肩こりに効き目のあるツボ

 

ツボ(経穴)は、体全体に張りめぐらされていて、神経が重なりあっています。

「神経の交差点」と言われる事もあり、内臓をはじめ身体全体の様々なところと直接関係しているのです。

そのせいで体調が悪いと、特定のツボが痛くなったり硬くなったり、あるいは冷えたり赤みを帯びたりします。

そのようにして体や気持ちが疲弊している事を教えてくれたりします。

スポンサーリンク

体調不良の時は、痛みを感じるツボを静かに押してみてください。

ツボを適切に刺激すると痛いのが薄れていって、そのツボに関わりのある内臓にも影響を及ぼして、身体の調子が良くなります。

この記事では、肩こり以外にも身体の様々なツボの場所とか押しかた、ツボを押す事によって現れる効果等をお話させて頂きます。

 

ツボの押し方

 

ツボは身体全体に361個あります。

大よその位置は定まっているんですが、「100%ココ」というものじゃないんです。

体はその人によって個人差がありますし、同じ人でもその日のコンディションによってツボの場所がビミョーに変わるんです。

今回お話させて頂くツボの位置はあくまでも目安に過ぎません。

ご自身で指圧してみて気持ちがいいと感じるところ、痛いと感じるところを優先しましょう。

「陰交(いんこう)」とか「中極(ちゅうきょく)」のような体の真ん中にあるツボ以外は、体の右と左両方のツボに刺激を与えるべきです。

そうしないと身体のバランスが崩れてしまいます。

それと、ツボというのは強く押せば良いというわけじゃないんです。

気持ち良いと感じるくらいの強さで押してください。

 

効き目のあるツボ

 

① 肩コリ=肩井(ケンセイ)

【効き目】肩を上げる筋肉と密接に関係していて、肩から背中にかけてのコリに効き目があります。

首コリ、頭痛、歯痛、四十肩、五十肩等に頭を悩ませている方にお勧めできます。

【押しかた】中指、人差し指、薬指をツボに当てて、皮膚に垂直の角度で押してください。

 

② 首コリ=翳風(エイフウ)

【効き目】身体全体の血液の循環が向上します。

首コリだけでなく、頭痛、肩コリ、顔の浮腫(むくみ)にも効き目があります。

【押しかた】右と左のツボに両方の手の中指を当てて、気持が良いと感じるくらいの力加減で静かに押してください。

首は神経が密集しているデリケートなところですので、押す力が強くなりすぎないようにご注意ください。

 

③ 腰痛=環跳(カンチョウ)

【効き目】股関節周辺の血の巡りが良くなるので蓄積していた老廃物が流れていって、筋肉が緊張状態から開放されます。

そのほか、膝(ひざ)痛、股関節痛、頭痛、神経痛等にも効き目があります。

【押しかた】自分自身で押すことが難しい人はボールを使用しましょう。

ボールの上にツボが当たる様に仰向け(あおむけ)になって、膝(ひざ)を立てて体重をかけてください。

ボールは野球のボールでも構いません。

あなた自身にジャストフィットする硬さのボールを使ってください。

 

④ 耳鳴り=聴宮(チョウキュウ)

【効き目】疲れ、ストレス、老化等のために生じる耳鳴りは、聴宮(チョウキュウ)に刺激を与えると症状が軽減されます。

頭痛とか歯痛に頭を悩ませている方にもお勧めできます。

【押しかた】右と左のツボに両方の手の人さし指を当てて、頭の中心に向かって押してください。

 

⑤ 小顔=頬車(キョウシャ)

 

【効き目】水分代謝が活発になるので浮腫(むくみ)が取れて、顔がスッキリします。

その他にも頬(ほお)の弛み(たるみ)や歯ぎしりにも効き目があります。

【押しかた】右と左のツボに両方の手の中指を当てて、皮膚を持ちあげる感じで押してください。

 

⑥ 外反母趾=湧泉(ユウセン)

【効き目】湧泉(ユウセン)に刺激を与えると、足裏の筋肉が緩んでくるので、親指が外の方に引っぱられるのを防ぐ事が出来ます。

それ以外にも、食欲減退、腰の痛み、ひえ症等にも効き目があります。

【押しかた】両方の手の親指を使ってグッと押すか、椅子に座って床に置いたゴルフボールを湧泉(ユウセン)に押し当て、体重をかけながら足を動かして下さい。

 

