南海トラフ地震で日本は確実にお終い?! 被害推計に原発考慮せず、損害額は1410兆円オーバー、失意の時代20年継続!

土木学会は6月7日、南海トラフ地震(なんかいとらふじしん)や首都直下地震が起きた場合の経済被害推計を公表しました。

それによりますと、南海トラフ地震(なんかいとらふじしん)では地震後20年間の経済被害が最悪の場合、1410兆円になってしまいます。

首都直下地震では778兆円になると考えられています。

1410兆円という金額は国家予算の約14倍にあたるとてつもない数字です。

国難レベルの大震災になる可能性があると学会は警告しています。

1410兆円という金額は冗談抜きに「日本が死亡する」レベルといえます。

まだ推計に甘さが残っているような気もしますので、土木学会による試算が妥当なのかどうかきちんと検討してみる事にしました。

スポンサーリンク

 

被害推計は甘すぎる! 地震をナメてはいけない!

この度の報告書には、南海トラフ地震(なんかいとらふじしん)が発生した後、経済状態がだいたい回復すると思われる20年後までに消失する建築物や個人の資産は約170兆円、更にインフラの破損等によって経済活動が落ち込んでしまって、おおよそ1240兆円の損害が出るのではないかと記載されています。

同じ様な被害推計は、2013年に内閣府も公表しています。

内閣府は南海トラフ地震に関しては地震やツナミがもたらす建物の被害をマックスでおよそ170兆円、首都直下地震が発生したケースでおおよそ47兆円と見積もっています。

ただし、土木学会のように20年という長い期間に亘って経済活動に及ぼす影響までは考慮していません。

平成7年に起きた阪神淡路大震災の被害総額は、兵庫県だけでおおよそ10兆円だったわけですが、今回の推計と対比させてみると、南海トラフ地震が発生したらどれほど大きな災害が待っているか想像出来るのではないでしょうか。

しかしながら、そうは言っても正真正銘この数字が最悪の被害想定なんだろうかという疑問が残ってしまいます。

土木学会は、建築物の倒壊等がもたらす被害想定を算出するのはお手のものでしょう。

ですが、ツナミ等を含めた“完璧”な被害推定と言って問題ないのでしょうか?

例えば、岡山市を縦横無尽に駆け廻る用水路は、総延長がおおよそ4千kmという長大なものです。

岡山大学のシミュレーションによると、岡山市を縦横無尽に駆け廻る用水路がツナミ発生時に海水の遡上によって被害を拡大させてしまう可能性が高いと言います。

こういった被害に関しては、内閣府や土木学会の想定に含まれていないでしょう。

 

現段階の被害推計は原発事故を全く想定していない!

このような“考慮漏れ”は、もっと多方面にわたって存在する可能性があります。

極めつけは、何といっても「原発事故」と言って間違いないでしょう。

日本政府の想定では、南海トラフ地震が起きた際の死者は、マックスで32万人オーバーと試算されています。

しかし、その試算には「原発事故」がもたらす被害想定は全く含まれていないんです。

この度の土木学会の想定も同様で、浜岡原発(静岡県御前崎市)等々で甚大な事故が発生しないという前提の被害想定でしかありません。

うがった考え方をすると、原発推進派が主力になっている現政権の“意向”が反映されているのではないかとさえ思えます。

東日本大震災が発生する前、宮城県沖で大規模な地震が起こる確率は「30年以内に99%」と想定されていました。

ですが、その被害想定には福島原発の事故は含まれていませんでした。

すでに皆様もご存知の通り、「想定外」の壊滅的な事態が起こってしまいました。

このような重大な前例があるというのに、南海トラフ地震の被害想定に原発事故が含まれていないのです。

どう考えても問題があると言うしかありません。

南海トラフ地震が発生すれば東日本大震災を上回る位の災害が起こる可能性が高いわけですから、原発事故が発生したケースの被害も試算するべきです。

 

浜岡原発は超危険!

南海トラフ地震が発生した際に、最も重大な事故が危惧されているのは浜岡原発です。

浜岡原発は、平成23年5月に完全に停止してから7年が経過しているわけですが、中部電力等は再稼働を目指しています。

浜岡原発がある静岡県御前崎市は、南海トラフ地震が起きたらマックスで震度7の揺れになって、19メートルの高さのツナミが襲いかかってくると考えられています。

地震が発生してからツナミが到達するまでの時間は、驚くことに5分といいます。

地震が発生すれば、ほぼ同時にツナミが襲うと考えておくべきでしょう。

なお、浜岡原発では平成28年に高さ22メートルの防潮堤が完成しました。

言うまでもなく、高さ19メートルのツナミが襲いかかると“想定”しての事です。

しかしながら、厚さが2メートルとあり得ないほど薄いんです。

自然の猛威は、時にあざ笑うかのごとく人間の想定を平気で超えてきます。

その事は、私達が東日本大震災から学んだ事の1つです。

岩手県の田老地区には、もともと高さ10メートル×厚さ20メートルの防潮堤がありました。

ですが、東日本大震災のツナミはその2倍の高さにまで到達してしまい、自慢の防潮堤は木っ端微塵に破壊されたのです。

これまでのいきさつから考えたら、浜岡原発の防潮堤は驚くほど頼りないものです。

「国難」から何が何でも国民を守るという必死さが全然感じられません。

 

首都直下地震でも数々の“想定外”が起きる!

これまでお話させて頂いた事は、南海トラフ地震に的を絞って“現実の被害”に関して考えてきた事です。

しかし、首都直下地震が発生した際にも、南海トラフ地震を超える「想定外」が起きる可能性があるのです。

具体的に言うと、都心部を縦横に走っている首都高・・・

以前お話させて頂いたのですが、私の知り合いは「首都高の都心部分は地盤が軟弱な河川上を走っているので、地震の大きさ次第では全壊する可能性がある」と語っていました。

マグニチュード7を超える首都直下地震が起これば、想像を超える大惨事が起こってしまうように思えてならないのです。

それらの他にも検討しなければならない要素はたくさんあります。

私は常日頃から、「地盤が良いか悪いかが大規模な地震が発生した際の生死を分ける」と口にしています。

ご存知かもしれませんが、東京都内の地盤は最低です。

とりわけ23区の下町は元々海や川だった軟弱な地盤の土地が多いのです。

銀座・渋谷・田園調布というような繁華街や高級住宅街でもビルや住居の倒壊はどうにもできないでしょう。

木造住宅が密集しているエリアで火災が発生しても、通り沿いのビルが倒壊したりすれば消防車が出動できなくなってしまうかもしれません。

何はともあれ、南海トラフ地震が発生した際には浜岡をはじめ原発事故が大いに懸念されます。

現実に浜岡原発で事故が起こってしまえば、それこそ日本は終焉を迎えてしまう可能性があるのです。

放射能による汚染が酷ければ、日本で生活を送る事は不可能で、海外移住も真剣に考えなくてはいけません。

スポンサーリンク

おすすめの記事