【腰痛ベルト】腰の痛みに悩んでいる方には腰痛ベルトがおすすめ

腰痛は今や国民病と言われています。

因みに筆者もご多分に漏れず腰痛です。

腰痛ベルトは、腰痛の痛みを楽にして、
予防にも役立ちます。

メーカーによって、骨盤矯正ベルト・腰痛サポーター・腰ベルト・腰部保護ベルト等、
名称は様々です。

スポンサーリンク

実にたくさんの腰痛ベルトが販売されていて驚いてしまいます。

種類が多すぎるので、
購入したくても、
どれにしたらいいか決めてしまう事が出来ずに
迷ってしまう人も多いみたいです。

というわけで当記事では、
どのような事を基準にして腰痛ベルトを購入したら良いのかを、
わかりやすく説明させて頂きます。

是非とも参考にしてください。

アナタ自身にフィットする腰痛ベルトを使用して、
腰痛の改善や予防に役立ててください。

腰痛ベルトとは?

腰痛ベルトは腰痛バンドとか骨盤ベルトと言われる事もあります。

よく理解してないまま使っている人もいらっしゃるようですね。

ですが、出来るならば、ただしく理解して利用したいですよね。

まずはじめに、そもそも腰痛ベルトというのはどのような物なのかお話させて頂きます。

腰痛ベルトは腰痛を治療するための物ではありません。

腰痛ベルトというのは、腰痛をサポートする事が目的です。

ですので、腰に巻き付けていれば腰痛が完治するなんて事はありません。

仕組みは至ってシンプルです。

腰に巻く事で、内側から支えて腰椎の負担を軽減します。

腰痛ベルトを腰に巻くと、
痛みが出てしまうような姿勢になりにくいので、
腰痛を予防する効果もあります。

 

腰痛ベルトの長所・短所

仕事柄、重い物を持ちあげる人は、
是非とも腰痛ベルトを腰に巻き付けて頂きたいですね。

腰痛を予防出来ます。

又、既に腰痛になってしまった人は、
腰の痛みを和らげる事が出来ます。

このような長所があるんですが、
1日中腰に巻き付けていると筋力が低下してしまいます。

そうなると、腰痛になりやすくなります。

ですので、ずっと腰に巻くのではなくて、
ココぞというときに利用してください。

 

腰痛ベルトの選びかた

腰痛ベルトは便利ですが、
アナタ自身にフィットする物でないと、高い効果は見込めません。

何を基準にして買えば良いのかお伝えさせて頂きます。

初めての方は高価な物は避ける

値段が高ければ高いほど性能が良いと勘違いされている方がたまにいらっしゃいます。

実は、値段が違っても、性能はそれほど変わらないんです。

この頃の腰痛ベルトは、低価格の物でも、高級タイプと同じレベルの締め付け力がある物もあるんです。

ですので、無理して高級な物を買わなくても問題ありません。

低価格でシッカリした物を買うのがおすすめです。

とくに腰痛ベルトの購入が初めての場合は
どういった物がフィットするのか分からないでしょう。

高い物を買って合わなかったら後悔する事になります。

安い物であれば、
気軽に買い換える事ができます。

通気性の良い物を買う

腰痛ベルトは身体に巻き付けて使います。

ですので通気性は大変に重要なポイントです。

寒い季節は問題がないんですが、
暑い季節になると、
汗疹(あせも)が出る事もあるんですよ。

夏でも気持ちよく使用できるように、
通気性が良い物を選択してください。

通気性が良いかどうかは簡単には分からないかもしれません。

ですが、通気性に関しての記載にシッカリと目を通して、大丈夫だと思える物を買ってください。

メッシュのような通気性の良い生地を使用している物ですと、
快適に使えておすすめです。

ズレない物を買う

腰痛ベルトを買う時にはフィット性も大切です。

二段式やニ重構造になっている物はズレにくいです。

二段式ですと一本のベルトの物よりも支える範囲が広くなるのでズレにくいんです。

二重構造の腰痛ベルトは、補助ベルトを使用して二重になっています。

1本だけの物よりも締め付けがシッカリしています。

とくに、重い物を持ち上げるような仕事をしている方は、
作業中にズレたりすると、何回も付け直さなくてはならなくなります。

そんな事では仕事がスムーズに進みませんよ。

二段式か二重構造の腰痛ベルトを使用して、快適に仕事をしてください。

スポンサーリンク

おすすめの記事