【北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)】「西暦2019年三月に核兵器で攻撃、第3次世界大戦が始まる!西暦2075年から訪れたTime Traveler(タイムトラベラー)が“歴史を変えるため”に注意勧告!

西暦2075年の世界から訪れた
イギリス陸軍兵のTime Traveler(タイムトラベラー)が
動画で私達に注意勧告しています。

 

西暦2019年三月、北朝鮮がハワイを核兵器で攻撃

M・フィリップス(マイケル・フィリップス)さんは
西暦2075年の世界から現在の世界を訪れたと言います。

西暦2018年の世界に生きている私達に
伝えておかなければいけない事を
動画にまとめています。

スポンサーリンク

動画を視聴すると、
M・フィリップスさんは
衝撃的な近未来を語っています。

M・フィリップスさんは
18歳の時にイギリス陸軍に入隊します。

何年か経過したある日、
「SECTION18(セクション18)」に選抜されます。

「SECTION18(セクション18)」は
極秘特殊部隊でタイムトラベルの実験をしています。

M・フィリップスさんは
何回かタイムトラベルを経験します。

そして
西暦2018年の世界を訪問する事になったんです。

ただし、
M・フィリップスさんがタイムトラベルで過去を訪問するのは
今回が初めてなのだそうです。

M・フィリップスさんが西暦2018年の世界に生きている私達に一番言いたい事は、
目の前に迫っている軍事的な衝突に関してです。

「西暦2019年に核を使用した戦争が起きます。
西暦2019年三月です」
とM・フィリップスさんは語っています。

M・フィリップスさんによると
西暦2019年三月に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は
核ミサイルをハワイのホノルルに向けて打ち込むそうです。

ホノルルは
とてつもなく大きなダメージを受けます。

すぐに米軍は
艦船から二発の核ミサイルを
ピョンヤンに発射します。

一瞬で北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は
壊滅的なダメージを受ける事になります。

混迷に陥ってしまっている中、
中国・ロシアの同盟軍と
イギリス・アメリカ&支持している国とのあいだで
戦争になってしまいます。

そして西暦2020年に
第3次セカイタイセンに発展してしまうようです。

軍事技術の進化の影響で、
仮に核が使用されたとしても
個々の戦いは極めて限定的な局地戦になるはずです。

めまぐるしく戦局が展開して、
第3次セカイタイセンは三年もの間続きます。

世界中で数百万人にも及ぶ
死者、怪我人が出るようです。

第3次セカイタイセンはM・フィリップスさんが誕生する前の出来事ですが、
このように西暦2018年を訪れたからには、
西暦2019年に起きる軍事的な衝突に関して、
その時代に生活している人達に
知らせる義務があると感じたそうです。

M・フィリップスさんはこの事を伝えて未来を変えて
第3次セカイタイセンを阻止する必要があると強く考えているようです。

「誰一人として戦争で死んではならない」
とM・フィリップスさんは語ります。

 

2022年、米カリフォルニアでマグニチュード9.9の大地震が起きる

M・フィリップスさんが生活している西暦2075年では、
西暦2019年の北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)とアメリカとの核戦争と、
西暦2020年に起きる第3次セカイタイセンは
歴史的事実になっています。

西暦2018年に生きている私達に注意勧告する事で
未来の歴史を変えることは出来るのでしょうか?

それは可能だと言います。

M・フィリップスさんは
Time Traveler(タイムトラベラー)が実際に未来の歴史を変えた実話を紹介しています。

M・フィリップスさんが生きる時代の歴史では、
西暦2008年にアメリカで内戦が勃発したと言います。

ですが
西暦2038年から西暦2000年を訪れたTime Traveler(タイムトラベラー)が
歴史を変えてしまったのです。

アメリカで起こるはずの内戦を阻止したそうです。

このように、
Time Traveler(タイムトラベラー)の努力で未来の歴史を変えたという
紛れもない事実があるのです。

悲劇的な未来の出来事を回避する事は出来るようです。

他にも何が何でも変えたい“非常事態”が
近未来に待ち構えています。

M・フィリップスさんは
西暦2022年にカリフォルニアで
マグニチュード9.9の大地震が発生すると話しています。

マグニチュード9.9の大地震は
人類の歴史上、最大の地震です。

結果的に南部の沿岸は
10m程度陥落してしまいます。

当然ながら
海水面も変化してしまいます。

巨大な津波が
沿岸地帯を人が暮らす事など出来ない場所にしてしまいます。

3.11(東日本大震災)を超えてしまうレベルの巨大な地震が
カリフォルニアを襲うというのですから
不安で仕方ありません。

巨大な地震が
カリフォルニアを襲うという未来を変える事は
出来るのでしょうか。

M・フィリップスさんが語っている話は
不幸な話ばかりではありません。

人類は着実に進歩を遂げています。

西暦2025年には
ロケットを利用して
火星への有人飛行が実現するようです。

M・フィリップスさんが生活している西暦2075年は、
月にも火星にも人が暮らしているそうです。

木星にも開発の手が及んで
鉱物等の希少資源の採掘が行われているそうです。

M・フィリップスさんは、
この度の動画でかなり近い未来に
地球上で急激な変化があると注意勧告しています。

「この先、起こる事は物凄く重要な事です」
とM・フィリップスさんは強く訴えています。

彼の忠告を受け入れるなら、
さしあたって政府が本気になって
国際的な軍事的緊張に対処するべきでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事