南海トラフ地震が発生して
命をとりとめた後にするべき事

南海トラフ地震をはじめ大規模な地震が起きて、
無事だった場合、その後どのような行動を起こせば良いのでしょうか?

地震後の行動次第で
二次災害によってもたらされる危険を
かなり少なくする事が出来ます。

 

避難する場所を見つける

大きな地震が起きた際に、自宅や居住エリアに居続けるのが危険な場合は、
避難所で生活する事になってしまいます。

スポンサーリンク

 

避難場所の種類

避難場所は大ざっぱに3つに別れています。

1つめは、一時的に避難する場所で、震災が発生した直後に集合する安全なところです。

学校内のグランドとか神社や公園になる事が多いです。

2つめは、「避難所・2次避難所」です。

自宅が倒壊したり焼失してしまって
生活できなくなった人達に
ある程度の期間生活してもらう場所の事です。

主として学校とか公民館になる事が多いです。

3つめは、広域避難所です。

広域避難所と言いますのは
延焼火災などから安全性を確保するために
広い面積を確保出来る場所の事です。

主として大きな公園や広場です。

避難場所に到達するまでの経路をチェック

大きな地震が発生した際には、
全員で声をかけ合って
一時避難場所に集まって初期対応を行ってください。

その後は、状況次第ですが
延焼火災があるようなら一旦「広域避難所」に、
延焼火災が無いようなら「避難所」に避難してください。

ものすごく大切な事なんですが
広域避難所や避難所に到達するまでの経路を予めチェックしておいてください。

阪神淡路大震災が発生した際には、
本震では無事だった塀や家屋が余震で崩れてしまって、
大勢の人が被災してしまいました。

ですので、
極力、木造家屋が密集しているような場所は避けてください。

なるべく広い道を通ってください。

安全な経路を予めチェックしておく事はものすごく大切です。

ブレーカー&ガス栓に注意するべし

阪神淡路大震災が発生した際には、
電気の復旧に伴い、
切れてしまったコードや
こわれた家電製品が原因になって「通電火災」が起きてしまい、
色々と問題になってしまいました。

出火原因が明らかになった231件の火災のうち、
通電火災が85もありました。

ですが、阪神淡路大震災を教訓にして、
新潟県中越地震が発生した際には、
住民がブレーカーを落として避難したり、
電力会社が復旧した際に
住人がブレーカーをきちんと落としているか確認しながら
かなり慎重に復旧を進めて行きました。

そのために通電火災は1件もなかったのです。

更に新潟県中越地震が発生した際には
ブレーカーのみならずガスの元栓を忘れずに閉める事や、
プロパンガスが倒れたりしないようにくくりつける事など、
全員で声をかけ合ってチェックしていたので、
地震が原因の火災はたった9件でした。

家族との連絡方法&集合場所

家族が違う場所にいる時に地震が発生した場合、どのようにして連絡をとるのか、
何処に集合するのかを予め決めておく事も重要です。

新潟県中越地震や阪神淡路大震災が発生した際には、
電話を数十回かけて1回繋がるかどうかという感じでした。

東日本大震災(3.11)が発生した際には
電話が全く繋がらなくなってしまいました。

大規模な地震が発生した際には、
電話は使用出来なくなると考えておくべきです。

災害用伝言ダイヤル

大地震が発生した際に、最も知りたい事は、家族の安否に違いありません。

大きな震災が発生すると
電話が一斉に発信されるので通話規制が行われます。

ただ、
公衆電話だけは問題ありません。

公衆電話は規制の対象外だからです。

ですが、阪神淡路大震災が発生した際には
硬貨の回収作業が追いつかず、
ほとんどの公衆電話が速攻で使用出来なくなりました。

その時の事を教訓にして
NTTは災害規模や被災状況に応じて、
公衆電話と仮設電話をタダにしました。

NTTが提供している災害用伝言ダイヤル「171」は、
電話が通じづらくなるような災害が発生した際に、
キーになる電話番号(自宅の番号など)を介する事で
安否を録音したり
再生して安否を確認できるサービスです。

使用0円、丸2日間保存

発信場所からキーになる番号迄の通話料はかかってしまいますが、
使用料はタダで、丸2日間(48時間)伝言を残しておく事が出来ます。

それと、このサービスは災害エリアを対象にしたものですので、
キーになる電話番号はエリアを特定出来るように
固定電話からかける必要があります。

ですが、伝言の録音とか再生は携帯電話からでもOKです。

尚、「171」は800万コールしか受付出来ません。

ですので、
大都市圏で災害が発生したり、重大な被害が出ると考えられている南海トラフ地震が発生したら
パンクしてしまうかもしれません。

出来る限り不必要な録音は控えなければなりません。

普段から家族間で
災害用伝言ダイヤルを
どのように効率よく使用するのかを
話し合っておいたほうが良いでしょう。

スマホで利用出来る災害用伝言ダイヤル

Docomo、au、Softbank、Ymobileなどでも同じ様のサービスを提供しています。

閲覧やチェックはどの携帯電話会社からでも出来ます。

どの会社も、地震が発生してから30分以内にサービスを開始出来ます。

いざという時でも
災害用伝言ダイヤルを利用できるように、
スマホと一緒に常時モバイルバッテリーを持っておいたほうが良いでしょうね。

又、災害用伝言ダイヤルは自分の安否を知らせたい家族や友人のメルアドを予め登録しておくと、
登録したメルアドに自動的にメールを送信してもらえます。

現実に地震が発生した際に、
家族の番号やアドレスを思い出せなかったりすると困りますし、
予め登録しておく事をお勧めします。

「171」のすれちがい

すれちがいというのは何を意味するのでしょうか?

大地震が発生しても、被害を全く受けていないという人は意外に多いです。

ですが、このような方達は大抵の場合「171」に「無事です、心配しないでください」というメッセージを残しません。

被災エリア外で暮らしている人には、
災害が発生したというニュースだけが伝わって、
自分の親戚や家族が無事でいるかどうかは
電話が繋がらないので全くわからないわけです。

新潟県中越地震が発生した際には、
無事だった当人はメッセージを残さないで、
その人の電話番号を対象にした「171」には、
「元気ですか?」というようなメッセージだけがたくさん溜まってしまいました。

「171」の受付数は無限ではありません。

こうした無駄な録音を極力回避するためには、
全く被害がなかった人達が積極的に「171」を利用するべきです。

スポンサーリンク

おすすめの記事