南海トラフ地震の30年発生確率が「70%~80%」に

 

南海トラフ地震

南海トラフと言いますのは、静岡から四国にかけて太平洋がわにある深さ4000メートルクラスのみぞ状の地形のことです。

この箇所は、海側のプレートのフィリピン海プレートが陸側のプレートのユーラシアプレートにぶつかって沈み込んでしまう場所です。

プレート境界地震が一定サイクルで生まれてきたのです。

スポンサーリンク

フィリピン海プレートは1年で3センチ~4センチのスピードで北西の方向に進行して、100年で3メートル~4メートルの歪みを蓄積することになります。

そのせいで、100年~150年のサイクルでM8レベルの地震が発生してきたのです。

これまでに発生した南海トラフ地震では、南海トラフ全体がいっぺんに活動したり、東と西が分断されて活動する事があって、南海トラフ地震の出現の形態は多種多様です。

 

古文書に記載されている南海トラフ地震の軌跡

古文書に記載されている中で南海トラフ地震の可能性がある地震は、684年に発生した白鳳地震(はくほうじしん)、887年に発生した仁和地震(にんなじしん)、1096年に発生した永長地震(えいちょうじしん)、1099年に発生した康和地震(こうわじしん)、1361年に発生した正平地震(しょうへいじしん)、1498年に発生した明応地震(めいおうじしん)、1605年に発生した慶長地震(けいちょうじしん)、1707年に発生した宝永地震(ほうえいじしん)、1854年に発生した安政地震(あんせいじしん)、1944年1946年に発生した昭和地震(しょうわじしん)です。

ですが、慶長地震(けいちょうじしん)は揺れによって被害を被った記録があまりなくてツナミ地震だったのではないかと考えられています。

これまでに発生した地震活動の履歴がこれ程までに詳細に記録されているケースは世界を見渡しても稀です。

古文書がたくさん残されている日本ならではの事です。

古文書の記載が南海トラフ地震に当てはまるかどうかの解釈は、『京都で強烈に揺れた』、『高知(土佐)で地盤沈下や潅水があった』、『ツナミがあった』、『道後温泉(どうごおんせん)等の井戸が枯れた』等の記載があるかないかで決定されています。

言うまでもなく、古文書の被害記録から推測されているに過ぎませんので、記載漏れの地震がある可能性がありますし、震源域もハッキリとはわかっていません。

そういう理由から、遺跡発掘調査で発見された液状化跡等も目安になっているんです。

それから、白鳳地震(はくほうじしん)以前の地震に関しては、地盤内に残っているツナミ堆積物等から活動していた時期が想定されているのです。

 

日本書紀で見受けられる白鳳地震(はくほうじしん)の記録

白鳳地震(はくほうじしん)に関しましては、日本書紀に、

「天武天皇十三年冬十月 壬辰。

逮于人定、大地震。

挙国男女叺唱、不知東西。

則山崩河涌。

諸国郡官舍及百姓倉屋。

寺塔。

・・・・」

と記載されています。

大規模な地震、土砂崩れなどの災害、建築物の倒壊、温泉枯、土佐の浸水、強烈な揺れ等の記載があります。

違う箇所にツナミに関する記述も見受けられます。

 

時間予測モデルでこれから先に発生する地震を推測

宝永地震(ほうえいじしん)、安政地震(あんせいじしん)、昭和地震(しょうわじしん)は、古文書の記録の多さから、間違いなく南海トラフ地震であると考えられているようです。

被害記録から、それぞれの地震の震源域の大きさは、

宝永地震(ほうえいじしん)は日向灘(ひゅうがなだ)も含めて南海トラフ全エリアで「大」、安政地震(あんせいじしん)は「中」、昭和地震(しょうわじしん)は駿河湾域を除くエリアに限定され「小」と考えられています。

高知県室津(むろつ)港で起きた地殻変動が原因の隆起量も各々、大、中、小です。

これらの事は時間予測モデルから導き出された答えです。

時間予測モデルと言いますのは、次回の地震が発生するまでの期間と前回の地震のすべり量は比例するというモデルなんです。

この考え方で推測すると、大型の地震が発生した後は次回の地震までの間隔が長くなって,小規模の地震の後は短くなります。

ですから、大型の宝永地震(ほうえいじしん)の後が147年、中レベルの安政地震(あんせいじしん)の後が90年でしたので、小さな規模だった昭和地震(しょうわじしん)の次に発生する地震は90年よりも短い可能性が高いという事になります。

既に昭和東南海地震・南海地震が発生してから74年・72年が経過しているので、そろそろ危ないという事です。

地震が発生して以降、年数が経過すると共に毎年発生する確率が上昇していきますので、今回、今後30年間での確率が従来の70%前後から70%~80%に見直されたのです。

 

将来地震が発生すると予測される時期には様々な説がある

近年になって、慶長地震(けいちょうじしん)は南海トラフ地震とは言えないのではないかとの指摘も見受けられます。

それと、安政地震(あんせいじしん)と昭和地震(しょうわじしん)を一緒にして1つの地震だと捉えて、地震の発生間隔は200年をオーバーするかもしれないと主張する人もいます。

時間予測モデルの考え方を適用しないで、これまでに発生した地震の規模に影響されずにランダムに起こると仮定すれば地震が起きるパーセンテージはもっと小さくなります。

そんなわけで、70%~80%と言いますのは、1つの考え方によってもたらされる数字でしかないという面もあります。

そうは言っても、

地震の発生確率が何%だったとしても、南海トラフ地震は、相当なダメージをもたらす事が分かっている地震で、どのみち絶対に発生するわけですから、被害を軽減させるために極限までの努力を常時した方がよいと思います。

スポンサーリンク

おすすめの記事