【松本人志大嫌い】「アンチ松本」を公言する元女子アナって誰?

松本人志さんの発言が物議をかもしています。

発端になったのは
10月14日に放送された
「ワイドナショー」(フジテレビ系)での発言です。

スポンサーリンク

愛媛県のご当地アイドルの16歳の女の子が
自ら命を絶ったニュースを伝えたのですが、
松本人志さんは「僕は『やっぱり死んだら負け』という事をもっとみんなが言わないと」
「死んだらみんながかばってくれるっていう風潮がすごく嫌」

と発言しました。

松本人志さんは、
『安易に命を断ったりせずに
力強く生き抜いていかなければならない』

と伝えたかったのでしょう。

ですがインターネット上では
賛同よりも批判の声のほうが多いようです。

「死者にムチ打つ言葉だ」
という意見が目立つようです。

批判を受けた松本人志さんは
17日、自身のツイッターで
〈自殺する子どもを1人でも減らすため
【死んだら負け】を俺は言い続けるよ。。。〉

と綴りました。

松本人志さんの発言を巡っての
インターネット上の騒動は、
業界の人間も注目しているようです。

最近、インターネット上で
松本人志さんの“アンチ”が
急激に増えたようです。

この度の『死んだら負け』発言だけではなく、
本年2月の『ワイドナショー』で
ネットカフェ難民について
『ちゃんと働いてほしい』
と発言した時も
インターネット上で強烈に叩かれたのです。

松本人志さんの発言を強烈に批判する人間に共通していることは、
いわゆる『リベラル』で
人権問題に関心があるという事です。

“元女子アナ芸能人”の中には
『アンチ松本』を堂々と宣言している人もいます。

その元女子アナというのは
小島慶子さんです。

小島慶子さんが人権を守る立場から
『松本人志さんの誤り』を周辺の人間に熱っぽく喋っているのは
業界内では有名です。

小島慶子さんからすると、
この度の『死んだら負け』発言を
許せるはずがありません。

昨年末の『ガキ使』で放送された
ベッキーに対する“タイキック”に関しても
小島慶子さんは『イジメやハラスメントになる』
とツイッターに投稿したくらい松本人志さんと考えが合いません。

今後更に
「アンチ松本」芸能人が増える可能性はあります。

スポンサーリンク

おすすめの記事