【南海トラフ地震】
危険なエリア&安全なエリア!
ショッキングな原発被害予想!

南海トラフ地震が起きた際に、
とりわけ被害が大きいと思われる危険なエリアと
反対に被害が小さいエリアは何処なのかを調査しました。

 

被害が小さいと思われるエリア

北海道
秋田
青森
岩手
山形
宮城
福島
栃木
群馬
新潟
富山

南海トラフ地震が発生した際に
被害が小さくて済むと考えられているエリアは東日本側です。

とりわけ日本海側は安心だと言われています。

スポンサーリンク

被害が0ではなくて、
被害が小さくて済むという言い方をしているのは、
南海トラフ地震が発生すれば
どのエリアでも地震によるゆれは多少なりともあるはずですので、
何かしら人的被害が出るかもしれないからです。

又、上記のエリアでも一時的に断水しなくてはならない可能性はありますし、
南海トラフ地震によって被害を被ったエリアから
物資が送り届けられなくなって生活に支障があるかもしれません。

ですので、そのような意味においても被害が0ではないという事なんです。

 

危険なエリアは何処?

先程述べたエリア以外は、大きな被害が出ると考えられています。

中でも、とりわけ危険なエリアは何処なのかを詳細に見て行こうと思います。

さしあたって、
被害の大きな都道府県をざっくりと把握出来るように、
ランキングにして発表させていただきます。

自分がどの程度危険なエリアに住んでいるのか
イメージしやすくなるはずです。

 

【10位】 大阪府

死亡者数:7700人

倒壊する建築物:33万7000棟

ツナミの高さ:最大5m

ツナミが到達する時間:最短59分

 

【9位】 愛媛

死亡者数:1万2000人

倒壊する建築物:3万1000棟

ツナミの高さ:最大21m

ツナミが到達する時間:最短19分

 

【8位】 大分

死亡者数:1万7000人

倒壊する建築物:19万2000棟

ツナミの高さ:最大15m

ツナミが到達する時間:最短18分

 

【7位】 愛知

死亡者数:2万3000人

倒壊する建築物:38万8000棟

ツナミの高さ:最大19m

ツナミが到達する時間:最短9分

 

【6位】 徳島

死亡者数:3万1000人

倒壊する建築物:13万3000棟

ツナミの高さ:最大24m

ツナミが到達する時間:最短6分

 

【5位】 宮崎

死亡者数:4万2000人

倒壊する建築物:8万3000棟

ツナミの高さ:最大17m

ツナミが到達する時間:最短16分

 

【4位】 三重

死亡者数:4万3000人

倒壊する建築物:23万9000棟

ツナミの高さ:最大27m

ツナミが到達する時間:最短4分

 

【3位】 高知

死亡者数:4万9000人

倒壊する建築物:23万9000棟

ツナミの高さ:最大34m

ツナミが到達する時間:最短三分

 

【2位】 和歌山

死亡者数:8万人

倒壊する建築物:19万棟

ツナミの高さ:最大20m

ツナミが到達する時間:最短二分

 

【1位】 静岡

死亡者数:10万9000人

倒壊する建築物:31万9000棟

ツナミの高さ:最大33m

ツナミが到達する時間:最短三分

 

高知、和歌山、静岡は
とくに避難する事が難しい

 

① 静岡

静岡は南海トラフ地震が発生した際には
最も被害が大きくなると考えられています。

理由はツナミによる浸水が想定されているエリアでは、
ほとんどが10分以内でツナミが到達するからです。

最も到達時間が長いエリアでも
30分以内にツナミが襲いかかって来ます。

30分の時間があったとしても近くに安全な高台がなかったり、
仮に高台があったとしても
スムーズに避難出来なければ、
ツナミに巻き込まれてしまうでしょう。

静岡は、
ツナミが浸水すると想定されているエリアは
全て避難する事が困難だと考えておくべきです。

南海トラフ地震が発生した際には
約三分間、強くゆれ続けると考えられています。

ですので、ツナミが数分で到達してしまうエリアでは避難する事はかなり難しいはずです。

ゆれている最中にツナミがきたり、
ゆれが静まって、いざ避難しようとした時には
既にツナミが目の前まで来ているという事になりかねません。

そのような事も考慮して、
死亡者数が10万人をオーバーするだろうと考えられています。

 

静岡県で避難する事が難しいエリア

静岡市駿河区
静岡市清水区
浜松市西区
浜松市南区
沼津市
富士市
磐田市
焼津市
掛川市
袋井市
下田市
湖西市
伊豆市
御前崎市
牧之原市
賀茂郡南伊豆町
賀茂郡松崎町
賀茂郡西伊豆町
榛原郡吉田町