⑦ 不妊=陰交(インコウ)

【効き目】黒くてドロッとしている不要な血液を浄化してくれて、子宮や排卵のコンディションを整えてくれます。

それ以外にも、下腹部のひえや生理痛、生理不順、腰の痛みにも効き目があると考えられています。

【押しかた】中指を陰交(インコウ)に当てて、お腹の真ん中に向かって押してください。

 

⑧ 頻尿=中極(チュウキョク)

 

【効き目】中極(チュウキョク)は泌尿器系の問題に効き目があるツボです。

血液循環が活発化して腎機能が上昇します。

腰の痛み、ひえ症、生理不順等にも効き目があります。

【押しかた】仰向け(あおむけ)になって中指、人差し指、薬指を中極(チュウキョク)に当てて、骨盤に向かって押してください。

 

⑨ ダイエット=飢点(キテン)

【効き目】バランスを崩した自律神経を正常な状態に戻してくれて、行き過ぎた食欲をセーブしてくれます。

【押しかた】右と左のツボに両方の手の人さし指を当てて頭の真ん中に向けて押してください。

食事をする10~15分前に3分前後刺激を与えるとより一層効き目があります。

 

⑩ 顔の浮腫(むくみ)=天容(テンヨウ)

 

【効き目】首コリが改善されて停滞していたリンパの流れが良くなりますし、水分の排出も促してくれるので、顔の浮腫(むくみ)がスッキリします。

その他にも頭痛、肩コリ、寝違えにも効き目があります。

【押しかた】右と左のツボに両方の手の人さし指をひっかけて、後頭部に向かって押してください。

 

⑪ 足の浮腫(むくみ)=陰陵泉(インリョウセン)

【効き目】血の巡りが良くなるので余分な水分が自然に身体の外に出ていって、腰から下の浮腫(むくみ)が改善されます。

その他にも、ひえ症、腰の痛み、ゲリ等で困っている方にもおすすめです。

【押しかた】膝(ひざ)をちょっと曲げ、膝(ひざ)から脛(すね)を掴むような感じで親指を陰陵泉(インリョウセン) に当てて、膝(ひざ)の外側に向かって押してください。

 

⑫ 生理痛=地機(チキ)

【効き目】生理の際に下腹部に生じる痛みを軽減してくれます。

生理痛の痛みを予防するためにも、生理の1週間前から地機(チキ)に刺激を与えましょう。

その他にも、吐き気や腰から下の浮腫(むくみ)が改善されます。

【押しかた】脛(すね)を掴むような感じで親指を地機(チキ)に当てて、足の真ん中に向けて押してください。

 

⑬ 冷え症=太谿(タイケイ)

 

【効き目】足というのは心臓から一番遠いところにあるので、血液が循環しづらくひえてしまいやすいです。

太谿(タイケイ) に刺激を与えると腰から下の血液循環が促され、身体全体のひえが改善されて行きます。

腰から下の浮腫(むくみ)も改善されて行きます。

【押しかた】太谿(タイケイ) に人さし指を当てて、アキレス腱にひっ掛けるような感じで押してください。

 

⑭ 頭痛=合谷(ゴウコク)

【効き目】合谷(ゴウコク)に刺激を与えると、頭痛が緩和されます。

その他にも、花粉症、耳鳴り、歯痛み等にも効き目があります。

【押しかた】親指を合谷(ゴウコク)に当てて、人さし指の骨の下に滑りこませるような感じで手の真ん中に向けて押してください。

 

まとめ

 

『肩こりに効き目のあるツボ』を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ツボに刺激を与えるとその刺激が神経を伝わって脳に到達します。

そうすると、脳から指令が出てそのツボに関わりのある内臓とか自律神経にも刺激が伝わるのです。

結果的に、調子が悪かった内臓が改善されますし、ホルモンバランスも正常になって免疫力がアップします。

精神面でも、イラついたり落ち込んだりする事が無くなって行きます。

ツボ押しのメリットは、何時でも何処でも実践できて、その上即効性がある事です。

毎日ツボを押していると、その日の体調によって痛み等が微妙に違ってくるので、自分自身の体調を把握するのに役立ちます。

ツボに関しての正確な知識をマスターしてください。

スポンサーリンク

おすすめの記事