁は7日の検討会で、
2018年9月18日以降、
東海、紀伊半島~四国一帯で、
プレート境界の周辺を震源とする「深部低周波地震」を観測している事を明かしました。

因みに、
深部低周波地震というのは、かすかな揺れしか発生しない地震のことです。

GPS衛星の観測データと、海底に設置した音響観測装置のデータを分析した結果、
「紀伊水道沖に沈みこんでいるプレート境界でスロースリップが発生している可能性が高い」と言います。

それでは、今回のスロースリップ現象は巨大地震の前兆なんでしょうか?

アムールプレートの下にフィリピン海プレートが沈みこんでいる南海トラフの周辺では、
過去に、度々スロースリップが発生した地域もあります。

浜名湖の周辺では、
2000年~2004年にかけて長期間にわたってスロースリップが発生しましたが、
コレが東海地震発生の前兆ではないかと指摘する専門家もいました。

更に2006年1月には、
紀伊半島~愛知県で短期的スロースリップが発生して、
西から東へと活動範囲が移動しました。

ゆるやかに小規模な地震が発生する事によって
プレート間の歪(ひずみ)が解消されるのであれば、
そのエリアでは地震を引き起こす潜在的エネルギーが減って、
巨大地震のリスクが低くなると考えたくなるところです。

確かにその様なケースもありますが、
話はそんなに簡単ではありません。

大きすぎる危険信号!

写真は「gettyimages」から

地震学の川崎一朗先生は、著書『スロー地震とは何か?』の中で、スロースリップが巨大地震に繋がる可能性に関して言及しています。

2001年に浜名湖の周辺のGEONET(電子測量システム)観測点で位置データの変位が生じました。

川崎先生が「東海スロー地震」と呼んでいるこのスロースリップでは、
まだ差し迫るほどの危険性は無いとのことですが、
現在発生中のスロースリップでも、変位が大きくなれば南海トラフ地震の前兆になる可能性があるようです。

2020年までに南海トラフ地震発生?

立命館大学の高橋学さんは、
紀伊水道や紀伊半島で発生している地震が、
南海トラフ地震の前兆である可能性に関してハッキリと言及しています。

近年西日本で頻発している大規模な地震、
たとえば2016年4月に発生した熊本地震や同年10月に発生した鳥取中部地震、2018年4月に発生した島根西部地震や6月に発生した大阪北部地震等をあげて、
「コレらは、南海トラフの前兆だと考えて良いでしょう。
前回の昭和南海地震(1946年)の前にも、3年連続で大規模な地震が発生していたからです」
「2020年までに南海トラフ地震が発生する確率はかなり高いです」と注意勧告しています。

要するに、もう2年位しか猶予がない事になります。

過去の地震データを比較して判明した
驚きの事実

今日にでも南海トラフ地震が発生しても不思議ではないと主張する専門家がいるいっぽう、
1946年の昭和南海地震から72年しか経過していない事から、
まだ早いという意見もあります。

そこで筆者は、
1944年に発生した昭和東南海地震と現在の、
それぞれ過去5年間に遡って(さかのぼって)
「西日本でマグニチュード5オーバーの地震が発生した場所と頻度」を調査して見ました。

そうすると、両方の震源分布が非常に似ているのです。

島根、鳥取、紀伊半島等でも内陸地震が発生した事は見逃せません。

今までのところ
紀伊水道から紀伊半島にかけて規模が小さい地震は多いですが、
マグニチュード5オーバーの地震は少ないみたいです。

マグニチュード5オーバーの地震が今後増えて来るようなら、
更なる注意が必要でしょう。

イメージ写真:「gettyimages」から

スーパームーン前後はとくに要注意

コレまで筆者は、
月が地球に最接近する“スーパームーン”の前後が、
とくに大地震の発生に注意が必要だと注意勧告してきました。

それでは直近、スーパームーンの直後にどのような大地震が発生したかと言いますと、
6月14日のスーパームーン(新月)の4日後、
大阪北部地震(マグニチュード6.1)が発生して大きな被害をもたらしました。

2019年はスーパームーンが6回(1/21、2/20、3/21、8/01、8/30、9/28)と多いです。

過去の南海トラフ地震が全て7月~2月に発生している事を考えれば、3/21以外の5回は厳重に警戒するべきです。

黒潮大蛇行終わったらマジでヤバい!

コレまでに黒潮大蛇行の期間中は南海トラフ地震が発生していない事がわかっています。

現時点では大蛇行が続行中で、
いつ終わるかは見通しが立っていません。

黒潮大蛇行がいつ終わるかは、極めて重要です。

南海トラフ地震は、
南海・東南海・東海いずれのエリアで発生しても、
マグニチュード8クラスの巨大地震になると考えられています。

被害状況によっては2020年に開催予定の東京五輪が吹っ飛んでしまうかもしれません。

先ごろ開催が決定した2025年の大阪万博も中止になるかもしれません。

確実に日本の存亡に関わる国難になるこの巨大地震の発生を、僅かでも予見出来る様に、
この度指摘させて頂いたスロースリップをはじめ
異変に注目して行きたいと思います。

スポンサーリンク

おすすめの記事