【南海トラフ地震】
2019年危険なエリアは何処?
隠れた地震の恐怖!

2018年の世相を表す漢字は「災」です。

2018年は大阪北部地震や北海道胆振東部地震の他、西日本に襲いかかった西日本豪雨など、災害ラッシュの1年でした。

最近は日本各地で自然災害が発生しています。

それでは、2019年以降はどういった災害が発生すると考えられているのでしょうか?

スポンサーリンク


地震調査研究推進本部は、静岡から九州沖合にかけての南海トラフ沿いで今後30年の間にM8~M9の大型地震が発生する確率は、70%~80%だと予想しています。

更に、北海道東部の千島海溝沿いが震源になっている大型地震も警戒しているようです。

地震調査研究推進本部は2018年6月に「全国地震動予測地図」の最新版を発表しました。

「全国地震動予測地図」の最新版に目を通して見ると、今後30年の間に震度6弱を超える地震が発生する確率は、釧路市でおよそ70%、根室市でおよそ80%です。

ですが、「大型地震は次は何処で発生するのか」という話になると、警戒しなくてはならないのは南海トラフ沿いや千島海溝沿いだけではありません。

東京大学地震研究所の古村孝志先生は、このように仰っています。

「南海トラフ地震はおよそ100年~200年の周期で繰り返し発生しています。

直近の南海トラフ地震は1944年に発生した昭和東南海地震と1946年に発生した昭和南海地震です。

いっぽう、1943年に発生した鳥取地震や長野地震、1945年に発生した三河地震など、同時期に内陸部を含む複数のエリアでM7前後の地震が頻発しました。

南海トラフや千島海溝沿いでの地震の発生確率が上昇している現在の日本は、日本海側や内陸部も、いつM7前後の地震が発生しても不思議ではありません」

1943年~1945年頃に発生した地震に関しては情報統制のために十分な調査が行われませんでした。

そのために現在でも明らかになっていない事がたくさんあって、「隠された地震」と呼ばれています。

ですが、海溝型の大型地震が発生する前後に直下型の地震が頻発する傾向にある事は紛れもない事実です。

更に、2018年に発生した2つの地震からも学ばなければなりません。

大阪北部地震が発生した際には、高槻市の小学校のブロック塀が倒壊してしまい、小学4年生の女の子が死亡しました。

ブロック塀に関しては以前から専門家のあいだでも危険性が指摘されていました。

1978年に宮城県沖地震が発生した際には、死亡者28人のうち18人がブロック塀などが倒壊して犠牲になりました。

その後、法改正があって、宮城県では生け垣に変更したりして対策が進んだのですが、全国に広まる事はありませんでした。

北海道胆振東部地震が発生した際には、41人の死亡者が出ました。

大勢の人が土砂崩れの犠牲になりました。

被害の大きかった北海道厚真町では、住宅近くの「土砂災害危険箇所」の43カ所で土砂崩れが起きました。

そのうちの22カ所は「土砂災害警戒エリア」に指定されていませんでした。

もしも指定が進んでいれば、被害が小さかったかもしれません。

スポンサーリンク


あなたの暮らしているエリアでは、しっかりと対策されているか調べてみたほうが良いでしょう。

それでは、いつ発生するかわからない地震に対して、どのように対策したら良いのでしょうか?

「さしあたって震度6強位の強い揺れが起きても倒壊したりしないように建築物を強化する事が大切です。

震度7の揺れで建築物が倒壊しても、空間があれば生き延びる事が出来ます。

昨今では耐震基準が高くなっているので振動に強い建築物が増えてきています。

ですが、室内の家具の転倒防止対策をしていない人は今でもたくさんいます。

室内の家具の転倒防止対策はしっかりとしておかなければなりません」

(古村先生)

家具の壁固定とか転倒防止ストッパーを付ける事は絶対に必要です。

地震が発生した際に怪我をするのは30%~50%が家具などが転倒してしまうのが原因です。

家の中の全部の家具に対策を施す事は難しいかもしれません。

ですが、居間とか寝室など生活の中心になっている場所だけでも大きな効果が期待出来ます。

地震が発生した際に怪我をしなくても、
家具が倒れてしまうと出口がふさがれてしまって脱出出来ない可能性があります。

火事が発生してしまえば万事休すです。

耐震性が高い建築物だったとしても、家具が固定されていなければ全く意味がありません。

まとめ

最後まで、【南海トラフ地震】2019年危険なエリアは何処?隠れた地震の恐怖!を読んで下さって有難うございます。

地震対策と言いますと、何はさておき水や食料を確保しようとする方が多いです。

実を言うと、家を強化する事、家具をしっかりと固定して逃げ道を確保しておく事の方がもっと大切なんです。

都心で大地震が発生すれば、救急車や消防車が不足してしまうのは目に見えています。

さしあたって自分で出来る事は確実にしておきましょう。

地震大国の日本で生活している以上、何処で大地震が発生しても不思議ではありません。

新しい年がスタートしましたが、災害への備えをしっかりとしておきましょう。

スポンサーリンク



おすすめの記事