「獣になれない私たち」が
新垣 結衣の“黒歴史”になりそう!?

 

新垣 結衣(あらがきゆい)と松田 龍平(まつだ りゅうへい )が主演する「獣になれない私たち」の第四話が10月31日に放送されました。

平均視聴率は6.7パーセントと急激にダウンしました。

10月31日は、18時30分から
「ソフトバンク対広島東洋カープ」の日本シリーズ第四戦が行われました。

この試合が延長戦になったので
「獣になれない私たち」は23時15分スタートになった事も
視聴率を下げてしまった原因の一つでしょう。

スポンサーリンク

第一話こそ視聴率11.5パーセントと好スタートだったのですが、
第二話は8.5パーセントにダウンしました。

その後も視聴率は回復の兆しが見えません。

業界関係者は「視聴率は回復しないだろう」と厳しいです。

放送開始前は、新垣 結衣と松田 龍平が
どのような化学反応を見せてくれるか期待してました。

ですが
熱烈なガッキーファンでさえも
離れて行ってしまうだろうと思えるほど内容が残念すぎます。

そもそも、
自分の恋人が元カノと四年も同居している設定なんてあり得るでしょうか?

それと、
そのような設定の主人公、新垣 結衣が扮する深海晶が働いている会社の社長や社員が、
仕事を押し付けすぎる点も
とてもじゃないですが納得出来ません。

シチュエーションに全く共感できないので
視聴者は、モヤモヤしたり、イラっとしたりで離れて行ってしまうのでしょう。

新垣 結衣は今やトップクラスの人気女優です。

ですが、
このまま視聴率がダウンし続けるようですと
間違いなく彼女にとって黒歴史になるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事