南海トラフ地震発生?!
クリスマス期間中に惑星直列!
東日本大震災(3.11)や
北海道胆振東部地震など前例多数!

12月21日~25日のクリスマス期間中に、「惑星直列」の影響を受けて
南海トラフ地震をはじめ
大規模な地震が発生しやすいようです。

私は長い期間、地震予知研究の一環として、
天体の配列と地震発生の関係性を研究して来ました。

スポンサーリンク

そして、太陽系の天体が“ある形”を形成するタイミングで、
かなり大きな地震が発生しやすい事を突き止めました。

過去に発生した大きな地震の実例を紹介しながら、
本当にクリスマス期間中に大きな地震が発生するのか考察してみます。

 

12月21日、惑星が非常に危ない位置に!

以前、当サイトで紹介させて頂いた
フランク・フッガアビイツさんの地震予測は、
占星術的な理論に基づいた手法で、
地球と地球以外の太陽系の惑星、及び月の配列から
地震が発生する日時を探り出そうとするものです。

この手法によって、
2015年に発生したネパール地震(マグニチュード7.8)、
2016年に発生した熊本地震(マグニチュード7.3)などの大きな地震を予測・的中させて来ました。

先頃、紹介させて頂いた
「12月7日~13日に大きな地震が発生する」という予測はどうだったかと言いますと、
12月11日に大西洋・サンドイッチ諸島でマグニチュード7.1の地震が発生して、また的中しました。

そしてフッガアビイツさんは、
「2018年12月21日の惑星の配列は非常に危ないです。

この影響を受けて12月21日~25日の間に巨大地震が発生するでしょう。

おそらくマグニチュード7~8の地震になりそうです」
と語っています。

フッガアビイツさんは、
同期間に起きる「惑星直列」から判断しているみたいです。

イメージ写真:「gettyimages」から

「惑星直列」はオカルト好きな人間の間では有名です。

ですが、現実問題として
地球を中心に見て太陽系で三つ以上の惑星・月が
“完全に直列”に配列される確率はほぼ0%です。

したがって「惑星直列」というのは正確な呼び方ではありません。

というわけで私は、
「惑星集合」と呼んでいます。

実を言うと
12月1日、アメリカ・アラスカ州南部で
マグニチュード7の地震が発生した時点で、
既に惑星集合の状態になっていました。

海王星、火星、冥王星、土星、太陽、木星、水星の七つの天体が地球を中心にして
およそ110度の範囲に集合していました。

その事が地震発生に何らかの影響を与えた可能性は否定出来ません。

12月5日に、ニューカレドニア諸島で発生した
マグニチュード7.5の地震についても同じ事が言えます。

 

大きな地震が発生しやすい天体の配列

それでは、占星術で本当に地震を予測出来るのでしょうか?

実を言うと私は、
天体の配列が地震の発生に影響を与えるかどうか
長い期間研究して来ました。

イメージ写真:「gettyimages」から

海外にまで目を向けると、
天体の配列が太陽系や地球上の事象に影響を与える
と主張している専門家や民間の研究者は
それこそ星の数ほどいます。

例えば、
「複数の惑星が
“ある角度”を形成する時は、
地球上でラジオの電波障害が発生しやすい」

「太陽嵐は、
複数の惑星が太陽を中心に“ある角度”を形成する時に起きやすい」

「天王星の位置と地震の発生には関係性がある」
というような感じです。

最近、
20年以上にわたって培ってきたデータを解析してみたのですが、
以下のような傾向が判明しました。

イメージ写真:「gettyimages」から

1. 惑星集合:太陽系で七つ以上の天体が狭い角度(およそ90度)に集合

2. 三つの天体が正三角形を形成する(グランド・トライン)

3. 正三角形(グランド・トライン)を形成する天体の中の1つが、
同時に他の天体と180度を形成する

※洋凧の形に似ているので「カイト」と呼ばれます。

三つの天体が120度の組み合わせで正三角形を形成する際には、
“スペシャルな出来事”をもたらすと考えられています。

それでは、
以上の様な天体の配列が成立している最中に
大きな地震が発生した実例データを示します。

 