経済的に余裕があるのでしたら、
ケチったりせずにシェルターを購入するのもオススメです。

どうしてもその地域で暮らさなくてはいけないというのであれば仕方ないですが、
特別な理由が無い方は引っ越しても良いでしょう。

上記のエリアでは、近くに避難タワーがあったとしても
避難しようとしても間にあわないかもしれません。

常に正しい情報を収集して、
地震が発生する可能性が高まっていると感じれば
自主的に避難する事も大切です。

ついでながら
以前、中国で地震が発生する事を危惧して、
周辺の住民全員を避難させた後に
巨大地震が襲いかかって来て
数人の被害で済んだという実話があるそうです。

 

浜岡原発事故が発生すれば
更に被害が大きくなる

浜岡原発は御前崎市にあります。

御前崎市は震度7、
19mのツナミが襲ってくると想定されているエリアです。

原発事故が発生する危険性はじゅうぶんにあるでしょう。

 

原発事故が発生するとどうなるの?

万が一、浜岡原発で地震とツナミによって、大規模な事故が発生したら、
どのような被害が出るのかを専門家に予想して頂きました。

恐ろしい事に、
御前崎市周辺で生活している方の約90%が
即死してしまうかもしれない
のだそうです。

その後の被害に関しては
風向きとか風速によって変わります。

風向きが
最も人口の多い首都圏に向かっていると仮定すると、
地震やツナミによって交通網が遮断されてしまって、
短期的に避難する事が困難になる事を前提にすると、
放射能の影響で
「ガン」や「白血病」で
将来的に300万人以上の方が
死亡するだろうと予測されています。

逆に人口の少ないエリアに風向きが行ったとしても、
放射能による死亡者数は
南海トラフ地震が発生した際の想定死亡者数30万人を簡単に超えてしまうと考えられています。

出来る限り原発の被害を減らしたいのであれば、
移住を選択肢の1つに入れても良いでしょう。

 

和歌山

静岡の次に被害が大きくなると考えられているのは和歌山です。

以下に示すのが避難する事が難しいと考えられているエリアです。

御坊市
田辺市
新宮市
日高郡美浜町
日高郡日高町
日高郡印南町
日高郡みなべ町
西牟婁郡白浜町
西牟婁郡すさみ町
東牟婁郡那智勝浦町
東牟婁郡太地町
東牟婁郡串本町

和歌山の東牟婁郡串本町は、
二分でツナミが到達してしまいます。

二分と言うのは
被害が想定されているエリアの中でも最短時間です。

東日本大震災(3.11)が発生した際には
約三分間、強いゆれが続きました。

長い時間大きくゆれるのは
海溝型地震の特徴と言えます。

南海トラフ地震が発生した際にも
三分前後、強いゆれが続くだろうと考えられています。

とは言え、
三分間常に震度7のゆれが襲いかかるわけではありません。

少しづつゆれは小さくなって行きますので、
自分の力でなんとか移動する事が出来る位のゆれになったところで
シェルターの中に避難したり、
屋根の上に移動したりして、
出来る限りの事をしなくてはなりません。

東日本大震災(3.11)が発生した際には、
震度4以上のゆれが約三分間継続しました。

最初の数十秒間は身動きがとれないほどのゆれが襲いかかりますが、
少しづつゆれが小さくなって来るので行動出来るようになります。

ツナミが到達する時間が極端に短いエリアでは、
ゆれが静まってから避難するという基本的な防災知識は意味がありません。

動けると思ったら躊躇せず、
すぐさま避難するために行動を起こさなくてはなりません。

 

③高知

高知県で避難する事が難しいと考えられているのは以下のエリアです。

高知市
室戸市
安芸市
南国市
土佐市
須崎市
宿毛市
土佐清水市
四万十市
香南市
安芸郡東洋町
安芸郡奈半利町
安芸郡田野町
安芸郡安田町
安芸郡芸西村
高岡郡中土佐町
高岡郡四万十町
幡多郡大月町
幡多郡黒潮町

高知は最もツナミが高くなります。

中でも「幡多郡黒潮町」と「土佐清水市」は
34mの巨大ツナミが僅か数分で襲いかかって来ます。

土佐清水市は34mのツナミが
たった4分で到達すると想定されています。

ゆれが静まって残り一分~二分程度の時間で
海抜34m以上の場所に避難できるでしょうか?

あくまでも1m以上のツナミが到達する時間が4分という意味なんですが、
ツナミが到達してから34mになるまではアッというまです。

50cmのツナミでさえ人間は溺れてしまうのです。

やっぱり事前の避難、或いはシェルターを用意しておく事が大切です。

ツナミが到達するまでに30分~40分の時間があったとしても
スムーズに避難出来なければ
ツナミに巻き込まれてしまうでしょう。

まとめ

最後まで目を通して頂いてありがとうございます。

前もって避難場所や避難経路を確かめておく事が
いかに大切なのかをご理解いただけたのではないでしょうか。

この記事が皆様に少しでも役に立つのであれば嬉しい限りです。

スポンサーリンク

おすすめの記事