南海トラフ地震が発生したら
第一にやるべき事!

自宅にいる時に南海トラフ地震が発生したとしたら机の下に潜ったりして落下物からあなた自身を守らなくてはなりません。

暫く経って地震のゆれが収まったら、どうすれば生き続ける事が出来るのかを真剣に考えなくてはなりません。

大抵の人は食料の心配をします。

実を言うと物凄く大切な事を忘れてしまっています。

何はさておき水を確保しなくてはなりません。

ここでいう水というのは主として便所に使用するための水です。

スポンサーリンク

災害が発生した時に水があるか無いかは冗談抜きに死活問題です。

とくにマンションで生活している人は
地震のゆれが収まったら即座に自宅のペットボトルや風呂の水を
バケツや洗面器、シンクなど
ありとあらゆるところに貯めておいたほうが良いでしょう。

水道管が破裂してしまうと水は出なくなりますが、
貯水タンクがあれば暫くの間は水が出てきます。

この水を出来るだけ早く自分の部屋に確保しましょう。

人工密集地で南海トラフ地震が発生したら、更に状況は悪化するはずです。

避難所にも公園にも便所はありますが全部水洗です。

水を流す事が出来ない水洗便所は悲惨としか言いようがありません。

自宅の便所が使用出来ないとなれば、考える事は皆同じです。

南海トラフ地震が発生すれば、外の公衆便所で用を足すことになるでしょう。

水が流せないので汚物が溜まってしまい、不衛生この上ない便所が出来上がります。

災害に備えて携帯トイレを常備している人はほとんどいませんので、皆さん外の便所を使用する事になります。

水洗便所で1回流す水の量はバケツ2杯分以上です。

そんな大量の水を使用しているなんて普段は全く気にかける事もないはずです。

ですが、災害が発生すると水の大切さを痛感してしまいます。

もしも、自宅の水が出なくなってしまったら、近くの公園で水を確保しておいたほうが良いでしょう。

えっそんな事して大丈夫なのと思ったかもしれませんが、何はさておき生き延びる事が大切なので、ここは遠慮する必要はありません。

そうしないと他人を助けてあげる事が出来ないのです。

自分自身の命を確保しない事には何も出来ません。

繰り返しになりますが、
災害が発生した時にはまずは水を確保してください。

スポンサーリンク

おすすめの記事