南海トラフ地震、
首都直下地震が間近?
全国各地で「地震雲」が現れる!

最近、全国の様々な地域で奇妙な形をした雲が観察されています。

SNSを利用して、注意を呼びかけているようです。

と言いますのも、この度と同様の奇妙な形をした雲が、阪神・淡路大震災や東日本大震災が発生した前後にも目撃されていたんです。

首都直下地震や南海トラフ地震に関しては、
大勢の専門家が「いつ起こっても不思議じゃない」と指摘している事は御存知の方も多いでしょう。

ついに“その時”が目の前まで来ているという事なんでしょうか?

「地震雲」は存在する!

さしあたって、この度の雲の異変に関してアレコレ話をする前に、
「地震雲」に関しての基礎的な知識を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

大規模な地震が発生する前後に、自然界で様々な異変が見られる事は、かなり前から指摘されてきました。

奇妙な形をした雲以外にも、
火山活動の活発化、動物の異常な行動、ミステリアスな発光体、光の柱、見慣れない虹、
更に頭痛や耳鳴り、予知夢などが報告されています。

とくに地震雲は誰もが目にしやすい事もあって、
他の異常現象と比較すると
報告例がかなり多く寄せられています。

地震雲には以下のような特徴があります。

✔ 低高度に発生

✔ 風に流されないので、長い時間姿を消さない

✔ 地震の大きさに関係なく発生する

✔ 形状は「筋状」「洗濯板状」「放射状」など

要するに、アナタが上空を見上げた時に
「何か普段は目にしない形をした雲がある」と感じて、
その雲を低空で暫くのあいだ見る事が出来たとしたら、
それは地震雲の可能性が高いというわけです。

地震雲を含めた異常現象に関しては、
地殻の変動によって放出される
パルス電磁波の影響を受けているのではないか
と指摘する研究者もいます。

ですが、依然として因果関係は証明されていません。

ですので、地震雲等を「オカルト」として一笑に付す方もいます。

ですが、それは明らかに間違っています。

大勢の人達が、
大規模な地震が発生する前に、
異変を目撃したり感じ取っている事は厳然たる事実です。

現代の科学で解明する事が出来ないからといって軽視していたのでは、
被害が拡大してしまう危険性があります。

それでは、
ここ数日間で相次いで出現している
地震雲の事をどのように捉えたら良いのでしょうか?

日本全体が大きく揺れてしまうような地震が目の前に迫っているのでしょうか?

科学を100%信用する事が出来ない現在、
私達が参考にすべきは“経験則”に他なりません。

この度、日本の各地域で話題になっている不思議な形をした雲ですが、
その中で『竜巻雲』と呼ばれている雲は、
『出現すると大地震が発生する』と言われたりもします。

阪神・淡路大震災の前に撮影されたとされる写真は有名ですが、
実を言うとあの写真は、
湧き出ていたとされる地点が移動しています。

長時間移動しないと言われている地震の前兆雲ではなかった可能性があります。

ひょっとしたら、飛行機雲が風に崩されたのかもしれません。

長い年月にわたって地震雲の研究に取り組んできた上出孝之さんの『わかりやすい地震雲の本』に、
『竜巻状の飛行機雲』と題した写真が掲載されています。

この雲は『竜巻雲』と呼ばれている、大地震の前兆とされている雲にソックリです。

ですが、上出孝之さんは、この写真の事を
『地震雲に見えるかもしれないが実を言うと飛行機雲』とコメントしています。

地震雲研究の先駆者と言われている鍵田忠三郎さんの地震雲に関する著作には、
竜巻状の雲が出て来る事はありません。

他にも、『あばら状の雲』或いは『肋骨雲』と呼ばれる雲も、
地震の前兆ではないかと考えている人がいるようですが、
雨の前兆とも言われています。

地震雲研究の世界は物凄く奥が深い世界です。

一朝一夕に習得出来るなんて事はあり得ません。

通常の気象雲と地震雲を正確に見分けるためには、熟練を要しますし、
気象学や雲に関するしっかりとした知識も必要になります。

私は、地震雲は存在すると考えています。

インターネット上で大騒ぎしている『地震雲』の中には、
本物の可能性を持っているケースもありますが、
現実は大半が『フェイク地震雲』です。

地震雲を本気で研究しようと考えているなら、
まず気象学の学習からスタートするべきです。

この度の地震雲は、
地震の前兆なのか、そもそも本当に地震雲なのか、
謎はどんどん深まって行くばかりです。

首都直下地震や南海トラフ地震は
ひとたび発生すれば、
確実に日本が壊滅してしまうほどのダメージを受けると言われています。

アナタ自身と大切な人を守りたいなら、
どんな小さな異変も軽視してはいけません。

スポンサーリンク

おすすめの記事