巨大地震と天体の配列

684年11月26日:白鳳地震(マグニチュード8.2)

【惑星集合:5】冥王星・金星・火星・太陽・水星
【カイト】天王星―土星―海王星、水星

 

1923年9月1日:関東大震災
(マグニチュード7.9)

【惑星集合:7】海王星、火星、金星、太陽、水星、土星、木星
【カイト】木星―天王星―冥王星、月

 

1950年8月15日:アッサム・チベット地震
(マグニチュード8.6)、死者4,000人。

【惑星集合:9】天王星、金星、冥王星、太陽、月、水星、土星、海王星、火星(約120度)
【カイト】天王星―火星―木星、月

 

1952年3月4日:十勝沖地震
(マグニチュード8.2)、死者28人。

【カイト】月―金星―土星、冥王星
【グランド・トライン】太陽―天王星―火星

 

1957年12月4日:ゴビ・アルタイ地震
(マグニチュード8.1)、死者1,200人。

【惑星集合:7】木星、海王星、火星、太陽、土星、水星、金星
【カイト】水星―冥王星―月、海王星

 

1985年9月19日:メキシコ地震
(マグニチュード8.0)、死者5,900人以上。

【惑星集合:9】金星、火星、水星・太陽、冥王星、土星・月、天王星、海王星(約120度)

 

2011年3月11日:東北地方太平洋沖地震
(マグニチュード9.0)

【惑星集合:8】月、太陽・火星、水星・天王星、木星、海王星、金星
※ 発生翌日、土星―月―金星、木星によるカイトを形成。

 

2016年4月16日:熊本地震(マグニチュード7.3)

【カイト】水星―冥王星―木星、海王星
【グランド・トライン】月―天王星―土星

 

2018年6月18日:大阪府北部地震
(マグニチュード6.1)

【グランド・トライン】水星―海王星―木星

 

2018年9月6日:北海道胆振東部地震
(マグニチュード6.7)、死者41人。

【カイト】月―海王星―木星、冥王星
【グランド・トライン】水星―天王星―土星

 

当然のことながら、
天体の配列が特別なものになるからといって
100%大きな地震が発生するわけではありません。

また天体の配列だけが大きな地震が発生する原因というわけでもありません。

まあ、そうは言っても
対応例はいくらでも見つかります。

コレらの事例は、ごく一部にすぎません。

マグニチュード8以上の巨大地震が発生する際には、
「カイト」が形成されやすいようです。

 

全ての先入観を捨ててしまえば真実が見える

以上述べてきた事は占星術にも関わってきます。

ですので、科学者からの反論は大変なものです。

と言いますのも、
「近代自然科学は占星術を否定する事からスタートした」という
動かしがたい歴史的な経緯があるからです。

誤解して頂きたくないのですが、
私は占星術を肯定も否定もしていません。

私の目標は「全ての先入観から解き放たれて、常時ニュートラルな立場で研究に没頭する」事です。

今回導き出された結果は、私にとっても簡単には信じられないような結果です。

とは言え、
以上に示して来た全ての事は
客観的にデータを解析した結果です。

この結果を素直に受け入れるしかないのではないでしょうか?

 

12月21日、本当に巨大地震は発生するのか?

さて、フッガアビイツさんの主張に戻ります。

12月21日~25日にかけて大きな地震が発生しやすいのか、
考察してみます。

21日の天体の配列を見てみると、
八つの天体(太陽、金星、水星、木星、土星、冥王星、海王星、火星)が
130度ほどの狭い角度に集合していて、
大きな地震が発生する要素を確認することが出来ます。

そして12月23日に、集合する八つの天体のうち太陽が月と180度のアスペクト、つまり満月になります。

このタイミングこそ、八つの惑星集合のみならず、月の重力の影響を受けやすいタイミングですので注意が必要です。

それに加えて、来年は1月21日から「スーパー・ブラッドムーン」現象が起きるので、最大限の警戒が必要です。

いずれにしても、
年末年始は気を緩めないでください。

スポンサーリンク

おすすめの記事