オーダーメイド枕は肩こりに効くの?

 

知り合いが最近オーダーメイド枕に変えて肩こりが物凄く楽になったと言っていたので、私もオーダーメイド枕にしてみようと思い実行してみました。

遠い過去を思い起こせば学生の時は肩こりとは無縁でしたし、どんな枕であろうとも熟睡していました。

旅行に出かけても、友人宅に泊まりに出かけても熟睡していました。

スポンサーリンク

ですが、社会人になってからは肩がこるようになってきて徐々に眠りも浅くなってしまいました。

肩から首が一日中凝り固まっている感じでした。

そんな肩こりを何とかしようと本当に様々な事を実践してみました。

枕に関しても情報を仕入れては、色々な事を試してきました。

とは言えオーダーメイド枕に関しては、お金がかかってしまう事もあって自分で試して見ようとは考えた事はありませんでした。

ですが、友人があまりにも素晴らしいと言うものですから、自分自身にフィットする枕を作って頂くことにしたんです。

担当の方と綿密に打ち合わせしました。

担当の方が様々な箇所のサイズを計測してくださいました。

肩こりのことも正直にしっかりとお伝えしました。

 

枕をオーダーメイドする際の注意点

 

時間をかけて測定とフィッティングをして枕を作って貰っても、残念ながらじゅうぶんな結果を得られない人もいらっしゃいます。

使ってみたら寝心地が悪かったり、微妙に違和感があったり・・・

こんな感じの失敗談も結構あるらしいんです。

失敗してしまった方には共通点があるんです。

というわけで今回は、枕をオーダーメイドする際の注意点をお話させて頂きます。

 

① リアル店舗でオーダーするべし

インターネット上だけで完結できるサービスは便利かもしれませんが止めといたほうが良いと思います。

面倒でもリアル店舗に足を運んでオーダーメイド枕を作ってもらったほうが絶対にいいです。

 

リアル店舗に足を運ぶべき理由

1 専門家が計測してくれる

リアル店舗ですとプロフェッショナルに身体を計測して貰えるので、正確なデータを得る事ができます。

あなた自身で首の長さや首のカーブを正確に計測しようとしても無理があります。

せっかく高いお金を出してオーダーメイド枕を作るわけですからプロフェッショナルに正確に計測してもらってください。

 

2 フィッティング&微調整が可能

フィッティングと微調整がその場で出来てしまうというのは非常に大きいです。

身体を計測してもらって枕を作っても、1回でパーフェクトな枕が出来上がる事は稀です。

大抵の場合、マットレス上に横になってフィッティングを繰り返しながら微調整して行きます。

ミリ単位の微調整ができなければ、高いお金を出す意味がありません。

ネット上で完結させるのではなくて、プロフェッショナルのいる実店舗で枕をオーダーするべきです。

 

② フィッティング時のマットレスに注意

仮製作した枕のフィッティング作業はお店にあるマットレスの上で行ないますが、お店のマットレスが貴方が家で使っているマットレス或いは敷布団と使用感が近くないと、満足のいくオーダーメイド枕にならない可能性が高くなってしまいます。

何故かと言うと、マットレスの硬さとか反発のしかたによって、貴方にジャストフィットする枕の高さが違ってくるためです。

一例として、低反発マットレスを使っているのであれば枕の高さは低くなるのが普通です。

ですから、家では低反発マットレスを使っているのに、高反発マットレスの上で枕のフィッティングをしても意味がないんです。

ですので、家のマットレスに近い使用感のマットレスで枕のフィッティングが出来るかどうかを最初にチェックしてください。

 

③ 硬すぎる枕はNG

オーダーメイド枕のメリットは、あなた自身にフィットする中材を入れられる事です。

ですが、極端に硬い素材は控えたほうがいいでしょう。

と言いますのも、枕が硬過ぎてしまうと次に挙げる二つのマイナスポイントがあるためです。

 

1 首や後頭部に強すぎる圧力が生じる

圧迫感だけじゃなくて、血液の循環が悪くなってしまい痺れてしまうケースもあります。

 

2 隙間が出来てしまう

硬い枕ですと首のカーブにフィットしないので、肩や首の筋肉がリラックス出来ません。

お勧めはエラストマーパイプです。

ほどほどに柔軟性や弾力性を持っているので、首や頭に優しいです。

 

