【南海トラフ地震】発生時期には法則がある?! 7月以降は超やばい!?

南海トラフ地震(なんかいとらふじしん)はいつ何時発生しても不思議ではないと考えられています。

最悪の場合3万人を超える犠牲者が出ると想定されています。

地震調査委員会が導き出した2013年1月から30年間でマグニチュード8~9級の地震が起きるパーセンテージは、60~70パーセントです。

しかし、この数字はあくまでも確率論に基づいた推定に過ぎません。

スポンサーリンク

具体的にいつ発生するかは誰にもわからないのです。

ですが、私がこれまでに起きた南海トラフ地震(なんかいとらふじしん)を調べて見た結果、発生する時期に“へだたり”がある事が判明しました。

昭和21年に発生した昭和南海地震(しょうわなんかいじしん)の前兆現象を地元の漁師等から聞いて回った人が、その結果を本にまとめたのですが、この本は大変に参考になります。

 

南海トラフ地震が起きる時期には“へだたり”がある !

歴史上明らかになっているこれまでに起きた南海トラフ地震(なんかいとらふじしん)は十数回あります。

ですが、それらは全て7月~2月のあいだに発生しているのです。

特に12月に集中しています。

3月~6月、春先から初夏にかけては何故か発生していません。

現段階では、その理由は全くわかりません。

私が、過去に南海トラフ以外のエリアで発生した大規模な地震に関して調査してみた結果、発生する時期にへだたりを見つける事はできませんでした。

各月にほとんど均等に発生しているんです。

なぜなのかわかりませんが南海トラフ地震(なんかいとらふじしん)だけ、発生する月にへだたりがあるのです。

 

黒潮の大蛇行(だいだこう)との関係性!

どうして南海トラフ地震(なんかいとらふじしん)だけ発生する時期にへだたりが見られるのでしょうか?

その理由を探す過程で、私は“黒潮“に注目しました。

日本列島の南岸に沿って流れる黒潮は、時期によって紀伊半島・遠州灘沖で南に向かって大きく蛇行して流れる事があります。

これが「黒潮の大蛇行(だいだこう)」です。

南海トラフ地震と「黒潮の大蛇行(だいだこう)」の間に何かしらの関係性があるのかどうかを調査したところ、驚くことにこれまでに起きた南海トラフ地震は、全て「黒潮の大蛇行(だいだこう)」期を避けるようにして発生していたのです。

更に調査を進めていくと、同様の研究を行っている専門家がいる事に気づきました。

気象庁地震火山研究部の岡田正実さんです。

1870年以降に発生したマグニチュード6.5以上の南海トラフ地震を調査した岡田正実さんは、地震の発生と潮流に関係性がある事に気づきました。

そして、南海トラフで発生する大規模な地震は、黒潮の直進期に発生しやすいという結論に至ったのです。

「黒潮の大蛇行(だいだこう)」は、一度起きると五年前後継続するらしいです。

因みに現在は直進期です。

ですので南海トラフ地震に注意するべき期間だと言えます。

 

地元の漁師達が語った数多くの“前兆現象”

『南海地震は予知できる』という本があります。

高知で病院の送迎バスの運転手として働いていた中村不二夫さんが、昭和21年に発生した昭和南海地震(しょうわなんかいじしん)を経験した地元の漁師からヒアリングした内容を纏めて自費出版した本です。

この本を読むと専門家でもない人が、よくもここまで書けたものだと感心させられます。

南海トラフ地震の前兆を探るうえで物凄く貴重な資料といって間違いありません。

終戦翌年の混乱のさなか、昭和21年12月21日に発生した昭和南海地震(しょうわなんかいじしん)は、マグニチュード8.0の巨大地震です。

9分間も揺れた後に、高さ4メートル~5メートルのツナミに襲われたといいます。

地震発生から10分も経過しないうちに襲いかかってきたツナミのために、高知・徳島・和歌山を中心に、1,330名の死者・行方不明者が出ました。

中村不二夫さんが運転していた送迎バスは海沿いを走っていたので、昭和南海地震(しょうわなんかいじしん)を経験した元漁師達も利用していたのです。

中村不二夫さんは、元漁師達が話している巨大地震とツナミの体験は大変に貴重なものだと確信しました。

五年の月日を費やしておよそ150人からヒアリングを行いました。

そうして得た情報を整理した結果、色々な前兆現象が見られる事が判明したようです。

その中でもとりわけ重要度が高いのが、以下の5つです。

 

① 異常干潮(かんちょう)

地震前日の夕方から大きく潮が引いたそうです。

地震発生の数日前から潮位の異常が見られたようです。

地殻変動が起きたために沿岸の地盤が隆起して潮位に異変が現れたと考えられています。

地震が発生する前夜の22時半ごろに干潮(かんちょう)はピークに達しました。

以降、水位はゆるやかに戻りましたが、地震発生直後に再び急激に引潮が発生してツナミに襲われました。

 

② 枯れた井戸の水

ある民家で、地震が発生する2~3日前から釣瓶(つるべ)で水を汲む事が出来ないほど井戸が枯れました。

地震が発生してから3時間ほど経過したら、逆に井戸水が満杯になったそうです。

 

③ 海水汚濁

高知県宇佐町の沖合で操業していたおよそ30隻の漁船で、船の流れを安定させるための漁具にどろどろしたヘドロみたいな物がくっついて、海藻(かいそう)が腐った様な異臭が発生しました。

海底の地盤が陥没して亀裂ができたために、地中から放出されたのではないかと考えられています。

 

④ 地震前の暖気

地震が発生する数日前から、12月にしては異常に暑かったようです。

これは宝永地震(ほうえいじしん)・安政南海地震(あんせいなんかいじしん)の時の古文書にも見られます。

 

⑤ 「するめいか」の大漁

その年は「するめいか」がよく獲れたようです。

それと、地震が発生する前日にはイカだけではなく漁の収穫がなくて、早い時間に仕事を切り上げた人が多かったそうです。

その他にも、地震が発生する前夜に空が真っ赤に染まったとか、地震が発生する直前に地鳴り(じなり)を聞いたというような証言もあるのです。

 

南海トラフ地震から自分自身を守るために

南海トラフ地震に関しましては、以下の条件がそろう時に特に注意が必要だと言えそうです。

✔ 7月から2月
✔ 黒潮の直進期(大蛇行が起きない期間)
✔ 前兆と考えられる異常現象が見られた時

中村不二夫さんが収集した前兆現象は、全て人間の五感で捉える事が可能です。

特別な測定器は不要です。

特に南海トラフ地震が発生した際に甚大な被害が想定されているエリアで生活している方々はその時に備えて頂きたいです。

スポンサーリンク

おすすめの記事