【メイウェザー対那須川】
続出する波紋!
「3R(ラウンド)の
非公式ボクシングマッチ」
になる模様!

 

フロイド・メイウェザー・jr(ジュニア)対那須川天心(なすかわてんしん)の異種格闘技戦の波紋が止まりません。

ルールに関しては「最長で3Rのボクシングマッチ」になりそうです。

スポンサーリンク

プロボクシング、50戦0敗の元5階級世界チャンピオン、フロイド・メイウェザー・jr(41、アメリカ)が
“神童”と呼ばれる32戦0敗の天才、那須川天心(なすかわてんしん)と
大晦日に異種格闘技戦を行う事になりましたが
日本とアメリカ両国で波紋が巻き起こっています。

米ボクシング専門サイト「ボクシングシーン」は、
未だ完全に決まっていないルール問題に触れました。

「複数の情報筋の話では、
この試合は、フロイド・メイウェザー・jrの戦歴(50戦50勝27KO)に加えられる試合ではありません。

完全なエキジビションで
3R以内になりそうだ」
と伝えました。

今の段階では、
正式なルールは決定していません。

榊原実行委員長は、
「スペシャルスタンディングバウトになる。

那須川天心(なすかわてんしん)がボクシングシューズを着用しない時点で、
もはやボクシングルールが成立しない。

ルールでバックブローが認められれば、
尚更ボクシングとは言えない。

例えば一Rで五回だけ蹴りがOKというようなルールも検討しています。

エキジビション?

この試合はフロイド・メイウェザー・jrの50戦の公式試合に加えられない非公式マッチかもしれません。

ですが真剣勝負です」
と説明しました。

記者会見で
「キックルールでもOKなのか?」
と聞かれたフロイド・メイウェザー・jrは、
明確な返答はしませんでした。

いっぽう、那須川天心(なすかわてんしん)は
「ルールに関しては何でもOK。
ボクシングルールでもOKです」
と明言しました。

また、イギリスの「ジョーメディア」も
「悲しいことですが、
フロイド・メイウェザー・jrと那須川天心(なすかわてんしん)の試合の詳細が浮かび上がってくる」
という見出しで、
「ルールや体重、グローブに関して
詳細は(記者会見で)明らかにはされませんでしたが、
私達は『マネー(フロイド・メイウェザー・jr)』が自分にとって有利なボクシングルールから、僅かでも離れるとは全く考えていませんでした」
と皮肉混じりに報道しました。

「ジョーメディア」は、
「ボクシングシーン」が伝えた「ボクシングの3Rエキジビションマッチ」という記事を引用して、
「残念?その通り。
予想していたか?
全くその通り」
と続けました。

ですが、そのいっぽう、
「この試合はRIZINとフロイド・メイウェザー・jr両者にとってウィン―ウィンのものになる」
とも指摘しました。

RIZINは団体のブランドが上昇します。

将来が期待されている天才キックボクサーに
世界中から大きな注目を集める事ができます。

フロイド・メイウェザー・jrは
莫大な金額のファイトマネーを受け取る事ができます。

さらにフロイド・メイウェザー・jrは、
引退を撤回して、
マニー・パッキャオとの再戦を望むのではないでしょうか。

フロイド・メイウェザー・jrは、
那須川天心との試合をマニー・パッキャオとの再戦に向けた調整試合と考えているかもしれません。

那須川天心(なすかわてんしん)戦をステップにして
フロイド・メイウェザー・jrのボクシング復帰が
本格化する可能性は大いにあるでしょう。

来年あたり、
6階級世界チャンピオン、マニー・パッキャオ(39、フィリピン)との再戦が実現するかもしれません。

フロイド・メイウェザー・jr対那須川天心(なすかわてんしん)の試合は
ペイ・パー・ビュー(PPV)の大興行にはならないでしょう。

フロイド・メイウェザー・jrが過去に戦ってきた試合は、
全米の有料チャンネル(PPV)である
「HBO」、「ショータイム」が放映してきました。

去年8月に行われた
総合格闘技「UFC」元2階級チャンピオン、コナー・マクレガー(30、アイルランド)の試合は「ショータイム」で、
日本円にして一万円弱の高額な視聴料で
PPV放映されました。

にもかかわらず
歴代2位になる
430万件もの売り上げを記録したのです。

フロイド・メイウェザー・jrが、
トータルで300億円ものビッグマネーを稼ぐ原資になりました。

PPVを成功させたいなら、
アメリカ時間のプライムタイムに試合を行わなければなりません。

ですが榊原実行委員長は
「日本ファーストで行う」と明言しました。

アメリカ時間に合わせてスケジュールを調整する考えがない事を明言しました。

この試合は
アメリカ東海岸時間で14時間、
西海岸時間で17時間早い埼玉県で
月曜日の夜遅くに行われる事になります。

アメリカでは月曜の朝です。

ペイ・パー・ビューでのボクシングイベントでは、
フロイド・メイウェザー・jrのここ数年の試合で設定された視聴料金なら
売り上げをあげる事はできないでしょう。

それでも「ショータイム」のみならず、
インターネットのストリームサービス「ESPN+」、「DAZN」で
全米放映の可能性があるようです。

榊原氏も
「世界中に中継します。
北アメリカでの放映権契約も屈辱的な契約ではありません。
フロイド・メイウェザー・jr側とシェアする事になっています」
と説明していました。

またフロイド・メイウェザー・jrとの再戦を望んでいるUFCのマクレガーが、
この試合の決定を受けてインスタグラムで
「フロイド、サウナスーツでも着ているのか。
東京は暑いのか?
それともここから何か物語が生まれるのか?
いったい何が起こっているのか?
隣の小さな奴は誰だ?
ラッシュアワー5(ジャッキー・チェン主演映画)か何かなのか。
クリス・タッカーとジャッキー・チェンかよ」
と挑発的とも言える投稿をしました。

すぐに那須川天心(なすかわてんしん)も、インスタグラムを使って英文で
「こんにちは、マクレガーさん。
私の名前は那須川天心(なすかわてんしん)です。
私はジャッキー・チェンではありません。
私はアナタの敗北のかたきを取る事を約束しますので、
私の試合を見て下さい」
と反撃しました。

この“場外戦”に関しても
アメリカのマスコミは即座に話題にしました。

アメリカの「コンプレックス誌」は
「那須川天心(なすかわてんしん)が、
マクレガーの人種差別的なインスタグラムに対してパーフェクトな返答」
という見出しで
那須川天心(なすかわてんしん)の紳士的な対応を絶賛しました。

記事では
両者のインスタグラムの内容を紹介したうえで
「とくにマクレガーに冷静沈着に返答したところ等、
那須川天心(なすかわてんしん)は
若干20歳とは思えない」
と那須川天心を高く評価しました。

「那須川天心(なすかわてんしん)は、
大晦日の対戦でフロイド・メイウェザー・jrを倒せないかもしれません。

ですが、彼は、
もうすでにスターの卵だ」
と、世界的に見ればまだ無名といえる日本のキックボクサーに好意的な目を向けました。

ルール問題等に賛否両論があるでしょう。

ですが、
世界中のマスコミを巻き込んだ時点で、
この世紀の一戦は成功と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事