腰痛(ようつう)の疑問アレコレ

腰痛(ようつう)になってしまう原因は色々な事が考えられます。

足が痛んだり、
シビれたりするようなら、
背骨の中にある神経が圧迫されてしまっている可能性があります。

足のシビれや痛みをほったらかしにしない事が大切です。

スポンサーリンク

長期間にわたって神経が強烈に圧迫されてしまいますと、
神経自体が痛んでしまって、
治療をしたとしても、
簡単に症状が回復しなくなる事が多いです。

それと、
腰痛(ようつう)になった事がきっかけで、
大変な病気になってしまう事もあります。

出来るだけ早い段階で正しい対処を施す事が極めて重要です。

症状が酷いようなら、
一度、病院に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

腰が痛い時、お風呂はOK?

入浴して身体を温めると驚くほど血液の循環が良くなります。

その他にも、
リラクセーション効果や、
カチカチになった筋肉を柔らかくしてくれる等
たくさんの効果が期待できます。

ですので、
当然ながらユックリお風呂に浸かると
ほとんどの場合腰痛(ようつう)にも効果を発揮します。

ですが、
ごく稀にお風呂に入る事によって、
痛みが更に増してしまうケースもあります。

どういう場合に
そのような事になってしまうのかと言いますと、
炎症が起こっていたり、
自律神経系に異常があったりした場合です。

もしも、お風呂上りに痛みが増しているようなら、
温めるのは止めましょう。

逆に、
冷やすと楽になるケースがあります。

 

突然、腰が痛みに襲われた時の対処法

突然、腰が痛みに襲われた時は、
とりあえず安静にする事が先決です。

2~3日で楽になるようなら、
とりあえず大丈夫です。

病院で診てもらうのは、
ある程度痛みが楽になってからでも問題ありません。

万が一、日増しに痛みが強烈になっていったり、
強くシビれたり麻痺するようなら、
出来るだけ早い段階で病院の先生に診てもらってください。

 

腰が痛い時は
体操は止めたほうが良いの?

痛みを治療する時は、
「痛い事は避ける」というのが基本的な考え方です。

鋭い感じの痛みに襲われているようなら
かなり注意するべきです。

例を挙げると、
背骨を骨折していたり、
ヘルニアが重症の方は、
軽めの体操だとしても控えるべきです。

軽度の痛みや、慢性的なダルいような症状であれば、
体操等を行って、
ある程度は身体を動かしたほうが早く治ります。

出来るだけ、
病院の先生の指示に従ってください。

自己判断は危険です。

 

病院で検査しても異常なし!
でも腰が痛い!

腰痛(ようつう)の検査では
神経や骨の状態を診察してもらいます。

病院の検査では異常がなかったのに、
腰が痛いのであれば、
関節の動きが悪くなっていたり、
筋肉が緊張しすぎてしまっている事が原因で
痛みが出ている可能性があります。

そのような場合は、
リハビリ担当の先生に筋肉や関節の動きをチェックしてもらう事をオススメします。

MRI(磁気共鳴画像法)の画像診断は専門医以外の人では、
正確に判断する事が極めて困難です。

さしあたって、
専門の先生に診断してもらう事をオススメします。

 

マッサージや指圧はOK?

痛いところや疲れているところをマッサージしてもらうと気持ちが良いです。

腰痛(ようつう)になってしまう原因は色々な事が考えられます。

筋肉の緊張や血液の循環障害、関節の動きの悪さから来る痛みには
マッサージや指圧は効果を発揮します。

ですが、
骨や神経による痛みの場合は
マッサージや指圧をして刺激を与えると
かえって症状が悪化する事があります。

何も腰痛(ようつう)に限った話ではありませんが、
痛いとついついその場所に手が行ってしまいます。

基本的に痛い時はマッサージや指圧はNGです。

さしあたって病院で診断を受けてみる事をオススメします。

 

腰痛(ようつう)で起きるのがツラい

寝起きする事くらいは
健康な時なら当たり前に出来てしまいます。

ですが、
腰痛になると思い通りにならないんです。

腰が痛い時に起き上がろうとするのであれば、
まず横向きになってください。

どちらでも構いませんので、
痛くない側に横向きになってください。

下になっている方の肘をついて、
無理せずに少しづつ上体を起こして行ってください。

ベッドなら、横向きになった際、
足をベッドから降ろしても構いません。

真っすぐに起きるのは、
腰に負担がかかりすぎるので、
止めておきましょう。

 

なぜ、その日によって
腰痛(ようつう)にムラがあるの?

