衆議院議員の小泉進次郎さんが8月7日、フリーアナの滝川クリステルさんとの結婚を公表しました。

大物2人の電撃的な結婚に日本中が祝福ムード一色という感じです。

ですが、批判する人がいるのも紛れもない事実です。

いったい何が気にいらないというのでしょうか?

今や知らない人はいないでしょうが、小泉進次郎さんは総理大臣の職責を果たした小泉純一郎さんがお父さんです。

いわゆるサラブレッドです。

滝川クリステルさんとの結婚発表は8月7日、首相官邸で行われました。

小泉進次郎さんは記者団に「官邸という場所で個人的な事で非常に恐縮ですが、私もようやくのこと結婚する事になりました」と語りました。

発表する直前に滝川クリステルさんと一緒に菅義偉 内閣官房長官に挨拶と報告を行いました。

安倍晋三首相にも直に伝えたそうです。

記者会見では滝川クリステルさんが子供を授かっている事も明らかになりました。

スポンサーリンク

小泉進次郎さんは「昨年からお付き合いをスタートさせて、この度 自然な形で結婚報告、妊娠の発表ができた事は嬉しく感じます」と語りました。

因みに、安倍晋三首相は同じ日の夕方、首相官邸で「一切把握していなかったので非常にびっくりしましたが、令和の幕開けに相応しい二人だと感じました」と語りました。

認知度・人気共に高い大物2人ですので、当然のことながら世間は祝福ムード一色に包まれました。

その一方、結婚発表の場に首相官邸を選んだ事に疑問を抱いた人も大勢いるそうです。

私も多少なりとも違和感を感じた一人です。

小西洋之議員はTwitter(ツイッター)で「お二人の結婚には祝意を表したい」としながらも、「何故、結婚というプライベートな事柄を、議員が行政の中枢である首相官邸で私人の婚約者と一緒にインタビューを受けるのでしょうか?違和感を感じざるを得ません」とコメントしました。

ジャーナリストの小田嶋隆さんも「結婚発表をする記者会見のために官邸を使用するというのは、明らかに公私のバランスを見失っています」とコメントしました。

8月7日放送の『報道ステーション』では、ジャーナリストの後藤謙次さんが「こういった時にヤボな事は話したくないのですが」と前置きして、「今日延々と会見したのは日本の政治の中枢中の中枢の首相官邸です。首相官邸で私的な会見をこれだけ長時間使って良いのかという声が官邸の中で起きている事も紛れもなく事実」と指摘しています。

インターネット上でも、「人気が高いことをいいことに結婚発表を政治利用している」「結婚発表を官邸でするなんて、何様だ」「自民党政権は公私混同が甚だしいし、無茶苦茶。強引に次期首相にするための布石かも?」といった意見が次から次へと出てきています。

そのような中、「女性自身」は小泉進次郎さんと滝川クリステルさんの結婚に関して「期待高まる最年少総理の記録」という記事を掲載しています。

只今38歳の小泉進次郎さんが6年以内に首相に就任すれば伊藤博文さんの44歳という記録を破って最年少になると伝えました。

その上で、政治部記者の話として「元来 求心力のある政治家で、滝川クリステルさんが女房となれば 正に“百人力”です。最年少記録が更新される可能性があります」と報じています。

この意見に対し、インターネット上では「いや、小泉進次郎は出自とムードだけ、国会議員としての業績は無い」「テレビタレントと結婚しただけで次期首相と騒ぎだすなんて、日本はどこまで平和なんだよ」といったように、多岐にわたる反応が出ている状況です。

「5月に実施された世論調査では、『次の首相に相応しい』人物として、小泉進次郎さんは現職の安倍晋三首相と同じく23%で堂々の1位です。

ポスト安倍晋三の一人と言われている石破茂さん(11%)や“令和おじさん”菅さん(7%)を軽く上回っています。

異常と言ってもよい人気です。

滝川クリステルさんとの結婚がなかったとしても将来の総裁及び首相の最有力候補だったことは間違いありません。

今回の結婚で、更に総裁の座が近づいたといえるでしょう。

とりあえずポイントになるのは、近々予定されている内閣改造・党役員人事でしょう。

自民党としては、7月、参院選で圧勝、8月、党内のプリンスが結婚、とめでたい話が続いているだけに、小泉進次郎さんの初入閣が現実のことになるかどうか注目されています。

一生涯のパートナーと新たな生命を授かった事で、小泉進次郎さんの政治活動に変化があると思われます。

幸福を願うと同時に、この先の活躍に期待します。

スポンサーリンク


おすすめの記事