南海トラフ地震と富士山噴火は
2019年に発生?
50メートルのツナミが発生して
数万人の犠牲者?

12月22日にインドネシア クラカタウ火山が噴火した事によって発生したツナミのために、400人以上の方が亡くなって、2千人前後の方が負傷しました。

この事が影響して、最近では「山体崩壊」や「火山ツナミ」に注目が集まっています。

スポンサーリンク

ツナミは前触れも無く襲いかかる

インドネシアで発生したツナミは、火山噴火に伴う山体崩壊が直接の原因でした。

地震が原因のツナミとは違って、火山ツナミは何の前触れもなく突然襲いかかってきます。

ですので避難する余裕がなくて、被害が拡大してしまったのでしょう。

テレビやネットを通してクラカタウ山の噴火を知っていた方もいらっしゃるでしょうが、
まさか山体崩壊して、ツナミが襲いかかって来るとは、誰も想像していなかったのではないでしょうか。

こんな感じで、無防備の状態でいるところに、突然襲いかかって来るところに、火山ツナミの恐ろしさがあります。

地震以外の原因で発生するツナミ

ツナミは、地震が原因で発生するケースが圧倒的に多いです。

その他にも、海底での地滑りや土砂崩れ、ハイパーハリケーン、海上の爆発事故、隕石などの要因で発生するケースがあります。

山体が崩壊したために発生したツナミは地震ツナミと比較するとスケールが小さくなる事が多いです。

ですが、稀に地震ツナミと同規模の大ツナミになる事もあります。

海底火山の噴火に伴う海底地滑りのためにツナミが発生する事は非常に珍しいですが、
現在の徳島県で多くの人が犠牲になってしまった「永正のツナミ」(1512年)は、四国南東沖の海底で発生した地滑りが原因だったのではないかと言われています。

隕石ツナミというのは、名前の通り隕石が落下した事による衝撃波がツナミになる現象です。

隕石ツナミが発生すれば、想像できないほどの破壊力で襲いかかって来るようです。

スピードは超音速に達するらしく、歴史上、全世界で8回発生しているそうです。

およそ6,500万年前にメキシコ湾カリブ海沿岸で隕石ツナミが発生しました。

その事は、ツナミ堆積物から確認されていて、その時のツナミの高さはおよそ300メートルだったと考えられています。

噴火や山体が崩壊したために
ツナミが発生した例

それでは、今回のインドネシアのように、火山の噴火による山体崩壊が原因でツナミが発生した実例を紹介させて頂きます。

紀元前1628年ころ

ミノア文明後期のサントリーニ島でギリシャ ミノア噴火が発生した際には、
地中海で最大数十メートル~100メートル位の大ツナミが発生したそうです。

この時の大災害が、アトランティス大陸伝説や『旧約聖書』の「出エジプト記」に登場する“海が割れる奇跡”の元になったと主張する学者もいます。

1640年7月31日

北海道駒ヶ岳が噴火する前に山体が崩壊したのですが、
その際、高さ10メートル前後の大ツナミが発生して、700人以上の方が亡くなりました。

100隻前後の船が被害を受けました。

1779年11月8日

桜島の安永大噴火が発生した際には、南岳南側中腹が黒煙を上げて爆発しました。

爆発した後に北東沖で海底噴火が始まって、10メートルを超える高さのツナミが発生しました。

船が転覆してしまっておよそ150人の方が亡くなりました。

1792年5月21日

長崎の雲仙岳が噴火した際には眉山(まゆやま)の山体が崩壊してしまい、
有明海になだれ込んでしまった土砂によって10メートルを超える高さのツナミが発生しました。

現在の長崎県島原市周辺と橘湾対岸でおよそ15,000人の方が亡くなりました。

1883年8月27日

インドネシア クラカタウ火山が噴火して、火山灰、岩石、噴煙が上空20,000メートル以上に達しました。

又、山体が崩壊したために30メートルを超える高さのツナミが発生して、36,000人以上の方が亡くなりました。

1958年7月9日

これは火山の噴火が招いたわけではありませんが、山体が崩壊したために発生した破局的危機として紹介させて頂きます。

アメリカ アラスカ州で発生した地震のためにリツヤ湾の斜面が崩落してしまいました。

海中になだれ込んでしまった土砂や氷の塊のために、およそ524メートルの高さの巨大ツナミが発生しました。

524メートルというのは観測史上でも最高記録で、エンパイアステートビルよりも143メートルも高いです。

想像を絶するほどの規模だった事が伺えます。

日本で火山ツナミが発生する場所

地震以外の原因で発生するツナミは、日本に住んでいても無関係ではありません。

火山が噴火したために山体が崩壊してしまってツナミが発生する可能性がある火山は、
北海道=有珠山、北海道=駒ケ岳、北海道=恵山、北海道=渡島大島、山形県 秋田県=鳥海山、静岡県 山梨県=富士山、大分県=鶴見岳、長崎県=雲仙岳、鹿児島県=桜島、
鹿児島県=開聞岳、鹿児島県=薩摩硫黄島などがあります。

スポンサーリンク


日本一の高さの富士山は、実を言うと過去に何回も山体が崩壊しています。

その回数は、過去3万年で最低でも6回です。

最後の山体崩壊は2900年前で、噴火ではなく地震のために山体が崩壊してしまいました。

発生頻度が余りにも低いので、富士山ハザードマップにも取り上げられていません。

完全に「想定外」扱いになっていて、当然のことながら避難計画などあるはずがありません。

この先100年の間に富士山の山体が崩壊する確率は2%ですが、2%と言うのは阪神 淡路大震災や熊本地震と同じ位の確率ですので、決して油断出来るものではありません。

明日、富士山の山体が崩壊しても全く不思議ではありません。

富士山の山体が崩壊して土砂が駿河湾に流れ込んでしまうと、驚くことに最大で高さ50メートルのツナミが発生して、最悪のケースでは、数万人以上の犠牲者が出てしまう可能性もあるようです。

地震以外の原因で発生するツナミは、予想していなかったタイミングで突然襲いかかって来る可能性があるので非常に恐ろしいです。

今回インドネシアで発生したツナミがそうでした。

残念ながら、今の科学では対応する事が出来ないのが現実です。

富士山が噴火すればツナミの高さは50メートル以上になると考えられています。

50メートル以上の高さになってしまうと、近所の高台に避難したところで助かる可能性は極めて低いでしょう。

そんなふうに言われたら富士山の周辺で生活している人は引っ越すしかないと感じるかもしれません。

ですが、先祖代々からの土地を捨てるなんて簡単に出来る事ではありません。

非常に難しい問題です。

これまでに数多くの噴火を予測して的中させてきた琉球大学名誉教授の木村政昭さんは、
ご自身のホームページ上で、富士山が噴火するのは「2014年±5年」だと注意勧告しています。

要するに本年、富士山が噴火して50メートルの火山ツナミが発生しても全く不思議ではないという事です。

更に鹿児島県のシミュレーションでは、
桜島で火山ツナミが発生すると、
僅か2分で12メートルの高さのツナミが到達してしまうと予想されています。

2分で安全な場所に避難するのは不可能と言ってもよいでしょう。

周辺で生活している人は、少しばかり異変があったところで「ああ、又か」と思って気にかけないようです。

常に「ひょっとしたら」という気持ちでいないと、いざという時に被害が拡大してしまうに違いありません。

現実問題として、日本は世界有数の地震国であり、火山国そしてツナミ国でもあるわけです。

地震、火山、ツナミはいつどこで発生しても全く不思議ではない事だけは肝に命じておくべきでしょう。

スポンサーリンク



おすすめの記事