日によって調子にムラがある人は案外多いです。

ヘルニアの方は、
その日によってヘルニアの飛び出し具合が変わるという事はほぼあり得ません。

という事は
ヘルニアの存在以外に痛みを調節している要素があるはずです。

その要素というのは自律神経だったり、
血液の循環状態だったりと色々です。

ヘルニアが悪くなっているわけじゃないので、
そう深刻になる必要はありません。

例え調子が悪くても、
「ムラがあるのは当たり前」くらいの気持ちで、
気にしないようにしてください。

そのほうが精神的にも健全だと思います。

 

腰痛(ようつう)がツラすぎて
やる気がまったく起きず、
精神的に落ち込んでいる

最近の研究で、
痛みと精神状態は密接な関係がある事が明らかになって来ました。

痛いと感じる神経は脳の中のメンタル面を司る(つかさどる)部分にも繋がっています。

ですので、
痛みが長く続いてしまうと
精神的にも異常を来たしてしまいます。

その逆も然りで、
メンタル面での不安が
痛みを増大させてしまう事もあります。

痛みが長引くとツラいですが、
痛みにとらわれすぎないでリラックスできるように工夫したり、
趣味をエンジョイしたりしてメンタル面でのケアを忘れないでください。

 

天気が悪いと
腰痛(ようつう)が酷くなる

雨が降ると古傷が痛んだり、
体調が悪化してしまうという人は結構多くいらっしゃいます。

天候が変化したために体調が悪くなったり、
痛みを感じたりする事を「気象病」と言います。

天候が変化することで身体の中の分泌物や循環状態、
或いは自律神経系に混乱が生じてしまって、
痛みや体調不良を引き起こしてしまいます。

対処法としては、
さしあたって栄養をしっかりとって身体を休める事です。

また軽めの運動や入浴で血液の循環を促して、
冷房や暖房に頼らずに、
環境の変化に身体を慣れさせる事も大切です。

 

腰痛(ようつう)の人は
硬いベッドのほうが良い?

ベッドの硬さに関しては、様々な意見があります。

体重や背骨の状態によって、
当然ながら個人差が出てきます。

ですので一概に言う事はできませんが、
ベッド選びの目安として
以下の事を参考にしていただけたらと思います。

✔ あお向けに寝っころがった際、
腰の下に手が入らない位に身体が沈む。

✔ お尻・背中の二点に均一に圧力がかかっている。

朝、目が覚めると首が痛かったり、
肩がバリバリに固くなっているようなら
枕がフィットしていない可能性があります。

高さや硬さ、素材等、
最近は枕も数えきれないほどの種類が存在します。

そう簡単には自分自身にフィットする枕を見つける事はできません。

 

枕を選ぶ際のポイント

✔ 後頭部を圧迫しすぎない硬さ

✔ 頭を預けた際、
首が丸まったり反り返ったりしない高さ

ベッドや布団で横になった際に、
首や頭は、普段立っている時の姿勢と同じポジションにあるのが理想的です。

首や肩の周辺がツラいという方は、
枕選びには慎重になって頂きたいです。

 

コルセットは必要?

コルセットは、
腰の保温、保護等、色々な効果が期待できます。

硬さや幅、巻きつけるポジション等を使い分けると、
より多くの効果が期待できます。

購入するのであれば、
通気性や伸縮性のあるコルセットにしましょう。

サイズ的には15センチ位の幅のものが良いでしょう。

コルセットは腰痛(ようつう)の方には強い味方になります。

ですが、
あくまで、保護したり固定する事が目的です。

腰痛の症状が余りにも酷いようでしたら、
病院の先生に診察してもらった上で、使用して下さい。

 

腹筋を鍛えると良い?

腹筋は背骨を
真っ直ぐ立たせるために極めて重要な筋肉です。

筋力は強いに越した事はありません。

ですが、
腰を保護する事が目的なら、
無理してハードなトレーニングをする必要はありません。

① あお向けに寝っころがってヒザを立てて、
大きく息を吸ってください。

② フーッと息をはきながら
ヘソを覗き込むように頭を上げていってください。

③息を吐き切ったらユックリと元の姿勢に戻ってください。

一日10回位行ってください。

慣れないうちは
この程度の回数で十分です。

 

腰痛(ようつう)は、
冷やしたほうが良いの?
温めたほうが良いの?

