南海トラフ地震をはじめ
地震が発生した際に、
赤ん坊を守るために
最低限押さえておくべき事

今回は南海トラフ地震をはじめ地震が発生した際に、赤ん坊と一緒にいたとしたら、どういう風に対応すれば良いのかお話させて頂きます。

当然のことですが、地震が発生した際にはアナタ自身を守らなければなりません。

ですが、赤ん坊は自分自身で守る事が出来ません。

ですので、お母さんやお父さんが守ってあげる必要があります。

前もって地震に備える

地震が発生する前に色々と準備しておく事が大切です。

地震が発生した際に、どのように避難するか、或いは持ち物は何にするか、
何処に置くか、家族や友人に連絡する方法など前もって決めておかなければならない事は結構多いです。

地震はお母さんとお父さんが赤ん坊と一緒ではない時に発生するかもしれません。

地震が発生した際の状況によって対応方法も変わって来るので、様々な状況を想定しておかなければなりません。

スポンサーリンク

地震の揺れを感じたら

さしあたって赤ん坊を抱っこして、守ってあげる事が先決です。

タオルで赤ん坊をくるんであげると、埃(ほこり)や火の粉を防ぐ事が出来ますし、赤ん坊が安心してくれるようです。

避難する際にはおんぶよりも抱っこ

おんぶしていると赤ん坊の様子を確認できませんし、
何かが落下して来た時に物凄く危ないです。

抱っこであれば赤ん坊の様子が手に取るようにわかりますし、
身を呈して赤ん坊を守ってあげられます。

抱っこしていると、赤ん坊はお母さんの顔が見えるので安心してくれます。

赤ん坊を抱っこして、防災グッズをリュックに入れて背中に背負うのが理想的です。

赤ん坊と一緒に避難する際に
絶対必要な防災グッズ

家を出て避難所に行く際には、最低でも1週間は赤ん坊の世話が出来るだけの防災グッズを用意しなければなりません。

絶対に必要な物はオムツ粉ミルクほにゅう瓶おしり拭き等です。

母乳で育てているお母さんは粉ミルクは必要ではないと感じるかもしれません。

ですが、災害が発生した際にはストレスのために母乳が出なくなるケースがあるんです。

それに、授乳スペースが確保されていない中での授乳は物凄く大変なことです。

ミルクは必ず準備してください。

ミルクがどうしても手に入らない場合

ミルクがどうしても手に入らない場合は、砂糖水を作って赤ん坊に飲ませてあげましょう。

ですので、スティックシュガーを持っておく事をお勧めします。

地震が発生した際に絶対にしてはいけない事

地震が発生した際にベビーカーを使ってはいけません。

地震が発生した際は、地盤が崩れている危険性がありますし、
ある程度の広さが確保されている場所以外では使用する事が出来ないので、荷物になるだけです。

小さな赤ん坊を連れて避難するのであれば、抱っこ紐を使って、赤ん坊と一緒に移動してください。

まとめ

南海トラフ地震をはじめ地震が発生した際に、赤ん坊を守るために最低限押さえておくべき事を最後まで読んでくださって有難うございます。

いかがでしたか?

今回お話させて頂いた内容はほんの一部です。

地震が発生する前にしっかりと準備をしなければなりません。

是非とも参考にして下さい。

スポンサーリンク

おすすめの記事