④ 頭部を固定し過ぎない

ほとんどのオーダーメイド枕というのは、後頭部がへこんでいて、両端が高めになっているのが普通です。

この形状ですと寝返りをうって横向きになっても、首を真っ直ぐの状態でキープできます。

寝返りする事によって、無意識のうちに身体のポジションをコントロールしているのです。

同じ姿勢のまま寝続けてしまうと、身体に負担がかかってしまいます。

この形状自体は間違いなく理にかなっているんですが、頭部を固定しすぎないように注意してください。

過ぎたるは及ばざるがごとしという事です。

 

⑤ 服装、ヘアスタイルに注意

服装につきましては、次の点にお気を付けください。

 

体のラインがわかりやすい服装

オーダーメイド枕を作る際には、首以外にも肩や背中も計測します。

より正確に計測してもらうためにも、体のラインがわかりやすい服装が望ましいです。

 

フード付き上着や髪を後ろで縛るのはNG

髪の毛を後ろで縛ったり、上着にフードが付いていると、正確にフィッティングする事が困難になってしまいます。

 

⑥ アフターケアの内容をチェックする

オーダーメイド枕は普通の枕とは違って高い買い物になってしまいますので、アフターケアがあるのが普通です。

ですが、それぞれの会社でアフターケアの内容が違っています。

予めチェックしておく事が大切です。

とりわけ購入後に中材の調整をしてくれるのかどうかは大切なポイントです。

何もオーダーメイド枕に限った話ではありませんが、枕というのは使用して年月が経っていくと枕の中材がヘタっていきます。

そうなってしまうと満足のいく寝心地を得る事が出来なくなってしまいます。

そういうわけで、枕の中材がダメージを受けてしまった時にアフターケアがあるのかチェックしておいてください。

 

⑦ 完成してから2週間は様子を見る

枕を新しいものにすると数日間は、寝心地に違和感を感じるかもしれませんね。

ですが、最低でも1~2週間は、使い続けてください。

3週間以上使い続けてどうしても違和感があるようなら、再調整の相談をしてください。

 

お奨めのオーダーメイド枕

 

じぶんまくら

価格=二万七千円

http://jibunmakura.com/

じぶんまくらは国内最大規模の寝具専門店の㈱タナカふとんサービスのオーダーメイド枕です。

眠りのエキスパートが貴方の体型(後頭部・首・背中・腰・ヒップ)と体重を計測してコンピューターの診断結果に基づいて枕の形状を決定します。

ここは重要ポイントなんですが、お店の中に複数の種類のマットレスが用意してあるので、貴方がご家庭で使用されているマットレスと寝心地が近いマットレスの上で使用感を確認することが可能です。

ライフタイム無料メンテナンスのおかげでいつまで経ってもタダでメンテナンスしてもらえるのも本当に有り難いです。

長い年月にわたって使用していると、枕の中材が劣化してしまう事は避けられないわけですが、これだけのアフターケアがあれば心配はいりません。

更に、グループ店が日本国内に102店舗以上あって、購入店じゃなくてもメンテナンスしてもらえます。

 

FIT LABO

価格=二万千六百円

https://www.fit-labo.com/

FIT LABOは老舗寝具メーカーのにしかわリビングが完成させたオーダーメイド枕です。

取り扱っているお店はマットレスの種類が豊富ですので、貴方の家のマットレスと寝心地が近いマットレスの上で枕のフィッティングが可能です。

びっくりすることに購入後10年間は無料で枕の中材の調節をしてもらえます。

何の心配もせずに購入出来ますよね。

それと、日本国内に137軒の取り扱い店があるので引っ越したりしても、近くのお店でメンテナンスして貰うことができます。

 

まとめ

 

『オーダーメイド枕は肩こりに効くの?』を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

オーダーメイドした枕を現在も使っていますけど、本当に快適です。

熟睡できるので夜床に就くと朝まで目を覚ますことはないですね。

そして、ここが重要なのですが肩こりが驚くほど楽になりました。

枕と肩こりというのは密接な関係があるんですね。

枕は一旦買えば長く付き合っていく事になるので、じっくりと腰を据えて選んでください。

僅かばかり高い買い物にはなってしまうんですが、肩こりが酷すぎてどうにもならないという人や、熟睡できずにコンディションが良くないという方は、オーダーメイド枕を検討してみてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめの記事