【緊急警告】パナマ・エクアドル・チリでも連続して大規模な地震が発生!本年中にまだ何回か発生する?!専門家から心配する声が!

9月6日に発生した北海道胆振(いぶり)東部地震(マグニチュード6.7)に続いて、7日午前0時49分ごろ、南太平洋のフィジー諸島でマグニチュード7.8の大規模な地震が観測されました。

リングオブファイア(環太平洋火山帯)の「ドミノ効果」が原因で地震の連鎖が起こったのでしょうか?

幸運なことにツナミが生じることは無くて、重大な被害は起こっていないといいます。

スポンサーリンク

さらに、米(アメリカ)地質調査所(USGS)の話では、午前10時47分ごろにパナマでマグニチュード5.6、午前11時12分ごろにエクアドルでマグニチュード6.2、午前11時39分ごろにチリでマグニチュード5.8と、南米でそこそこ大き目の地震が1時間以内に3回連続して発生しています。

アメリカ「CNN」の報道によると、エクアドルでは何人かの怪我人が出ているそうです。

ニュージーランド沖やグアム沖でもマグニチュード5.0を超える地震が発生しています。

 

リングオブファイアに異変?

以前お話させて頂いたように、目下のところ、日本を含めてリングオブファイア(環太平洋火山帯)上の地震活動が活発になっています。

最近、フィジー諸島等で地震が連続して発生する異常な事態になって、欧米のマスコミも大規模な地震が発生するかもしれないと大きく話題にする事態だったのです。

リングオブファイア(環太平洋火山帯)で続発する地震は、危険な事態が進行し始めた証拠なんでしょうか?

米国ミシガン大学の地質学者ベン・ファン・デル・プロイムさんは、9月1日付のイギリス「Express」の記事の中で、毎年の平均地震回数から「2018年末までにマグニチュード7.0を超える大規模な地震があと数回発生する」と予測しています。

予想通り、北海道やフィジー諸島で大規模な地震が発生していますが、これらの地震が本年最後になるとは考えづらいです。

残念な事に、大規模な地震がいつ何処で発生するのかをドンピシャで的中させることは極めて困難です。

ファン・デル・プロイム氏の話では、火山噴火や地震が発生しやすい場所は土壌が豊かで景観も美しくて、暮らしたくなるような魅力的な土地たといいます。

日本の豊かで美しい国土はリングオブファイア(環太平洋火山帯)の賜物ともいえるのです。

そのような土地で生活しているのですから、防災意識を強く持って、いつか来るであろう“その日”のための備えだけは怠らないようにしたいものです。

スポンサーリンク

おすすめの記事