【南海トラフ地震】
7カ月以内に起きる!?
これまでに蓄積されたデータから、
お先真っ暗な現在の状況が
証明される!

9月1日は防災の日です。

防災の日はたくさんの災害に対応するための心の持ち方を見直すための日だと言って良いでしょう。

95年前の9月1日に発生した関東大震災にちなんで制定されたのです。

現段階では、首都直下地震はいつ発生しても不思議ではないと考えられています。

首都直下地震より切迫性が高いと危惧されているのが南海トラフ地震です。

実は、私は今後7カ月以内に南海トラフ地震が発生する可能性さえあると考えています。

その理由をお話させて頂きます。

スポンサーリンク

 

理由1=台湾―西日本地震連鎖の法則

2月7日に台湾東部で花蓮地震(マグニチュード6.4)が起きました。

これまでのデータを分析した結果、台湾で地震が発生すると1年以内に西日本でマグニチュード6を超える大規模な地震が発生しやすいという事が明らかになりました。

このことを私は「台湾―西日本地震連鎖の法則」と名付けました。

台湾と西日本は、共にリングオブファイア(環太平洋火山帯)上に存在します。

その上、フィリピン海プレートが異なるプレートの下に沈み込むエリアに位置しているのです。

これらのプレートが活発に活動すると、押される力が強くなって同じ時期に地震が起きやすいと考えられています。

以前にも、台湾と西日本で地震が連鎖する例を紹介したことがあります。

1946年12月5日に台湾南部内陸で起こった台南新化地震(マグニチュード6.1)の16日後の12月21日に昭和南海地震(マグニチュード8.0)が起こっています。

その2年前に発生した昭和東南海地震も、再び資料をチェックしたら1943年12月2日に台東(台湾南東部)でマグニチュード6.1の地震が発生していた事が明らかになりました。

こんなふうに、これまでの100年間に発生した二つの南海トラフ地震で、その直前に台湾で大規模な地震が発生しているんです。

これは偶然ではないでしょう。

花蓮地震から1年後の来年2月頃迄は、南海トラフ地震を含めて西日本で発生するかもしれない大規模な地震に注意しなくてはならないでしょう。

 

理由2=ラニーニャ現象終了後、
エルニーニョ現象の開始目前

以前 お話させて頂いたように、太平洋東部の赤道域で、海面の水温が下がるラニーニャ現象が終了すると、数カ月以内に日本列島の太平洋側でマグニチュード7を超える大規模な地震が起こる事がかなりあります。

去年冬に起きたラニーニャ現象は今年の春に終了しています。

6月18日に大阪北部で発生した地震(マグニチュード6.1)は、ほぼこの法則が適用されると考えられています。

8月の気象庁の発表では、太平洋東部で海面の水温が上昇するエルニーニョ現象が今年の秋に起こる可能性があると言います。

今回のデータをチェックして気が付いた事なんですが、エルニーニョ現象がスタートすると、やっぱりその数カ月以内に、日本の周囲を含む太平洋エリアで大規模な地震が発生しやすいみたいです。

以下に例を複数示します。

エルニーニョ現象=1940年春~1941年春

1940年8月2日=積丹半島沖地震(マグニチュード7.5)

 

エルニーニョ現象=1946年春~1947年春

1946年4月1日=アリューシャン地震(マグニチュード8.1)

1946年8月4日=ドミニカ共和国(マグニチュード8.0)

1946年12月21日=昭和南海地震(マグニチュード8.0)

 

エルニーニョ現象=1957年春~1958年春

1957年3月9日=アリューシャン地震(マグニチュード8.3)

1957年7月28日=メキシコ(マグニチュード8.0)

 

エルニーニョ現象=1963年夏~1964年冬

1963年10月13日=択捉島沖地震(マグニチュード8.1)

1963年11月4日=インドネシア・バンダ海(マグニチュード8.3)

 

エルニーニョ現象=1976年夏~1977年春

1976年8月17日=フィリピン・ミンダナオ地震(マグニチュード7.8)

