【南海トラフ地震もヤバい?】
2019年が地震ラッシュになりそうな
3つの理由!
月の位相、天体配置、過去の法則…

 

去年の年初めに、私は、本年度は大型地震・大ツナミ・大噴火が連発する年になる可能性が高いと注意勧告しました。

日本国内では大阪府北部地震や北海道胆振(いぶり)東部地震、海外でもパプア・ニューギニア、ロンボク島、スラエシ島地震・・・
というような地震が相次いで発生して、
たくさんの人が犠牲になったのは記憶に新しいところです。

大変に残念な事ですが、私が指摘した通りの1年になってしまいました。

スポンサーリンク

それでは、2019年度はどうなるのでしょうか?

今年こそ災害が起こらない平穏無事な1年であって欲しいと思いますが、
自然はそんな私の願いを無視してしまうようです。

それどころか、去年を超えるペースで大災害が連続して発生する1年になる可能性さえあります。

 

スーパームーン & スーパーブラッドムーン
連発!

写真は「gettyimages」から

先日も紹介させて頂きましたが、2019年度は超大型地震の発生と関係性が深いのではないかと疑われている「スーパームーン」が6回も発生します。

去年は5回でしたので、回数的に上回ってしまいます。

それだけでも十分すぎるほど危険ですが、
2019年度最初のスーパームーンになる1月21日から、3回連続して、地球に月の重力が働きやすい満月のスーパームーンになります。

しかも初回は満月のスーパームーンが皆既月食と重なる「スーパーブラッドムーン」になるため、更に地球に月の重力が働きやすいのです。

ですので超大型地震に最大限警戒しなくてはなりません。

 

2019年のスーパームーンと月食・日食の発生日

【スーパームーン無し】1月6日:部分日食(日本、北太平洋等)
【スーパームーン】1月21日:満月+皆既月食(スーパーブラッドムーン)
【スーパームーン】2月19日:満月
【スーパームーン】3月21日:満月
【スーパームーン無し】7月3日:新月+皆既日食(南太平洋、南米等)
【スーパームーン無し】7月17日:満月+部分月食(中四国地方西部から西)
【スーパームーン】8月1日:新月
【スーパームーン】8月30日:新月
【スーパームーン】9月28日:新月
【スーパームーン無し】12月26日:金環日食(インド、インドネシア等)

前述したように1月21日にはスーパーブラッドムーンが控えていますが、それだけではなく、新年早々の1月6日にスーパームーン無しの皆既月食も控えていますので、
警戒しなくてはならないでしょう。

去年7月28日、同様に単独の皆既月食が見られましたが、
インドネシアのロンボク島で次の日にマグニチュード6.4、
1週間後にマグニチュード6.9の地震が続けざまに発生して、合計で380人以上の方の尊い命が奪われてしまいました。

ついでながら、2011年2月18日の満月から始まった3回連続のスーパームーンでは、2回目と3回目のあいだに東日本大震災(3.11)が発生しました。

 

スーパームーンと天体配置の組み合わせも
「危険信号」

先日、天体配置と大型地震の関係性についてお話させて頂きましたが、
その観点からスーパームーンの発生日を考えてみたいと思います。

惑星記号早見表「ウィキペディア」から

さしあたって、1月21日に発生するスーパーブラッドムーンですが、
集合している天体の中で、太陽が反対側の月と180度の関係です。

2月19日と3月21日のスーパームーンでも似たような配置になります。

又、8月1日のスーパームーン(新月)発生時には、
5つの惑星がかなり狭い角度に集合して、その後8月30日、9月28日と続くスーパームーン(新月)でも同じような集まりかたをします。

このようにスーパー(ブラッド)ムーンが発生する日の天体配置を見てみると、
かなりの数の惑星集合が起きるようです。

やはり大型地震が発生する可能性は高まると思われます。

写真は「gettyimages」から

エルニーニョ現象と超大型地震

さて、去年は大型地震が多発しましたが、
『太平洋の海水面の温度が低くなってしまうラニーニャ現象が春に終息すると、その後、大型地震が起きやすい』という法則が影響したと思われます。

ラニーニャと反対の、太平洋の東側で海水の温度が上昇するエルニーニョ現象もありますが、
気象庁は 去年11月9日、「エルニーニョ現象が発生したようだ」と発表しました。

12月10日時点で「この先、春にかけてエルニーニョ現象が継続する可能性が高い」と、
エルニーニョ現象が3月あたりまで続く確率を80%と見積もっています。

それでは、エルニーニョ現象が継続している期間中に大型地震の発生確率が変化するのかと言いますと、
以前、お話させて頂きましたが、16世紀以降に発生したマグニチュード8以上の超大型地震(全18回)のうち、
エルニーニョ期間中に発生したケースが9回、終息直後から翌年にかけて発生したケースが6回です。

実に80%近くがエルニーニョ現象が発生してから終息する翌年までに起きているのです。

写真は「ウィキペディア」から

しかも、その中には1605年に発生した慶長地震(マグニチュード7.9)、1707年に発生した宝永地震(マグニチュード8.4)、1854年に発生した安政東海地震・南海地震(マグニチュード8.4)、1944年に発生した昭和東南海地震(マグニチュード7.9)、1946年に発生した昭和南海地震(マグニチュード8.0)と、
実に6回もの南海トラフ地震が含まれています。

発生の日付が明らかになっている南海トラフ地震は12回~14回と言われている中、6回という数字は決して少ない数ではありません。

その他にも、過去に発生した南海トラフ地震は、例外なく7月から2月のあいだに起きている点も要注意です。

これらの事を総合的に考えると、
2019年度は1月~2月、そして7月~12月が危険という事になります。

以上を勘案すると、まさにエルニーニョ期間とその終息後のタイミングに当たる2019年度は「超大型地震に要注意」という事になります。

そして2019年度は去年以上に超大型地震が頻発する可能性はかなり高いと思われます。

とりわけ、全ての条件が重なる1月21日前後は要注意です。

「新年早々、縁起でもない」と思われるかもしれません。

ですが、『一年の計は元旦にあり』と言います。

その年に起こる可能性がある自然災害を把握しておく事は物凄く大切です。

「今まさにこの瞬間に超大型地震が発生するかもしれない」と常に覚悟を持って生きることが、アナタと、アナタの大切な人を救う事に繋がります。

スポンサーリンク

おすすめの記事