【南海トラフ地震の可能性】
48時間で69回の地震が
リング・オブ・ファイア上で発生!

8月19日、南太平洋のフィジー沖でマグニチュード8.2の地震、インドネシアでマグニチュード6.9の地震が起きました。

8月21日にはベネズエラで
1900年以来最大のマグニチュード7.3の地震が起きました。

スポンサーリンク

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
これらの地震はすべて「リング・オブ・ファイア」(環太平洋造山帯)上で発生しています。

おそろしい事に、
リング・オブ・ファイア上の地震活動が活発になって来ている事が判明しました。

48時間以内に69回の地震が起きる

イギリス紙「デーリー・メール」に目を通して見ると、
「リング・オブ・ファイア」上で、48時間のあいだに69回もの地震が発生して、
20日月曜日にはマグニチュード4.5以上の地震が60回発生したと言います。

この事は
多くの人達に恐怖感を植え付けて
海外でもトップニュース扱いでした。

気象庁の話では、
「一年間に地球上で発生する地震の回数」は
マグニチュード4以上で一万四千回前後です。

この数字は
一日平均38回の地震が発生している計算になります。

48時間ですと
その倍の76回です。

今回はそのうちの60回、
約80%がリング・オブ・ファイア上で発生した事になります。

ですが、
「アメリカ地質調査所」(USGS)の話では、
地球上で発生する地震の約90%は
リング・オブ・ファイア上で発生するそうです。

ですので、
実を言うと平均より若干少ないんです。

結構な騒がれかたをしていますが、
きちんとした理由があります。

リング・オブ・ファイア上で発生する地震の恐ろしさは、
「ドミノ効果」による地震の連鎖です。

アメリカでは、
カリフォルニア州でマグニチュード7.0クラスの大地震が
今日か明日にでも発生するかもしれないと心配されています。

カリフォルニア州には、
巨大なサンアンドレアス断層や
群発地震が続けざまに起きているイエローストーン国立公園があります。

ですので、
地震が発生した際のリスクは極めて高いと言えます。

イギリス・ブリストル大学のコリン・テイラー氏が、
イギリス紙「イブニング・スタンダード」に
ドミノ効果の危険性に関して発言しています。

「大抵の地震はプレートテニトニクスによって発生します。

プレート同士がぶつかりあって、
限界を超えてしまった時点でエネルギーが放出されます。

現実問題として、すべての地震は
お互いに影響しあっています。

ですが、
直接的な関係を指摘する事は
かなり困難です」(テイラー教授)

研究者も「カリフォルニア地震」を危惧

地球上で発生するすべての地震は密接な関係があります。

ですが、
その因果関係を証明する技術が今現在はありません。

ベネズエラで発生した地震が
比較的近い距離にあるアメリカの地震活動を誘発する可能性はあるでしょう。

テイラー氏も、
「カリフォルニアはかなり活発なプレートの境界上に存在します。

地質学的な時間スケールで見れば、
巨大地震が発生しても
全く不思議ではありません」
と語っています。

日本でも地震が多発、
南海トラフ地震が起きる可能性は?

それでは、日本への影響はあるのでしょうか?

日本では、
震度1以上の地震は
一年間で2000回位発生しています。

気象庁が発表しているデータに目を通して見ると、
東日本大震災が発生した平成23年は1万681回、
平成28年は6587回と群を抜いています。

ですが、
平成29年は2025回です。

一日に約五回は
日本のどこかで
震度1以上の地震が発生している計算になるわけです。

日本気象協会公式の「tenki.jp」が公開している地震情報に目を通して見ると、
震度1以上の地震が
毎日おおよそ3回~6回程度発生している事がわかります。

ですので、
一日五回という数字は信憑性が高いと言えます。

リング・オブ・ファイア上での地震活動が活発化した8月21日は、
震度1以上の地震が八回も発生しました。

日本から遠く離れたベネズエラやフィジーで大地震が発生したわけですが、
この数値を見る限り
リング・オブ・ファイア上での地震活動は
広範囲に及んでいたようです。

ある専門家は、
今春、ラニーニャ現象が終息した影響を受けて
晩夏までに太平洋側で大地震が発生すると指摘しています。

現実問題として「大阪北部地震」が起きました。

実を言うと
その専門家は
「海溝型地震」が発生するとも語っていたのです。

大阪北部地震は非海溝型の地震ですので、
この先、
別の巨大地震が太平洋側で発生する可能性があります。

その最有力候補は「南海トラフ地震」でしょう。

同じく海溝型の「東京湾北部地震」も決して忘れてはいけません。

いつ何時“その時”がやって来たとしても無闇に慌てたりしないように、
常日頃から防災意識を高く持って生活する事が大切です。

スポンサーリンク

おすすめの記事