南海トラフ地震をはじめ
地震が発生した際に、
家の中で安全な場所!

南海トラフ地震をはじめ地震が発生した際に、家の中にいたとしたら、どこに隠れたら良いと思いますか?

地震が発生した際に、家の中のどこにいれば安全なのかお話しさせて頂きます。

安全性を確保するためには以下の3つの事を満たしていなければなりません。

1.落下物や転倒物が少ない場所

2.窓が少ない場所

3.閉じ込められてしまう可能性の少ない場所

以上の条件を満たしている場所はどこだと思いますか?

実を言いますと、玄関は結構安全なんです。

物も多くないですし、大抵の場合ガラスもありません。

スポンサーリンク

何と言っても、玄関は出入り口ですので、万が一の自体が起きた時に避難しやすいのは確かです。

防災対策のためにも玄関にたくさん物を置いたりしないでください。

大きな家具とか吊り戸棚に重たい荷物を入れたりするのもNGです。

それと、地震が発生した場合、発生直後に家の外に出てはいけません。

極めて危険です。

振動が無くなるまで家の中で頭部を保護しながら過ごしてください。

地震が起きたら玄関は開けっぱなしにしておきましょう。

家が傾いて扉を開ける事が出来なくなると閉じ込められてしまいます。

絶対に出口は確保しておかなければなりません。

以前は家の中なら便所が安全だと言われていた時代がありました。

便所は小さな個室内に頑丈な柱があるので、潰れにくかったからです。

ですが、現在は昔のように頑丈に作られていないケースが多いのでオススメできません。

更に個室なので、振動のために建物が傾いてしまって扉が開かなくなってしまうと、脱出出来なくなります。

便所に避難するのはNGです。

 

2階建ての家のケース

家が倒壊してしまった場合1階にいるより2階にいたほうが生存率が高いです。

地震が発生して建物が倒壊すると、ほとんどの場合1階から潰れます。

慌てふためいて1階に降りたりしないでください。

2階にいた場合は、冒頭で条件として挙げた、
家具が少なくて、窓ガラスから遠く、
閉じ込められる可能性が低い所に身を潜めなければなりません。

いかがでしたか?

南海トラフ地震をはじめ地震が発生した際に、パニックにならないためにも、今回お話しさせて頂いた事をしっかりと頭に叩き込んでおいてください。

スポンサーリンク

おすすめの記事