【南海トラフ地震の前兆?】
大阪地震は前兆だったのか?

6月18日、朝7時58分頃、
大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1、最大震度6弱の地震が発生しました。

大阪では1923年(大正12年)の観測開始以来最大の地震になりました。

実を言うと、
大阪地震が発生する前に、大阪地震の前兆ではないかと思われる現象が数多く起こっていたのです。

スポンサーリンク

しかもこの先、
南海トラフ地震へと続いていく可能性もあるようです。

画像は「CBS NEWS」より引用

大阪地震の詳細

大阪平野と六甲山地の境界には、
東西に延びている「有馬―高槻断層帯」が走っています。

今回の大阪地震は
「有馬―高槻断層帯」の東端付近で起きました。

気象庁の話では、
活断層帯が動いた事による地震なのかどうか、今後も検討が必要だといいます。

日本政府の地震調査推進本部は、
「有馬―高槻断層帯」でマグニチュード7.5程度の地震が発生する確率を、今後30年間で「ほぼ0%~0.03%」と考えていました。

なお、「有馬―高槻断層帯」では1596年9月5日に慶長伏見地震(推定マグニチュード7.2前後)が発生しています。

京都や堺で1000人以上の方が亡くなったと考えられています。

気象庁は、今後2~3日のあいだに同レベルの地震が発生する可能性を10%~20%と算出していて、警戒するように呼びかけています。

今回の大阪地震は、1995年(平成7年)に発生した阪神・淡路大震災の60分の1程度のエネルギーでした。

ですが、震源の深さが13キロメートルと浅かったために、大きな揺れが発生してしまったのです。

これだけの前兆現象が
発生していた!

空の異変

それでは、
今回発生した大阪地震の前兆と考えられる数々の現象について、
1つずつ丁寧に解説していきます。

さしあたって空の異変についてお話させて頂きます。

ここ数日、関西の各地で「彩雲」が目撃されました。

「彩雲」というのは、雲が太陽の近くを通過した際に、
赤とか緑が混ざった鮮やかな色になる現象です。

大阪地震が発生する前日に
ツイッターやブログに写真が投稿されていました。

東京で暮らしている私の友人も、
前日に西の方角に現れた彩雲をスマホで撮影しています。

気象学的には、ごく普通の現象として片付けられてしまいがちです。

多くの専門家は、地震との関係を否定しています。

ですが、何故かわかりませんが、
まるでタイミングを見計らったかのように
大地震が発生する前に現れることが多いのです。

やはり、地震の前兆現象である可能性を100%否定するべきではないのではないでしょうか。

画像は「CBS NEWS」より引用

動物の異常な行動

次は、動物の異常な行動についてです。

関西で生活している私の友人の話では、
18日の朝7時頃から飼っている猫がニャーニャー鳴いて家の中を走り回って、普段では見られないハイテンションぶりに困惑してしまったそうです。

同じく兵庫県で生活している友人の話では、
大阪地震が発生する日の朝、普段はゴミ集積所の周辺でギャーギャー鳴いているカラスが静かにしていたといいます。

そして、地震が発生してから2時間ほど経過すると、
いつものように騒がしく鳴き始めたそうです。

また、6月上旬以降、
瀬戸内海でイルカの大群が相次いで目撃された事も見逃すわけには行きません。

3日に瀬戸内市牛窓町地区の砂浜で、
6日には岡山県玉野市の瀬戸内海に浮かぶ石島(いしま)で、
10日にも兵庫県明石市沖の明石海峡で、
イルカの大群が目撃されていたのです。

空や海の異変とか動物が見せる異常な行動だけではありません。

実を言うと、
今回発生した大阪地震は
何ケ月も前から危惧されていた事をお伝えしなければなりません。

月の引力も影響?

さしあたって注目して頂きたいのは“月の位相”です。

実を言うと6月14日は新月で、月が地球に接近する“スーパームーン”でした。

しかも、今後2ケ月以内に部分月食を伴うスーパームーンが2回(7月13日と8月11日)続くというタイミングです。

14日以降、
16日に千葉県南部(マグニチュード4.5)、
17日に群馬県南部(マグニチュード4.6)、
そして18日の大阪府南部と大きな地震が続いています。

月の引力が影響していた可能性を頭ごなしに否定する事はできないでしょう。

画像は「CBS NEWS」より引用

台湾地震、
「ラニーニャ現象」終息、
キラウエア火山噴火…!

更に本年度は、2月6日に台湾で花蓮地震(マグニチュード6.4)が発生しています。

台湾で大地震が発生すると、
その後1年の間に西日本で大きな地震が発生する事が多いのです。

加えて、
太平洋東部の赤道域で海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」が、
今春、終息したようです。

実を言うとラニーニャ現象の終息直後に、
幾度となく大地震が日本を襲っているのです。

5月3日にハワイのキラウエア火山が噴火しました。

火山の噴火後も、日本で大地震や火山噴火が起こりやすい事が明らかになっています。

南海トラフ地震の前兆!?

さて、今回の大阪地震は西日本で発生した大地震という事で、
日本に破壊的被害をもたらすと言われている南海トラフ地震に繋がるかもしれないと心配している方も多いのではないでしょうか?

その点に何も触れずに記事を終えるわけにはいきません。

気象庁の話では、
今回発生した大阪地震と南海トラフ地震とは、今のところ関連性はないとのことです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

南海トラフ地震は「いつ発生してもおかしくない」と言われています。

南海トラフ地震の前兆として、
西日本の内陸で大地震が発生すると
多くの専門家が指摘しています。

過去、南海トラフ地震が発生した際には、発生の数十年前から西日本の内陸部で大きな地震が発生していたようです。

しかも、1995年(平成7年)に発生した阪神淡路大震災もその一つだとすれば、
南海トラフ地震が近くまで迫っているのかもしれませんね。

これまで何回もお話させて頂いた事ですが、
過去の南海トラフ地震はすべて「7月~12月」と、「黒潮の直進期(非大蛇行期)」に発生しています。

本年度7月から12月のあいだに、
現在続行中の大蛇行が終了すれば、
それこそ南海トラフ地震が発生する条件がほぼパーフェクトに揃ってしまう事になります。

本年度の年初、
私は日本列島を取り巻くあらゆる状況を踏まえたうえで
2018年は大地震や火山噴火が多発する年になると注意勧告させて頂きました。

恐ろしい事に、
すべてが現実になりつつあります。

南海トラフ地震をはじめとする大災害が“もう目の前に迫っている”と、覚悟を決めて生活するべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事