南海トラフ地震が発生すると
日経平均株価はどうなるの?
この際に儲ける方法は?

南海トラフ地震が発生すると、間違いなく日本の経済は大きなダメージを受ける事になるでしょう。

最悪のケースでは、日本は世界の最貧国になってしまう事さえ考えられます。

国内の経済が大きなダメージを受ければ、
国内の株価のみならず世界中の株式市場にまで大きな影響を与えてしまうはずです。

日経平均株価は今現在、2万円をオーバーしていますが、
南海トラフ地震が発生してしまえば、1万円あたり迄は即座に落ちてしまうでしょう。

スポンサーリンク

株が下がれば下がるほど強烈な連鎖反応が起きてしまい、更に拍車がかかってドンドン落ちて行くはずです。

株価が下落して行く様子をそのまま指をくわえて眺めていては駄目です。

南海トラフ地震が発生すると国内中の投資家はパニック状態になるはずです。

さしあたって僅かでも高値で売りさばこうと株を売りまくるに違いありません。

こういう状況であれば賢い投資家は、空売りを考えるはずです。

空売りと言うのは、本来なら買いから入るところを、
売りから入って株を買い戻す方法です。

株価がダウンしている時にその値幅を儲けるやり方です。

南海トラフ地震が発生すれば、
たぶん日経平均株価は多少上下しながら、
下方向に数日~数か月の時間をかけてダウンして行くはずです。

というわけで最初のタイミングで空売りを仕かけて、株価が落ちていくのをじっと見ていたほうが良いと思います。

売りから入って儲けるのが一番シンプルです。

今のうちに株式口座を作っておいて、空売りに関して勉強しておけば役立つ事があるかもしれません。

それと、復興のためにはインフラ整備が必要になるので、地震が発生した後は、大手建設会社の株が一気に伸びる事はよくあります。

思惑相場ですので、このパターンは長続きしません。

即座に株価が戻る可能性が高いので、狙うにしても短期での取引をオススメします。

いすれにせよ南海トラフ地震などの大地震が発生した場合は、さしあたって自分自身の安全の確保が第一です。

暫く経って余裕が出てきたら株価の先行きを予測し、将来の財産について考えて見るのも良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事