今の段階で、ラニーニャ現象が春に終わっている事や、エルニーニョが秋ごろにスタートする事を考えれば、南海トラフ地震を含めた太平洋側で発生するかもしれない大規模な地震に用心が必要です。

 

理由3=西日本の内陸で大規模な地震が頻発

南海トラフ地震が起こる前に、西日本の内陸で前兆として大規模な地震が発生するきらいがあるというのはたくさんの専門家に共通する認識です。

この2~3年では、熊本地震(2016年4月16日、マグニチュード7.3)、鳥取県中部(2016年10月21日、マグニチュード6.6)、島根県西部(2018年4月9日、マグニチュード6.1)、大阪北部地震(2018年6月18日、マグニチュード6.1)と、あてはまる地震が4回も発生しているんです。

短い期間で頻度が高いですね。

今の状況は南海トラフ地震が近くにせまっていると感じさせられます。

 

理由4=FBI超能力捜査官の予言

FBI超能力捜査官のジョーマクモニーグルさんは、アメリカを代表する超能力者です。

2006年に公開された自著『未来を透視する』で、日本を襲う津波として2010年晩夏、津波13メートルと予言しました。

半年後に東日本大震災が起きてほとんど的中しました。

ジョーマクモニーグルさんは、この他にも日本で発生する数多くの災害を予言していますが、的中率はかなり高いんです。

そのジョーマクモニーグルさんが、同著で日本を襲う津波として2018年秋、高さ10.5メートルと予言しています。

これは、南海トラフ地震の事を言っているかも知れないのです。

 

理由5=南海トラフ地震が起こる二つの条件

幾度となく指摘してきたことですが、これまでに発生した南海トラフ地震は、全て下記の条件にピッタリの時期に起こっているのです。

(1) 7月から2月

(2) 黒潮の直進期(非大蛇行期)

このうち(2)にかんして言えば、去年8月におこった黒潮の大蛇行は今も続いています。

ですが、これまでの3回の大蛇行は1年ちょっとで終了していますから、今回も早ければ今年の秋頃に落ち着くのではないかと言われています。

現実的にそうなったら、南海トラフ地震が起きる二つの条件が整ってしまう事になるので、来年の二月頃迄は気をつける必要があります。

 

理由6=スーパームーンと月食の組み合わせ

今年はスーパームーンが5回もあって、しかもそのうちの4回は皆既月食あるいは部分日食を伴いました。

極めてめずらしい年なんです。

スーパームーンと大規模な地震の関係性を全力で調査している研究者はけっこう多いんです。

月が地球に最接近するスーパームーンはもちろんですが、日食、月食では従来の満月、新月の前後よりも月の引力が一段と強くなって、大規模な地震のトリガーになる可能性がありそうです。

本年2月15日の新月と部分日食では、その9日前の2月6日に台湾花蓮地震が起きました。

6月14日のスーパームーンでは、4日後の18日に大阪北部地震が発生しました。

そして8月11日には、スーパームーンと新月に部分日食が重なりましたが、その6日前にインドネシアでロンボク島地震(マグニチュード7.0)が起きて、380人以上が亡くなりました。

その上、新月の後でもリングオブファイア上でマグニチュード6レベルの地震が頻発しました。

8月19日フィジー諸島(マグニチュード8.2)、21日ベネズエラ(マグニチュード7.3)、29日ニューカレドニア(マグニチュード7.1)と、大地震ラッシュだったのです。

じつは、来年1月~3月の満月は3回続けてスーパームーンになる事が判明しています。

とりわけ1月21日は皆既月食と重なって、2月20日、3月21日も含めて最も重要な警戒期間になります。

これまで述べた事を考えれば、少なくとも来年三月くらいまでは南海トラフ地震に対してかなり警戒して頂きたいです。

南海トラフ地震が発生してから10分たらずで津波に飲み込まれると試算されているエリアもありますし、防災の日を契機に地震に対する準備をもう一度再点検することが必要不可欠です。

普段の心の準備と覚悟が、いざという時に貴方と、貴方の大事な人を守る事に繋がります。

スポンサーリンク

おすすめの記事