【南海トラフ地震】1月中に発生?
M8クラスの地震の80%が
エルニィニョ現象中に起きていた!
日本列島は超ヤバい時期に突入!

気象庁は11月9日、
太平洋側の赤道の周辺で海面の水温が平年より上昇する「エルニィニョ現象」が発生したと発表しました。

2016年の春に発生して以来ですので、久しぶりの事になります。

短くても来春までは続くようです。

実を言うと、研究の結果
エルニィニョ現象発生中からエルニィニョ現象が終了した直後の期間は
日本で大型地震が発生しやすい事が判明しています。

そして、とくに注意する必要があるのは、
過去に発生した多くの南海トラフ地震がこのタイミングで発生しているという事です。

近々、日本に南海トラフ地震が襲いかかるのでしょうか?

過去のデータを確認しながら検証してみます。

 

スポンサーリンク

エルニィニョ現象

さしあたって、エルニィニョ現象期間中の日本の気候ですが、
暖冬になる傾向が見てとれます。

そして、大気に注目してみると「南方振動」が発生します。

専門的な言い方をすると「エルニィニョ現象 南方振動」(ENSO)といいます。

 

ラニィニャ現象と大型地震

エルニィニョ現象に対して、
太平洋側の赤道の周辺の海面水温が下がる「ラニィニャ現象」に関してちょっとだけお話させて頂きます。

直近ですと昨年度末~今春にかけて発生しましたが、
以前紹介させて頂いたように、
エルニィニョ現象が終息する直前と直後に日本で大型地震が発生しやすい事が判明しています。

私は当初、このタイミングで発生する地震は
海溝型地震である可能性が高いと考えていましたが、
本年度6月に発生した大阪北部地震(マグニチュード6.1)と9月に発生した北海道胆振東部地震(マグニチュード6.7)が断層型地震でしたので、
今後は断層型地震とラニィニャ現象の関係性について詳細に分析しなくてはならないと痛感しています。

 

エルニィニョ現象と大型地震

直近で強いエルニィニョ現象が発生した1997年12月の海面温度

写真は「ウィキペディア」から引用

さて、本題はココからです。

エルニィニョ現象中の日本は
大型地震が発生しやすい傾向にあります。

そして今、まさしく日本はその期間に突入してしまいました。

いい機会ですから、
過去に発生したエルニィニョ現象と大型地震との関係性を
改めてまとめてみる事にします。

16世紀以降に日本を襲ったマグニチュード8以上の地震に関して、
発生したタイミングで分類してみると、以下のようになります。

写真は「getty images」から

エルニィニョ現象発生中: 9回
エルニィニョ現象終息直後~翌年: 6回
その他: 3回
合計: 18回

驚くことに、
全18回のうち9回がエルニィニョ現象が発生している最中の出来事です。

更にエルニィニョ現象の終息直後、或いは翌年まで含めて計算すると、
15回になります。

要するに、
マグニチュード8オーバーの地震の80%は、
エルニィニョ現象発生~エルニィニョ現象が終息する翌年までの間に起きているという事です。

 

エルニィニョ現象中&
エルニィニョ現象が終息した直後に
大型地震が発生した例

16世紀以降に発生したエルニィニョ現象中、またはそのエルニィニョ現象が終息する翌年までに発生した大型地震の実例を示します。

なお、16世紀~19世紀に発生したエルニィニョ現象のデータは、
あくまでも過去の気象に基づいた推定ですのでご理解ください。

今回は極めて顕著な事例だけを紹介させて頂きます。

ですので、上記で示した数字と多少の誤差が生じています。

【エルニィニョ現象の期間】1605年
1605年2月3日: 慶長地震(南海トラフ地震説も) マグニチュード7.9~8

【エルニィニョ現象の期間】1703~04年
1703年12月31日: 元禄関東地震 マグニチュード8.1~8.2

【エルニィニョ現象の期間】1707~1709年
1707年10月28日: 宝永地震(南海トラフ全域) マグニチュード8.4~8.6

【エルニィニョ現象の期間】1790~93年
1793年2月17日: 寛政地震 マグニチュード8~8.4

【エルニィニョ現象が終息した翌年】1854年
1854年12月23日: 安政東海地震 マグニチュード8.4
1854年12月24日: 安政南海地震 マグニチュード8.4

【エルニィニョ現象の期間】1891年
1891年10月28日: 濃尾地震 マグニチュード8

【エルニィニョ現象の期間】1896~97年
1896年6月15日: 明治三陸地震 マグニチュード8.2~8.5

【エルニィニョ現象の期間】1946年春~1947年春
1946年12月21日: 昭和南海地震 マグニチュード8

いかがですか?

これだけの事例が全部偶然に起きたとは考えられません。

写真は「ウィキペディア」から引用

エルニィニョ現象と南海トラフ地震の関係性

南海トラフ地震は、今の私達にとって最大関心事の一つでしょう。

南海トラフ地震だけに限定した場合、
エルニィニョ現象が発生する時期と関係性があるのでしょうか?

16世紀以降に発生した南海トラフ地震に関して調査してみると、
以下のような結果になりました。

エルニィニョ現象発生中: 2回
エルニィニョ現象が終息した直後~翌年: 3回
その他: 1回
合計: 6回

南海トラフ地震だけに限定しても、80%はエルニィニョ現象と時を同じくして発生していたのです。

エルニィニョ現象が発生した今、
南海トラフ地震が発生する可能性が
グッと高まったと考えるべきではないでしょうか。

写真は「getty images」から

以上に示した分析も踏まえて、私が発見した事をまとめてみます。

エルニィニョ現象が発生している期間中は、
世界中でマグニチュード8オーバーの
大型地震が発生しやすい

日本では、エルニィニョ現象が発生している期間中、およびエルニィニョ現象の終息直後から翌年にかけて
南海トラフ地震を含め大型地震が発生しやすいです。

 

エルニィニョ現象の影響を受けて発生する
大型地震は、
関東以西で発生するケースが多い

実を言うと、以前から海外の一部の科学者も同様の分析をしています。

たとえば1995年に「ニューヨーク タイムズ」紙で紹介された
地球物理学者ダニエル A オーカーさんの研究では、
そもそもエルニィニョ現象が発生した際の海水温上昇は地殻活動に影響された結果で、
必然的に地震の発生と繋がるのではないかといいます。

このような事を頭に入れておけば、
将来的に役立つ事もあるはずです。

なぜなら、
少しでも発生条件を理解していれば、
防災意識が高まるからです。

繰り返しますが、今の日本は南海トラフ地震が発生しやすい時期に突入しています。

特に西日本で暮らしている方は、もう一度備えをしっかりと確認して頂きたいです。

スポンサーリンク

おすすめの記事