肩こりと吐き気、悪寒の関係性

 

寒い季節になると、気分が悪くなってしまう人がいます。

冷え性は近頃では女の人だけではなく、男の人にも広がりを見せています。

手や足が冷えてしまうと、身体のあちらこちらに不調が生じてしまいがちです。

冷えが原因で吐き気や悪寒が生じるケースもあるのです。

この記事では、吐き気や悪寒と肩こりの関係性についてお話させて頂きます。

スポンサーリンク

吐き気や悪寒は肩こりのサイン?

 

原因不明の吐き気や悪寒が生じたら、まずは冷え性を疑ってみてください。

冷え性の方は身体全体の血の巡りが悪いので、指先や爪先まで血液がしっかりと行き届きません。

そうなると、細胞の栄養が不足してしまい酸素が足りない状態になってしまいます。

そのせいで、頭痛とか肩こりが起きてしまう事もあります。

酷い肩こりと共に吐き気があるようでしたら、これはちょっと危険です。

自律神経失調症の可能性があります。

吐き気がある場合は重い病気が潜んでいるかもしれません。

 

冷え対策

 

冷え対策として、これから挙げる基本的な事を実行してみましょう。

 

あたたかい飲物を口にする

氷水、清涼飲料水など冷えた飲み物は避けてください。

極力あたたかい飲み物だけを飲むようにしてください。

白湯とか生姜(しょうが)が入っている飲み物などはイチ押しです。

 

何はともあれシッカリ防寒

対処法は、何はともあれきちんと防寒することです。

厚みのある靴下、靴下の重ねばき、腹巻きなど、普段の生活の中できちんと防寒対策をして、温かさをキープするようにしてください。

防寒のポイントは、上半身よりも下半身をあたためることです。

下半身は、上半身に比べると体温が低いです。

下半身を温めると、自然に体がホカホカして温まりますよ。

 

お湯であたためる

爪先とか指先は、体の末端にあるせいで血液の循環が悪くなってしまいがちです。

お湯を入れた洗面器の中に爪先や指先をつけて血の巡りを良くするのもおすすめです。

 

脹ら脛(ふくらはぎ)のストレッチ

爪先の冷え対策では、脹ら脛(ふくらはぎ)の筋肉を使う事も求められます。

脹ら脛(ふくらはぎ)の筋肉は、爪先から心臓まで血液を戻す役目があります。

足先が冷える時は、脹ら脛(ふくらはぎ)をマッサージしたり、あるいはスクワットとかアキレス腱のストレッチをしてみましょう。

 

軽めのエクササイズ

ジョギング等が健康に良いとわかっていても、気温が下がってくるとなかなかやる気がしないものなんですが、それじゃあどんどん血流障害が加速してしまい、冷え性は一向に改善されません。

運動が足りなくなって筋肉の量が少なくなってしまうと、基礎代謝が悪くなってしまいます。

ほどよい運動は冷え性対策にもなるので、寒い季節も積極果敢に行いたいものですよね。

 

漢方医学を利用する

漢方治療もお薦めです。

薬局で市販されている漢方薬の中にも、冷え性に効果があると記載されているものが置いてあります。

漢方薬に詳しくなければ店員さんにアドバイスを求めて購入して見てはいかがでしょうか。

言うまでもなく、漢方薬を処方してくれる病院に通院して漢方薬を処方してもらっても構いません。

 

自律神経失調症の解決策

 

次は、自律神経失調症のために冷えや吐き気が生じていると想定して、その解決策をお話させて頂きます。

 

決めた時間にバランスの良い食事を摂る

できる限り決めた時間に食事をするようにしてください。

栄養バランスの良い食事を適正量摂るようにしましょう。

適正量というのは腹八分目という事ですね。

減量しようとして極端に食事の量を少なくしたり、好きなものばかり食べるのは避けてください。

 

軽めのエクササイズ

ジョギングとか腕立て伏せでOKです。

汗を流す習慣は、自律神経を整えてくれます。

また、筋肉量が増えると熱量も増えるので、冷え性対策にもなるのです。

腹筋とか屈伸運動など、とりかかりやすい運動からスタートしましょう。

 

ストレスを貯め込まない

ストレスが貯まる事で自律神経失調症になるケースもあります。

スポーツ、旅行、趣味などを上手に楽しみながらストレスを解消してみてください。

 

入浴

シャワーだけで湯船にはつからないという人は、湯船に浸かって身体全体を温める習慣を身に付けた方が良いでしょう。

39℃前後のぬるま湯に鳩尾(みぞおち)あたりまで湯船に浸かる半身浴をおすすめしたいと思います。

15分前後ゆったり湯船に浸かって体温を上昇させて、軽く汗ばむようにしてください。

 

まとめ

 

『肩こりと吐き気、悪寒の関係性』を最後まで読んでくださってありがとうございます。

冷えとか、吐き気、頭痛を長い間放ったらかしにしておくのは良くありません。

ここでお話させて頂いた事を参考にして対処していくことが重要です。

規則的な日常生活をすごして、ストレスを溜め込まないようにしてください。

吐き気が酷いときは、即座に病院で診てもらって下さい。

スポンサーリンク

おすすめの記事