【南海トラフ地震】12月中に発生!? イギリス紙「発生すれば日本は一巻の終わり !」

以前、イギリス紙「フィナンシャル・タイムズ」がショッキングな記事を掲載した事がありました。

驚くことに次回、日本に襲いかかる南海トラフ地震が、世界中を恐慌に導いてしまうという内容でした。

フィナンシャル・タイムズの記事に関して詳細に考察したブログメディア「In Deep」は、近頃の日本で地震が起きる状況は、9世紀に日本全土を大規模な地震が襲いかかった貞観(じょうがん)時代と酷似していると訴えています。

スポンサーリンク

こうした大規模な地震の周期に関して詳細に解説すると共に、最も南海トラフ地震が発生しやすい時期が12月だという事をお伝えしなければなりません。

南海トラフ地震が起きれば日本の経済は壊滅

「フィナンシャル・タイムズ」の特集記事をわかりやすくまとめると、日本でこの先30年以内に70パーセントの確率で発生するであろうと考えられているマグニチュード8~9の大規模な地震が現実に発生すれば、一晩で日本の経済は終わってしまうと同時に、たくさんの「メイド・イン・ジャパン」を使用しているアメリカ国民も大きな打撃を受けるという事になります。

直近二回の南海トラフ地震は、第二次世界大戦中の昭和19年に発生した昭和東南海地震と、終戦直後の昭和21年に発生した昭和南海地震です。

どちらの地震も日本が経済成長を成し遂げる前だったので、世界への影響は大きくなかったのです。

ですが、日本が先進国の仲間入りを果たし、グローバル経済が進んでいる今の状況ですと世界に与える影響は多大なものがあるはずです。

世界的な影響力を持っている経済紙が、こうした特集記事を掲載するのも無理はありません。

これまでに発生した大災害&大規模な噴火と不気味にリンクしてしまう現状

今現在、地震が発生している状況が9世紀の貞観(じょうがん)時代と酷似している事は、私も以前から注意勧告してきました。

実を言うと、400年前の慶長(けいちょう)年間及び、おおよそ300年前に地震が多発した状況とも複数の共通点が見られるのです。

これら三つの時代と同じレベルの大規模な地震・大規模な噴火が、今現在起こったとしても全く不思議ではないのです。

じゅうぶん過ぎるくらいに警戒するべきです。

以下に、これまでに発生した大規模な地震・大規模な噴火に対応する近頃の状況を簡単にまとめてみました。

貞観(じょうがん)時代に起きた大規模な地震・大規模な噴火

863年7月6日:越中・越後地震→ 新潟県中越沖地震(2004年)
864年7月2日~:富士山・貞観大噴火 → 富士山大噴火(201X年?)
868年7月30日:播磨国地震、マグニチュード7 → 阪神淡路大震災(1995年)
869年7月9日:貞観地震、マグニチュード8.3~8.6 → 東日本大震災(2011年)
878年10月28日:相模・武蔵地震、マグニチュード7.4 → 首都直下地震(201X年?)
887年8月22日:仁和地震、マグニチュード8.0~8.5 → 南海トラフ地震(201X年?)

400年前に起きた大規模な地震・大規模な噴火

1596年9月1日:慶長伊予地震(けいちょういよじしん)、マグニチュード7.0
1596年9月4日:慶長豊後地震(けいちょうぶんごじしん)、マグニチュード7.0~7.8 → 熊本地震(2016年)
1596年9月5日:慶長伏見地震(けいちょうふしみじしん)、マグニチュード7.5
1605年2月3日:慶長地震、マグニチュード8 → 南海トラフ地震(201X年?)
1611年12月2日:慶長三陸地震、マグニチュード8.1~9 → 東日本大震災(2011年)
1619年5月1日:肥後地震、マグニチュード6.0 → 熊本地震(2016年)

300年前に起きた大規模な地震・大規模な噴火

1677年4月13日:延宝八戸沖地震(えんぽうはちのへおきじしん)、マグニチュード7.2~8.0 → 東日本大震災(2011年)
1677年11月4日:延宝房総沖地震(えんぽうぼうそうおきじしん)、マグニチュード8.0 → 房総沖大地震(201X年?)
1703年12月31日:元禄関東地震、マグニチュード8.1 → 首都直下地震(201X年?)
1707年10月28日:宝永地震、マグニチュード8.4~9.3 → 南海トラフ地震(201X年?)
1707年12月16日~:富士山・宝永大噴火 → 富士山大噴火(201X年?)

 

南海トラフ地震は12月に発生する

これまでに起きた地震のデータと今現在の状況を比較してみると、日本の経済を破壊してしまい、世界中に大恐慌をもたらしてしまう南海トラフ地震の発生が、確実に忍び寄っている事はご理解いただけると思います。

それでは、具体的に南海トラフ地震が発生するタイミングを予測する事は出来るのでしょうか?

実を言うと、地震が発生する時期を絞り込むための条件的要素があるんです。

それは、次の二つです。

(1) 発生日が判明している14回の南海トラフ地震は、全て7~2月(グレゴリオ暦)に発生している。

そのうち5回は12月。

1096年12月11日:永長地震(えいちょうじしん)、マグニチュード8~8.5
1854年12月23日:安政東海地震(あんせいとうかいじしん)、マグニチュード8.4
1854年12月24日:安政南海地震(あんせい なんかいじしん)、マグニチュード8.4
1944年12月07日:昭和東南海地震(しょうわとうなんかいじしん)、マグニチュード7.9
1946年12月21日:昭和南海地震(しょうわなんかいじしん)、マグニチュード8.0

(2) 黒潮の大蛇行を避けるようにして発生する。

条件(1)で示している様に、直近の南海トラフ地震が4回続けて12月に発生している事は、偶然とは考えにくいのではないでしょうか。

過去に日本で起きた大規模な地震のデータを分析しても、発生月による偏りは、ほぼ見られません。

黒潮の大蛇行と言うのは、西から東に流れる黒潮が、紀伊半島から東海沖で大きく陸から離れて進む現象の事です。

南海トラフ地震は黒潮の大蛇行を避けるようにして発生する事が多いのです。

9月頃から、黒潮は大蛇行期に突入しているため、条件(2)を考慮すると南海トラフ地震が今すぐ発生する可能性は低いように感じるかもしれません。

ですが、黒潮の大蛇行を過去数百年にさかのぼって把握する事は出来ません。

あくまでも近世以降の傾向にすぎないんです。

つまるところ、誰から見ても明らかなのは「南海トラフ地震は12月に起きやすい」という条件(1)だけです。

いずれにしても、1100年前、400年前、300年前の状況と不気味なまでにリンクしている大災害の連鎖のうち、未だに発生していない富士山噴火、南海トラフ地震、首都直下地震には、じゅうぶん過ぎるほど警戒するべきでしょう。

南海トラフ地震は12月に最も起きやすいという事は忘れないでください。

スポンサーリンク

おすすめの記事