南海トラフ地震の前兆を
キャッチする方法!
2019年は、超大型地震が起きる?

地震の前兆をキャッチするために
熱移送説を利用する

熱移送の際に生じるマグマの動きを正確に追跡する事が可能になれば、その後に起きる地震を極めて高い精度で予知出来るかもしれません。

火山が噴火する時は、1000℃以上になっている超高温のマグマが揺れ動くので、まずは深い場所で低周波地震が起きます。

その後、火口の近くで火山性群発地震が起きると、直ぐに噴火します。

この過程に注目してみると、火山と地震には密接な関係性がある事は明らかです。

全ての活動の根元はマグマです。

日本にやってきた熱エネルギーは、一定のルート、一定のサイクルで、日本列島の地下の温度を上昇させながら移動します。

スポンサーリンク

温められた所は、その上にのっかっている地塊が揺れ動いてしまいます。

その際に地塊の端のほうで地震が起こりやすくなります。

この時に生じる地殻変動を観測してみると、マグマの動きをある程度まで予測する事が可能です。

地震はマグマが原因で起きてしまうと考えられています。

最新のテクノロジーのおかげでマグマが地球の内部でどういった動きをするのか明らかになってきました。

地球の内部では、高温の通り道があって、その通り道に運ばれてくる熱は岩石を溶かしてマグマにします。

そして、マグマが岩盤を膨らませて破壊してしまうので、地震が発生してしまいます。

高温の通り道、要するにルートは決まっているので、地震が発生する場所もある程度決まっています。

過去に起きた噴火や地震を調査してみると、噴火や地震によって生じた熱は一定のサイクルで温度が上昇したり下がったりしているのがわかります。

要するに、地震を引き起こす熱の周期性が明らかになれば、地震が発生する周期も明らかになります。

 

南海トラフ地震の前兆

1854年に起きた安政東海地震、南海地震とその約100年後に発生した南海トラフ地震を比較すると、
発生の過程に極めて共通点が多いことがわかります。

1852年~1856年迄の4年のあいだで、
硫黄鳥島、阿蘇山、富士山、岩木山、洞爺などが大噴火しました。

日本中の火山が噴火しまくっていたのです。

その当時の日本の地下は相当な高温状態で、マグマも活発に活動していたようです。

更に近畿地方~関東迄の広範囲にわたってМ6~7級の大型地震が発生しました。

 

2019年の注意事項

2013年1月~2015年8月迄の箱根山の活動を徹底的に調査してみると、
その前の2010年~2013年迄の活動経過と極めて似ているのです。

何故このような結果になったのかと言えば、
青ヶ島で発生した3回の海底噴火を引き起こしたエネルギーが、そのままそっくり箱根山に送られたからでしょう。

熱エネルギーが北上するスピード、
箱根近郊に至るまでの発生時期、順序などが全て驚くほど似ているのです。

小笠原諸島の西之島の海底火山が2013年11月に噴火して、
2014年10月に伊豆諸島の八丈島でМ5.9の地震を発生させた熱エネルギーは、
2017年の終盤~2019年にかけて、伊豆・相模エリアに到達する可能性が高いです。

要するに、今現在、伊豆・相模周辺地域の地下に大量の熱エネルギーが移動している可能性が高いということです。

この先、1923年に関東大震災が発生した時みたいに
相模川や多摩川のような地震集中帯でМ5~6級の地震が起きてしまうと、
更に大きな直下型地震が発生するかもしれません。

相模川や多摩川で発生する地震は震源が浅いので、被害が極めて大きくなる可能性が高いです。

スポンサーリンク

おすすめの記事