痛めた直後とか、
激しい運動をしたりして腰を酷使した場合は話は別ですが、
大抵の場合、温めても問題はありません。

ただし、
ごく稀に神経に異常があって
温めると痛みが更に増してしまう人がいらっしゃいます。

入浴すると痛みが増してしまうような方は
温めないでください。

ついでながら、
冷湿布と温湿布には患部を冷やしたり温めたりする効果はほとんどありません。

ですので、より心地良い方を選んでいただくのが良いでしょう。

 

楽な就寝方法

寝っころがった姿勢は
腰に体重がかかってないので、
負担が少ないはずです。

ですが、
就寝中に腰が痛むという方は結構多いんです。

就寝中の痛みで一番多いのは、
あお向けになって足を伸ばした際の痛みです。

足を伸ばす事で
骨盤が引っ張られてしまって、
腰に力が伝わって痛みが生じてしまいます。

このような場合は、
ヒザの下にクッションを入れて足を立てたり、
横向きになって少しばかり丸まって寝っころがると楽になります。

 

心因性の腰痛(ようつう)

精神面と身体の痛みは密接な関係があります。

ストレスを溜め込んでしまうと
痛みを感じやすくなるという事が
近年、明らかになって来ました。

 

どのような薬が良いの?

一般的には湿布や内服薬が一番多く利用されています。

その他には、
神経や血管の働きを改善するビタミン剤や、筋弛緩剤が多く利用されています。

最近は薬も進化してきていて、
副作用を抑えたものとか、
従来とは異なる作用で症状を抑えるものなど、
多種多様な物が並んでいますが、
むやみに、薬に頼ったりしないでください。

身体の調子や、薬を使用した際の感想を病院の先生に伝えてみてください。

先生に相談しながら、
あなた自身に合う薬を見つけるようにしましょう。

 

腰に優しい座り方

長時間にわたって同じ姿勢で座っているのは、
腰痛(ようつう)の方にはツラいです。

腰痛の方が椅子に座る際には、
椅子の一番奥までお尻を入れて、
深く座ってください。

真上に手を伸ばしてから、
そのままユックリ手を降ろして、
肩の力を抜いて少々顎(あご)を引いてください。

このようにすると背骨が正しい姿勢におさまるはずです。

デスクワークの際は、
背骨を常にその状態にキープできるように
机や椅子の高さを調節してください。

 

うつ病の薬が
腰痛(ようつう)に効くの?

うつ病の原因の一つと言われているセロトニンやノルアドレナリンは、
痛みと密接な関わりがあります。

とくに慢性的な痛みと深い関係があるんです。

うつ病の薬には、それらの物質を正常に戻して痛みを和らげる効果があります。

ですので、医者が慢性的な腰痛(ようつう)の方にうつ病の薬を処方する事は珍しいことではありません。

ただし、
病院の先生や薬剤師からしっかりとした説明がないまま
うつ病の薬が処方されてしまって、
トラブルに発展する事も多いようです。

 

関節痛に効くサプリは
腰の痛みにも効果があるの?

関節痛に効くサプリはテレビのCMでも頻繁に目にします。

体験談を聞いていると
魔法の薬みたいな印象を受けてしまいがちです。

効果に関しては、関節痛が治ると断言する事は出来ません。

とは言え、まったく効果がないとも言えません。

現段階ではこのような曖昧な回答しかできないんです。

効果を検証する研究論文も出てくるようになって来ましたので、
続報が入り次第、皆様にお伝えさせて頂きます。

 

太っていると
腰痛(ようつう)になりやすい?

体重が重ければ重いほど
腰への負担も大きくなるという事はご理解頂けると思います。

体重の増加に伴って姿勢が変化してしまいがちです。

姿勢が変化する事も腰への負担を増加させてしまいます。

太っていて大きくお腹が出っぱっている方は、
どうしても重心が前に移動してしまいます。

ですので腰を反らして、
重心のバランスを取ろうとします。

例えて言えば、お腹が大きくなった妊婦さんみたいな状態です。

腰がそり返った状態は背骨への負担が大きくなってしまいます。

太っている方のほうが腰痛(ようつう)になりやすいのは間違いありません。

スポンサーリンク

おすすめの記事