南海トラフ地震を1週間前に
予知する方法が発見された?
巨大地震が発生する前に
聞こえてくる音にヒントが!

写真は「machine Learning Predicts Laboratory Earthquakes」
から

米地球物理学連合(AGU)が発行する「ジオフィジカル リサーチ レターズ」に注目に値する論文が掲載されました。

地震が発生する前には、地下で岩盤がすれあうので音が生じます。

岩盤がすれあう音を解析する事で地震を予知出来る可能性があるようです。

この手法が確立して、しっかりとした地震予知システムが完成すれば、
南海トラフ地震をはじめ大地震の発生を1週間前に予知する事も不可能ではないそうです。

それでは、研究の詳細を紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

ヤバすぎる地震の前兆音 !

論文の著者であるイギリス ケンブリッジ大学のコリン ハンフリィズさんは、
「地震が発生する前には、岩盤が音をだします。

この音は、岩盤の表面が別の表面とすれあって鳴っている音です」
と語っています。

その音はドアがきしむ時の音にソックリなのだそうです。

但し、この音は研究室内で人為的に発生させた地震によって確認されたものです。

実際に地震が発生する前に観測されたわけではありません。

とは言え、ハンフリィズさんの話では、
地震が発生する1週間前には前兆音が生じるようです。

この岩盤が発する音を正確に捉える事が出来れば、地震予知の歴史が大きく変わるでしょう。

地震が発生する前に、地下で岩石圧縮と破壊が起きる事によって電流や電磁波が生じます。

ですが音に着目する人はほとんどいませんでした。

但し、少数の専門家のあいだではこうした音の存在がかなり前から認識されていたようです。

例えば、京都大学の石田毅先生は、
肉眼で見る事が出来ない地盤、岩盤の動きを
破壊音探査技術を使用してモニタリングして、データを解析する事で、
災害を事前に察知する研究を行っていました。

1999年には『岩石破壊音の科学』という著書を出していて、先駆的な研究と言ってもよいでしょう。

スポンサーリンク

音を利用した地震予知システムは
完成するのか?

それでは、こうした音を利用した地震予知の研究で、今後の課題になるであろうポイントは何でしょうか?

私の意見を言わせて貰うと、以下のようになります。

① こうした地下の音は、そんなに遠くまで伝わるとは思えません。

ピンポイントでの計測が必要になるので、
各地に数多くの計器を設置する必要があって、
政府や自治体がかなりの予算を投じなければなりません。

② 現実的な事を言えば、まず南海トラフ地震をはじめ大地震が発生するリスクが高いと考えられているエリアに集中的に設置する事が望まれるでしょう。

又、こうした計測機器を海底に設置する事は困難であるため、内陸で発生する地震の予知だけが対象になるかもしれません。

③ 今現在、測量を目的とした「電子基準点」が全国におよそ1,300カ所設置されていて、常時GPSデータを自動送信しています。

ですので、音の検知システムが実用的な段階に入ったら、同じ様なシステムを構築する事は可能だと考えられます。

 

昔の人が感じとっていた
「地鳴り」との関連性!

写真は「machine Learning Predicts Laboratory Earthquakes」から

地震に関係性のある音としては、揺れが生じる前に響き渡る「地鳴り」が古くから有名です。

ですが、電気通信大学の早川正士先生は、
「地震予知と地鳴りの関係は未だに科学的に解明されていません。

地鳴りを地震の前兆として考えるのは現時点では無理があります」と語っています。

又、東海大学の長尾年恭先生も、
「地鳴りの研究に没頭している人の話は聞いた事がない」と語っています。

このように、たくさんの専門家が否定的な態度を示しているのは事実です。

ですが「大地震が発生する前に地鳴りが聞こえた」という類の話が星の数ほどあるのも紛れもない事実なんです。

1995年に発生した阪神 淡路大震災(マグニチュード7.3)の前兆現象に関する情報の提供を呼びかけたところ
何と1500通以上の報告が集まりました。

大阪市立大学の弘原海(わだつみ)清先生(故人)が『前兆証言1519!』としてまとめました。

『前兆証言1519!』の内容は、全証言の11%に当たる189の証言が大地の変化に関するものです。

そのうちの27%が地鳴りについてです。

とくに多かったのが地震が発生する数日~数時間前に「ゴー」「ヒュー」「ドン」という地鳴りが聞こえたという事例です。

その中には発光現象に伴って地鳴りが聞こえたという報告もあります。

このように、巨大地震が発生する前に数えきれないほどの人が地鳴りを聞いている事も、又事実です。

決して無視出来るものではありません。

又、東北大学の石渡明先生は、
「地震の前兆の可能性がある自然現象」という題名のwebページで、
地鳴りに関して言及しています。

『1854年7月9日の安政伊賀上野地震(マグニチュード7.3)が発生した際には、
本震が発生する3日前から地鳴りが始まって、本震の2日前には強い前震が2回起きて、
更に地鳴りが盛んになったという記録がある』と紹介しています。

東京工業大学の力武常次先生(1921~2004)は、
「何らかの真実を含んでいるとすれば、そのデータをなんとかして科学の対象にする事は、専門家のとるべき態度であろう」
という信念から、
宏観異常現象に関するデータの収集も精力的に行っていました。

そして、力武さんが関東大震災の前兆現象に関する情報の提供を呼びかけたところ
900件以上の報告が寄せられました。

地鳴りに関する報告は179件もあったのです。

その中には関東大震災が発生する数日前、数カ月前、およそ1年前から地鳴りが聞こえたという報告もあったようです。

力武さんは、徹底的に調査した結果、関東大震災が発生する1年ほど前から確実に相模湾で地鳴りが発生していたと結論づけました。

更に最近の例を挙げると、2016年1月5日に都内で地鳴りを聞いたというツイートがかなりありました。

その8日後の2016年1月13日、千葉北東部でマグニチュード4.9、最大震度3の地震が発生しています。

ひょっとしたら地鳴りは、千葉北東部で発生した地震の前兆だったのかもしれません。

地鳴りの原因は、火山や隕石など様々な事が考えられます。

そのため、全てを地震と結びつけるのは無理があります。

ですが、前述の力武さんが主張したように、
例え僅かであろうとも無視する事が出来ない事例があったら、
専門家は原因の解明を目指すべきではないでしょうか。

 

まとめ

最後まで南海トラフ地震を1週間前に予知する方法が発見された? 巨大地震が発生する前に聞こえてくる音にヒントが!を読んで下さって有難うございます。

ハンフリィズさんが主張する地震前の微細な音が、古来より囁かれてきた地鳴りに含まれる現象なのかは明らかになっていません。

ですが、将来地震予知システムが実用化されたら、たくさんの人の命が救われる事は確実です。

そのように考えれば、
それなりの国家予算を投じる意味もありそうです。

今まで不可能だと考えられていた地震予知への道が拓ける事に期待しましょう。

スポンサーリンク



おすすめの記事